東映ホーム > テレビ > スーパー戦隊VSシリーズ劇場 > あらすじ一覧 > BATTLE-13 未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ(前編)

テレビ

BATTLE-13
未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ(前編)

2010年8月29日(日)あさ6:30~

あらすじ

 西暦2000年、20世紀最後の年の日本に、さらに1000年先の未来から刑務所ごと脱走してきた、異星人を中心とする30世紀の囚人グループ「ロンダーズ」。20世紀で無法を働くロンダーズだったが、彼らを逮捕するため、同じく30世紀からやってきた未来人四人と現代の若者一人がチームを組んだのが、未来戦隊タイムレンジャーだ。
 2000年10月25日。ロンダーズの囚人ボリバルが起こす街の破壊の中、人々の救助に奔走するのは、巽家の五兄弟・ご存じゴーゴーファイブ……なのだが、彼らの99マシンは前年の災魔との戦いで失われ、変身のためのゴーゴーブレスも父の巽博士が持ち出していて、ボリバルと戦う術がない。悔しがる五兄弟の前へ駆けつけるタイムレンジャー、ボリバルを追い詰める……と見えたその時、災魔一族の生き残り・呪士ピエールが現れてボリバルをパワーアップさせ、タイムレンジャーはボリバルを取り逃がす。
 タイムレンジャーの失態を見て自分たちが戦おうとするゴーゴーファイブは、ブレスを持つ父の捜索を、なんでも屋の事務所に依頼しにいく。しかしその事務所こそ、タイムレンジャーの住処だった。そこへ再び現れるボリバル。二大戦隊の共闘が始まった。
 だが、30世紀の異星人の能力と災魔の能力を併せ持った敵は強く、一方、二大戦隊の連携は色々とうまくいかない。そして大きなピンチに追い込まれていく二戦隊……

みどころ

 ゴーゴーファイブvsギンガマン後編、いかがだったでしょうか?
 巨大な敵相手に踏ん張る二大戦隊を閉じ込めるような暗雲と、星獣を探す巽博士・ヒュウガ・勇太の目の前に広がる無限の海原、の対比で進む前半。そして後半、最大の危機に起こった最大の奇跡、超装光ビクトリーマーズ。深刻な災いも一気に吹き飛ばす、誠に戦隊らしい、つい喝采をささげたくなる勝利でした。

 さて次回ですが、次回の舞台は1年後。未来から来た犯罪者と、それを追うタイムレンジャーが戦いを続けている中、巽家の五兄弟はあいかわらず人命救助の仕事に頑張っています。現在はゴーゴーVの装備を失っている兄弟は、タイムレンジャーを同じヒーローと捉えて応援しつつも、タイムレンジャーの戦いに何か物足りなさを感じている様子。一方タイムレンジャーにとって、自分たちの複雑な状況を知らずに勝手なことをいうゴーゴーVは、ある種単純で無神経な奴ら。しかしそんな風に反発しあってるうち、彼らは否応なしにお互いに助け合わなきゃいけない危機に追い込まれます。メンバーそれぞれがおちいる困った状況の、明るい活劇風の描写、これが次回作品の最大の見どころかもしれません。

 実はタイムレンジャーという作品、戦隊シリーズの中ではやや高年齢向けと言われる要素をいくつも持っていました。「SFとしても難解になりがちな時間旅行というテーマ」「生き物とか職業の要素を少なくし、スタイリッシュを目指した未来装備のデザイン」「女声により歌いあげられるややアダルトな速い変拍子のテーマソング」「主人公がみんなそれぞれ抱える、悲しい過去や屈折した想い」「男女の恋愛物語の要素」などなど。そしてシリーズの後半ではそういった要素がさらにぶつかり合って、より複雑かつ微妙なドラマが展開され、それが一つの作品の魅力になっていました。
 しかし……そんな微妙なバランスで成り立つタイムレンジャーのインナースペース的文脈を基調にすると、彼らとは別の物語世界にいたゴーゴーVが入り込む余地は少なくゴーゴーVが生きない、二戦隊が共闘する意味が見つけにくい……と、次回の監督の佛田洋さんは考えました。そこで佛田さんが注目したのが、タイムレンジャーの人間関係的な部分でなく、人が時空間を越えるというSF的世界観。時空間を飛び超えることの活劇的視覚的な面白さを意図的に前面に押し出して、タイムレンジャーの後半の雰囲気とは一味違う、二戦隊それぞれが存分に踊れるお祭り的なアクション劇を作り上げてくれました。

 さすが、戦隊のロボアクションを今も一手に作り続けている特撮監督、沢山のアイデアが密度濃くちりばめられた、いかにも戦隊シリーズという娯楽大作になっています。そのあたりを是非とも楽しみにしていてください。


データ

【未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ】
2001年リリース http://shop.toei-video.co.jp/shop/ProductDetail.do?pid=DSTD02014
脚本:山口亮太/監督:佛田洋

【未来戦隊タイムレンジャー】
初回放送:2000年2月~2001年2月 テレビ朝日系列にて
出演:永井マサル・勝村美香・城戸裕次・小泉朋英・倉貫匡弘・笠原紳司、ほか

【救急戦隊ゴーゴーファイブ】
初回放送:1999年2月~2000年2月 テレビ朝日系列にて
出演:西岡竜一朗・谷口賢志・原田篤・柴田賢志・坂口望二香・宮村優子・マイク眞木、ほか


(文責:日笠淳)

リンク

> テレビ朝日公式サイト
> 東映AG スーパー戦隊ネット
> 東映 天装戦隊ゴセイジャー

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース