東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーW(ダブル) > あらすじ一覧 > 第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」

テレビ

第20話 「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」

2010年1月31日O.A.

Episode Guide

「俺の心の叫びまで検索出来るのかッ!」


真起子を警察に連行するのかと思いきや、
エンジンブレードで斬りつけるアクセル。
変身解除した人間に斬りつけるとは!

止めようとするダブルにアクセルは言う。
「奴は俺の全てを奪ったダブリューのメモリの持ち主だぞ!」

ダブリューのメモリとは何か?

質問を受けつけない竜に、翔太郎は想いをぶつける。
「あんた仮面ライダーになるんじゃないのか!」
翔太郎には、彼の考える“仮面ライダーの流儀”があるのだ。

翔太郎のハードボイルド(ハーフボイルド?)と、
竜のハードボイルドがぶつかる時、
何が起きる?






竜の過去に何があったのか?
これが「アクセルのビギンズナイト」だ!


仮面ライダーアクセル、初変身!
いかがでしたか?
強くてハードでカッコイイ!
でも、色々ワケアリっぽい。
気になりますよね。

竜が刑事としての職務以上に、
連続凍結事件の犯人に執着するのはなぜか?
そもそもエンジンブレードやアクセルメモリをなぜ持っているのか?
竜の過去には一体何があったのか?
気になるところですよね。

アクセルドライバーを指さしたロングコートの謎の女性。
この人とか、実に怪しいです。
ここらへんに鍵がありそうですが………
全ては次回!

アクセル誕生秘話が明かされ…る?
明かされない?
明かされるッ、と!
(DJハリーケーン風 by WINDWAVE)

振り切るぜ!



 脚本:三条 陸  監督:石田秀範




                       (文責・塚田英明)

Production Note

遂に漣くんが待ち望んだビリヤードのシーンが!
本人の得意なビリヤードでやる気十分でしたがそこは翔太郎。

渋いモノローグからハードボイルドに構えるも・・・

球を突くつもりがキューを思いっきり飛ばしてしまい、この表情。

練習している姿が一番楽しそうです。

ひかるちゃんが待ち望んでいた遊園地での撮影も行いました。
本人もご満悦の乗り物のシーンは楽しさが画面に良く出てましたね~。
本当に楽しんでるんだから、そりゃそうか。

そして本人が望んだかどうかは別にして(望まないかっ)、将暉くんがセントバーナードのコスプレで登場!

石田監督「それだけじゃつまらないから、こうワン!とか何か一つ欲しいな」
そして将暉くんが片足上げて「うわぉん!」
か~な~り、可愛い!
凛々しい顔がまた可愛さアップ!
本人も気に入っているのかな。


二号ライダー登場、その名もアクセル!
 変身するは風都署刑事・照井竜!

今回から本格登場。劇場版や第18話の最後に登場した「アクセル」メモリを持つ謎の男が遂にベールを脱ぎました。
風都署・超常犯罪捜査課 課長・照井竜!
刃野刑事や真倉刑事の上司にあたります。

第19話と第20話は照井竜のキャラクターを印象付ける大事なエピソードということもあり、石田監督と綿密な打ち合わせやテストを繰り返していました。


照井竜の武器エンジンブレードは、重さ30kg(の想定)。その重さを表現するイメージがなかなかつかめずに苦労していました。
バイクからエンジンブレードを重そうに引き抜き
ブレードの重さと切れ味で地面に刺さったり、重いブレードを引きずると地面が裂けたり、重いブレードを振りまわす様は独特なキャラクターになりました。
引きずるブレードの先はボロボロにならないようにちゃんと養生してっと。


立ち姿はこんな感じ。

監督と相談しながらフォームやタイミングを調整します。

そしていよいよ変身。
① アクセルドライバーを取り出します。 ② 両手でグリップを握り
③ お腹にセット ④ アクセルメモリを取り出し 「変っっっっっ(溜を作って)、身!」
⑤ メモリをドライバーにセット ⑥ スロットルを開けて 「ぶおおおぉぉぉん、ぶおおおぉぉぉんん!」
そして登場仮面ライダーアクセル
振り切るぜっ!

武器はエンジンブレード

エンジンメモリをエンジンブレードに挿入すると3種類の攻撃ができるのです。
そして自らもバイク形態に変形します。
バイクになるということはいつの日か誰かが乗る事も・・・。

いろんな意味で型破りなライダー、それがアクセルです。

今後の活躍に乞うご期待!



今回も力作揃い!
照井竜の警察手帳や


氷の事件現場はセットを組んで


ふうとえんの入園口


またまた登場「PLACE」の本
最近、検索結果が「PLACE」や「NAME」になることが多いのです。
当たり前と言えば当たり前なのですが・・・・


極めつけ、ひかるちゃんもお気に入りの
亜樹子専用ヘルメット!


そして前回より園咲家の地下施設として新たなロケセットが登場。
「始まりの場所」と言われたこの場所はいったい何を意味するのでしょう。
そして真ん中の装置らしきものは・・・


このロケ場所、実は都心から結構遠いのです。(2時間半くらい、私は渋滞で4時間かかりました)
その甲斐あって雰囲気は十分なのですが・・・

とにかく寒い!

実は撮影したのは結構前だったのですが、その時点で外は比較的暖かかったのですが中に入ると寒いのなんの。
寺田さんに「今までは遠くても豪華なロケセット(園咲家)で来る甲斐はあったけどここは遠いし寒いし冬は遠慮したいなあ。ここは他の映画で撮影に来た事があるけどなんせ夏でも寒いんだよ」
おっしゃる通り、本当に寒かったです。ましてや冬の寒さとなると・・・
そうは言っても撮影となったら行くしかありません。
気合いで乗り越えられる寒さだったら良いのですけど・・・。





仮面ライダーアクセル・照井竜役/木ノ本嶺浩くん

風都署のエリート刑事 刃野刑事や真倉刑事の上司にあたる照井竜。
照井竜は、クールで自分の信念に従い行動する鋼の男。だが、時に常軌を逸するほど激昂して翔太郎とフィリップと衝突することも・・・。
感情と行動の起伏が激しく難しい役を演じているのは木ノ本嶺浩くんです。
京都出身(関西出身率高っ!)で普段は20歳と思えないくらい落ち着いたはんなりとした喋りかたと物腰。あまり怒ったことがないという木ノ本くんがこの難しい役を体当たりで熱演!



片平真紀子役/大沢逸美さん

フラワーコーディネーターで実業家の片平真紀子役は大沢逸美さんです。
「ヤヌスの鏡」とか「プロゴルファー祈子」、熱中して見てました。
真紀子が経営している店名は「コーンフラワーブルー」(矢車菊)。
犯行現場に残されていたのも矢車菊。うーん意味深です。
状況証拠は真紀子が犯人だと指し示しています。
被害者を氷漬けにした動機は・・・。
結末はいかに?!




も~、い~くつ寝ると~

な~ちゅらりぃぃ~


いよいよ27日に
「Naturally」が発売!
あと3日寝たら発売です。

要チェック!
http://avexmovie.jp/wk/000352.html

http://windwave.jp/


飛鳥凛ちゃん トーク&ライブ開催

園咲若菜こと飛鳥凛ちゃんがイベントに登場!
若菜姫の歌をLIVEで聴くチャンス到来!
来週はWを見たら新三郷へGO!

イベントタイトル:SOUNDTRACK GIRLS
開催日時:1月31日(日)12時~
開催場所:ららぽーと新三郷 スカイガーデン
       埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1
       JR武蔵野線 新三郷駅 目の前
       http://www.lalaport-shinmisato.com/

飛鳥凛(仮面ライダーW 園咲若菜役)ほか出演

仮面ライダーW(ダブル)にて園咲若菜役で出演中の、飛鳥凛ちゃんによるトーク&ライブが開催!

当日、会場で1月27日発売の園咲若菜(CV.飛鳥凛)のデビューシングル「Naturally」をお買い上げの方には、イベント会場限定特典として、本人サイン入りポスターを先着でプレゼント!

(文責・高橋一浩)

(監修・塚田英明)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース