TV

動物戦隊ジュウオウジャー

DATA
2016年2月14日~2017年2月5日放送
放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第11話 動物大集合
2016年4月24日放送

ジニスの仕掛けた残虐非道なゲームの景品は、
破壊と殺戮のためだけに作られた凶悪マシーン・ギフトだった。
 
圧倒的な差を見せつけられたジュウオウジャーは、
持てるすべての力を使って立ち向かったが、なす術なく敗れた。
ギフトの破壊光線によって致命的ダメージを受けたジュウオウキング。
散り散りになってしまったジュウオウジャー。
 
セラ、レオ、タスク、アムは息も絶え絶えに家に向かう。
 
他方、朦朧として立ち上がれない大和。
意識が断片的な中、大きな鳥のような影を見る。
そして自分の方に向かって歩いてくる白髪の人間。
その正体は…まさか…。
 
 
街ではギフトの破壊が続いている。
地球滅亡はもはや、免れない運命なのか…。
 
 
脚本 香村純子
 
監督 柴﨑貴行

ギフト、超強いですね。
アザルドとクバルが話してましたが
長らく封印されていた理由が強すぎてゲームにならないからという…ちょっと言われてみたい
なんて思ったりして…(笑)
そんなギフトを担ぎ出したという点ではデスガリアン、ひいてはジニスにとって一目置く存在になりつつあるジュウオウジャーだったのでしょう。10話までは。
完膚なきまでに叩きのめされたジュウオウジャーに待つ運命はやっぱり破滅のみ、なかなか頑張ったが地球のゲームの駒たちも今は懐かし…くらいにジニス様は思っていることでしょう。
 
しかし!そうは問屋がおろさんぞ!
 
11話は、はっきり言おう!逆襲の物語だ!
ジュウオウジャーはまだ死んではいない!
だが、どう逆襲するのか。
今のところ打開策は全く見当たりません。
 
そんな打倒ギフトに集中したい今日この頃
というタイミングで、現れた謎の男。
 
これは!!村上幸平さんではありませんか!

ご存知『仮面ライダーファイズ』 にて草加雅人/仮面ライダーカイザを演じていたヒーローです。
 
ジュウオウジャーでは、あの鳥男の声を演じていただいておりましたね。
 
と、いうことは!?謎の男とは!?
 
…普通に考えれば鳥男の人間の姿を演じていただけているはずです(笑)
 
が、放送が始まってみないと、
どんな役か、一体誰なのか、わかりませんからね~!!
表に出ている写真、予告など少ない情報を分析するに、ジュウオウジャーと戦ってますね。そしてスゴイ…悪そうな目つきをしています(笑)
みなさん、とにかく楽しみにしていて下さいね!
 
 
ギフトを倒さなきゃいけない。
謎の男の正体を確かめなくてはいけない。
彼が鳥男だとしたら王者の資格の有無を確かめなくてはいけない。
 
やること満載のジュウオウジャーたち。
 
無事、12話を迎えられるのか!?
 
乞うご期待下さい。

各所で話題沸騰中のジュウオウジャーのエンディングダンスでありますが、
なんと!!ついに!!新プロジェクトが発足いたしました!

題して『踊ってみたら覚醒した!レッツ!ジュウオウダンス』

皆様が実際に踊った動画を、【踊ってみたら覚醒した!】『動物戦隊ジュウオウジャー』
というタイトルでYouTubeにアップロードしてください!こちらでそのタイトルを元に
動画を検索してチェックしますね!そしてその動画たちは、もしかしたらこのHPや東映特撮YouTubeOfficial で紹介させていただいちゃうかもしれません。そして素晴らしいダンスだ!!と認定された方の中から抽選で、“豪華超巨大ロボで行く!ジューランド10日間の旅!!のペアチケット”がゲットできるとか、できないとか…(笑)
是非皆様の渾身のダンスをご投稿お願いいたします。そして、ジュウオウダンスの輪を広げていきましょう!!

が、しかし!!

エンディングを観ているだけでは編集されてるし速いしよくわからん!!という方!!
そんなみなさんのためになんと!我が主役が立ち上がりました。

題して『風切大和が教える!レッツ!ジュウオウダンス』

5人のなかでは一番スキルの高いと思われる中尾君が各パートごとに細かく丁寧に、優しくレクチャーしてくれております。特筆すべきは、正面だけでなく、背中から見た映像も同時収録しているところ。つまり、みなさんは映像を流しながら同じ動きを練習すれば、あら不思議、自然と踊りを習得できるようになってしまうというわけです。繰り返し見て練習して、習得して、お花見…は終わってしまったので運動会や、各種歓迎会、新歓コンパなどで披露してみてください!!

【踊ってみたら覚醒した!】『動物戦隊ジュウオウジャー』の詳細についてはコチラ↓
http://www.toei.co.jp/release/tv/1207372_963.html

『風切大和が教える!レッツ!ジュウオウダンス』はコチラ↓
動画https://youtu.be/ 7qPYAv8YLJo

と、今回はプロダクションノートという名のインフォメーションでさらっと終わろうかと思っておりましたが、あの方から『私からもひと言、ダンスのレクチャーの補足をさせてもらいたい』との申し出がありまして…さらっと取材させていただきましたのでオマケでご覧ください!!今回は実際に踊ってくださるということで、スタミナ切れを起こさぬよう若い男性の姿をしていらっしゃいました。

題して…『八手三郎が教える!レッツ!ジュウオウダンス』



ポイント①

《恥じらいを捨てろ!》

個人的には『♪いいこと教えちゃお♪』のゴリラダンスのパート。
ジュウオウジャーの諸君は体全体を使って素晴らしいスイングをしてくれている!!
タスク君の気合の入り方は尋常ではないな。腰もしっかり落としていて、恥じらいの『は』の字もない!素晴らしい!

年齢を重ねるごとに「恥じらい」を覚えこじんまりとしてしまっている諸君!!
えーっ動物のポーズなんてできないよ、俺そもそも人間だし!とか訳のわからない理由でダンスを敬遠してしまっている諸君!
騙されたと思って大きく振りかぶってこのゴリラダンスをやってみるのだ!
ぽかぽかした春の陽気も相まって、超気持ちいいことこの上ないぞ!
と、いうことで私もやってみた!せーの、うっほっほ、うっほっほ!!



ポイント②

《最難関は反復練習じゃ》

私が最も難しいと思って疑わない部分はサビ前の『♪真似しちゃお~♪』のところ。
ジュウオウジャーの諸君はつまずくことなく、簡単に踊れちゃったと聞いているが…

ここが最難関というのは皆さんと感覚を共有できていると思ってよいかな??私は時代と共に容姿が変わる特異体質故、たまに一般的な感覚がつかめているかどうか不安になる瞬間があるのだよ…とまあ、それは余談だが(笑)
この部分はもう、それこそ大和が教えてくれるレクチャーの動画をみて繰り返し練習するのが一番の近道とみて間違いない!
早速私も練習してみたが…うまくできなかった…ダンスって難しいのぅ…



ポイント③

《最後は好きな動物のポーズで締めろ》

ダンスの最後の決めポーズ。ジュウオウジャーの諸君は自分の変身する動物にならってそれぞれポーズを決めているが、やはり様になっておるな。めちゃめちゃカッコいいではないか!!レッスンの時には先生が好きなポーズをしていいよ、といったら何故かエキストラのダンサーの方も含めて大体がゾウのポーズをとったという逸話も漏れ伝わってきているが…

ここは5つのポーズをマスターしてどれでも対応可能なツワモノになった上で、一番お気に入りのものをチョイスするという流れがよろしかろう。
さらに高みを目指すのであれば、この私のようにオリジナルのポーズを作ってしまうのも
一興かもしれんなぁ。えっ…?何のポーズかって??もちろんキリンに決まっておるだろうが!!………首を長~~く伸ばしているのだ!天まで届けよ~いっとな………(笑)



ポイント④

《笑顔はすべてに勝る究極の武器》

そう!大切なのはダンスがうまい事じゃない!踊ることで自分が楽しい、そして周りも楽しいということ。そのために必要なのは、苦手でもいい、下手でもいいからとにかく笑顔をたやさずに踊ること。さすれば必ずや道は開けるはずなのである!!
みよ!このジュウオウジャー達の溢れんばかりの笑顔を!
希望に満ちた舞いを!!
朝から日本中に元気を届けるんだ、そういう気持ちで彼らは撮影のために何十回もダンスを踊ったのであろう。
タスク!!よく頑張ったぞ!!(笑)

八手によるダンスレクチャー、ためになったかな??
とにかくひとついいたいのは、このレッツ!ジュウオウダンスは楽しい!面白い!
みんなで踊って輪を広げよう!そういうことじゃあ!!!
 
さあ、早く大和先生に教えてもらってくれ!!
私は某プロデューサーにたくさん踊らさせられて疲れたので、帰るとする!
 
11話もちゃんと観てくだされ!!
スーパー戦隊に栄光あれ!

(文責・望月 卓/八手三郎)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
ジュウオウイーグル/風切大和(かざきりやまと):中尾暢樹(まさき)
ジュウオウシャーク/セラ:柳 美稀
ジュウオウライオン/レオ:南羽翔平
ジュウオウエレファント/タスク:渡邉 剣
ジュウオウタイガー/アム:立石晴香
ジュウオウザワールド/門藤操:國島直希

   ○

森真理夫/寺島進

STAFF
脚本:香村純子 ほか
監督:柴﨑貴行 ほか

アクション監督:福沢博文

特撮監督:佛田洋(特撮研究所)

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2016 テレビ朝日・東映AG・東映