東映ホーム > テレビ > 烈車戦隊トッキュウジャー > あらすじ一覧 > 第2駅『俺たちはここにいる』

テレビ

第2駅『俺たちはここにいる』

2014年2月23日O.A.

STORY


 ライトも加わり、見事にバッグシャドーを倒したトッキュウジャー(子泣き地蔵にまつわる疑問はさておき)。しかし、烈車へ凱旋した5人を待っていたのはチケットの余りに衝撃な一言だった。
 「お前達は死んでるも同然!」
 一体、どういうことなの?????
 うっかり口を滑らせたにしては、深刻すぎる事実(というか、そもそもうっかり口を滑らせたと言えるのか?)を前にさぞかし動揺しているのかと思いきや、どこまでもお気楽なトッキュウジャー。なんか、、、、、、駅弁食べてるし、、、、、、、
 しかし、しかし、能天気な4人を尻目に、冷静に状況を捉えようとしているのはヒカリ。
 一方、烈車内の喧噪の裏で、シャドーラインはまたしても新たな駅を作りあげようとしていた。「決闘ヶ原駅」サーベルシャドーが住人同士を決闘させる中、トッキュウジャーが烈車から降り立った。シャドーとの戦いの幕が再び開ける。
 ヒカリは闇の広がる町の様子から、ある仮説を立てる。


脚本 小林靖子

監督 中澤祥次郎



(文責:石川 啓)

TOPICS

何はともあれ、無事運行を始めたトッキュウジャー。
1話をご覧になった皆さん、如何でしたでしょうか?初の乗り換えアクション!その必然性はとりあえず置いておいたとして、ワチャワチャして面白いことになっていたのではないかと。今後もジャンジャン乗り換えて行きます。ついて来て下さいね(「もう何色だっていいわよ!」ミオさん、いくらなんでも言い過ぎです)。
そして、2話ではアクションがさらにさらにパワーアップ。列車モチーフなんだから、やはり一度はやっとかないとね。ということで、乗り換えに加え、烈車上でのアクションです。入念なアクション合成打ち(その名の通り、アクションと合成にまつわる打ち合わせ)に基づきコンテを上げ、現場にいる全てのスタッフが共通のイメージを作り上げ、何カ所にも渡るロケショーンの画を組み合わせてる。そこに加わる合成。出来上がった映像!その臨場感!これぞまさしく匠の技です。
雪上や氷上で熱い戦いが繰り広げられていますが、トッキュウジャーVSシャドーの烈車上の戦いも是非是非お見逃しなく!

さて、今回は車掌役の関根さんについて改めてお話させていただきましょう。本作で「秘密戦隊ゴレンジャー」以来38年ぶりの戦隊シリーズ出演を果たされた関根さん。38年前はピンクに恋するトラック野郎でしたが、今回は交通手段を烈車に乗り換えてご出演です。「車掌」という恐らくシャドーライン以上に得体の知れない役を何倍にも膨らませていただいております。一筋縄では面白くない役(そもそもある意味の一人二役!)。往年のあの名優のモノマネ(関根さん、そのネタ、多分殆どの人が分からない、、、、、、)も交えつつ(カメラマンの松村さんとは意気投合)、トッキュウジャーを導いてくれています(!?)。今後その怪演はさらにさらに面白くなっていくに違いありません(脚本の小林さんもツボった)。
若い5人達にも非常にフレンドリーに接していただき、現場の雰囲気も和やか。ただ、一つだけ心配ごとも。関根さんの右腕。1年間という長丁場です。くれぐれもご自愛下さいませ(東映特撮にはドクター真木の腱鞘炎疑惑という前科アリ)。

2話でもプレゼントクイズを実施!
是非是非、特製レッシャーを手に入れよう!


(文責:石川 啓)



キャスト紹介


【出演声優紹介】

今作も豪華声優陣の方々にご参加いただきました!


<チケット役:山口勝平さん>

車掌の片腕「チケット」を演じて頂くのは、山口勝平さん!
愛らしい見た目とは裏腹にちょっぴり毒舌なチケットくんですが、山口さんに声を当てて頂いたことで、なんとも憎めない魅力的なキャラクターになりました。
トッキュウジャーの変身アイテム「トッキュウチェンジャー」から流れるアナウンスも山口さんが担当! 車掌風のクセのある言い回しを誰に言ってもらえたら楽しくなるのか…そんな考えのもと実現したこのキャスティング。耳にした皆さんはきっとご納得頂けたと思います。ついつい真似したくなるこのアナウンス、これからも、お聞き逃しにご注意くださ〜い。






<ワゴン役:堀江由衣さん>

レインボーラインの車内販売員「ワゴン」は堀江由衣さんに演じて頂きます。
スーパー戦隊シリーズ初参加の堀江さんは、撮影現場の様子などに興味津々! アフレコ時には、無駄にセクシーなワゴンの動きを楽しみながら声を当てて頂いております。
日曜日は朝からワゴンの可愛さにたっぷり癒されちゃってください!






<ネロ男爵役:福山潤さん>

福山さんに演じて頂くのはシャドーラインの路線を広げようと暗躍する幹部・ネロ男爵。
様々な役を演じられている福山さんですが、スーパー戦隊シリーズには初参加! しかも悪役! なかなか演じたことのない役柄ということもあり、意欲十分の福山さん。福山さんの新たな魅力にであえるかも!? ご期待ください。






<ノア夫人役:久川 綾さん>

シャドーラインの幹部・ノア夫人は久川さんに演じて頂きます。
娘のグリッタのことを溺愛しているノア夫人。久川さんのお芝居も、ネロ男爵やシャドー怪人を相手にしているときと、グリッタ嬢相手に話をしているときとではガラッと雰囲気が変わります。その違いこそがこの役のポイント。ご注目ください。






<シュバルツ将軍役:壤 晴彦さん>

シャドーラインの将軍・シュバルツを演じて頂くのは、様々な分野で活躍されている壤晴彦さん。なんといってもその声はシブい!重い!強そう!……グリッタでなくてもちょっとドキッとしちゃいますね。いざ戦いに赴いた時の声も気になるところ。トッキュウジャーと対峙する日が楽しみです。






<グリッタ嬢役:日髙のり子さん>

ノア夫人の娘・グリッタを演じるのは、なんと日髙のり子さん! スタッフ渾身のキャスティングです。敵側のキャラクターを演じることに興味があったという日髙さん、快くオファーを受けて頂きました。キャラクターデザインと声とのギャップ、スタッフにも予想できなかったその奇跡の化学反応は一見の価値ありです!





メイキング



<始発駅>


クランクインはバッグシャドーの乗るクライナーの中の撮影シーンから。
新たな伝説が運行開始!

カッコいい変身はヒーローの絶対条件。
福沢アクション監督、
ご指導宜しくお願いいたします!
初変身シーン直前。
余裕があるように見えますが、
実はちょっと緊張しています。
本当に仲の良いメンバー。
毎日のロケはまるで修学旅行。
もちろん撮影は真面目に。
自分の芝居をチェック!

中澤組撮影中、12月18日はミオ役:梨里杏ちゃん、20歳の誕生日!
これから一年間、トッキュウジャーとしての活躍期待しています!
おめでとうございます!!


そしてそして、12月29日は中澤監督の誕生日でした!

グリッタが祝福(笑)、
おめでとうございます!

いよいよ走り出したトッキュウジャー!
ワクワクを超特急でみなさんのもとにお届けします!
1年間応援宜しくお願いいたします!!



(文責:久慈麗人)



出版情報


『HERO VISION VOL.51』(東京ニュース通信社)
2月21日(木)発売!



2月といえば、スーパー戦隊シリーズのバトンタッチ号!
『獣電戦隊キョウリュウジャー』から『烈車戦隊トッキュウジャー』へと、ヒーロースピリッツが受け継がれました。
新たな物語を生み出すトッキュウジャー。その魅力をたっぷりつめ込んでお届けします!


『烈車戦隊トッキウジャー』志尊淳
×
『獣電戦隊キョウリュウジャー』竜星涼




『烈車戦隊トッキュウジャー』
・志尊淳×平牧仁×梨里杏×横浜流星×森高愛 座談会/ソロインタビュー
・プレミア発表会レポート

『烈車戦隊トッキュウジャー』志尊淳×『獣電戦隊キョウリュウジャー』竜星涼 対談






ヒーロー&おもちゃ情報誌
『ハイパーホビー3月号』(徳間書店)
絶賛発売中!



今月から出発進行する『烈車戦隊トッキュウジャー』からトッキュウジャー5人に直撃インタビューを敢行! 新たなヒーローたちの素顔をお届けしちゃいます!! もちろん気になるトッキュウジャーの玩具も紹介しているのでお見逃しなく!!


素顔の5人によるポーズも必見です!

トッキュウ1号/ライト役
志尊淳さん
トッキュウ2号/トカッチ役
平牧仁さん
トッキュウ3号/ミオ役
梨里杏さん
トッキュウ4号/ヒカリ役
横浜流星さん
トッキュウ5号/カグラ役
森高愛さん





『MonoMax』 (宝島社)
2月10日発売!



20代後半〜30代の大人男性に向けた、ファッション系モノ雑誌。
カバン、時計、靴等ファッション関連のアイテムはもちろん、
インテリア、車、デジタル製品など、男性のライフスタイルを豊かにするモノを様々なフォーカスで紹介しています。
おしゃれなイメージとは裏腹に(!?)“特撮好き”が多いセレクトショップ、
BEAMSのメンバーで結成される「BEAMS特撮部」は連載6年目の大好評企画です。
おかげさまでモノ系ファッション誌4期連続実売��1! (※ABC協会雑誌部数考査調べ)




キャスト

《レインボーライン》

トッキュウジャー
ライト/志尊 淳
トカッチ/平牧仁
ミオ/梨里杏
ヒカリ/横浜流星
カグラ/森高 愛

チケット(声)/山口勝平
ワゴン(声)/堀江由衣

車掌/関根 勤
《シャドーライン》

ネロ男爵(声)/福山 潤
ノア夫人(声)/久川 綾
シュバルツ将軍(声)/壤 晴彦
グリッタ嬢(声)/日髙のり子




同じジャンルのコンテンツ

関連リリース