TV

リキッド ~鬼の酒 奇跡の蔵~

DATA
BSプレミアム 毎週日曜よる10時放送
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第1話 鬼の帰還
2015年4月12日放送

金沢郊外にある小さな造り酒屋「相楽酒造」。
主人公・相楽修一(伊藤英明)は、その三代目として生まれたが、家業を継ぐことを拒み、東京で銀行員になった。
エリート銀行マンとして、家庭を顧みずに仕事に没頭する修一に、妻の真知子(中村優子)は愛想を尽かし、娘を連れて家を出た。更に、修一は銀行内の派閥争いに敗れ、左遷を通告される。
苦境に立たされた修一に掛かってきた1本の電話―。金沢の母(松原智恵子)が倒れたという報せだった。

「蔵を閉めておくれ」
死の床にある母から、そう告げられる修一。相楽酒造は、小規模生産ながら、「雪乙女」という銘柄の酒を丁寧に仕込んできた蔵だったが、5年前に修一の父が他界してからは、経営難に陥っていた。
母の死後、一度は蔵を閉めようとした修一だったが、ある出来事がきっかけで幼かったころの自分を思い出す。あの頃は、蔵も賑やかで、何より皆笑顔に溢れていた。
子どものときから家業を継ぐつもりは無かったが、父はそれでも構わないと言った。
「お前はなりたいもんになったらいい。せやけど、この蔵のことは忘れるな」
酒を造らなくなった蔵は死ぬ。そして、そこで生きていた人の気配も消えて無くなってしまう…。そう気付いた修一は、金沢に戻り、蔵を継ぐ決心をする。

修一が、藁をもすがる思いで頼りにしたのは、「酒造りの鬼」という異名を持つ伝説の名杜氏・鷲尾勇作(津川雅彦)だった。
勇作は、北陸一の大酒蔵「轟酒造」で30年以上杜氏を勤めてきたが、当代の社長・轟勝久(渡辺いっけい)と意見が対立し、蔵を去っていた。
勇作を訪ね、相楽酒造の杜氏になってくれるよう懇願する修一。それを断り続ける勇作だったが、心の内には「酒造りの鬼」がまだ棲み続けていた。轟酒造では醸すことが出来なかった、自分の理想の酒を作り上げてみたい…。
勇作は、人生最期の時間を、目の前の男に賭けてみようと決意する。

しかし、相楽酒造に集まった蔵人は、ほとんどが酒造りの経験が無い素人ばかりだった。しかも、全員が順風満帆とは言えない人生を送っていた。
真面目な性格だが、人付き合いが大の苦手で、職を転々としてきた相楽直木(柄本佑)。
職場不倫に疲れ、酒蔵に転機を求めた元ソムリエールの清水真衣加(関めぐみ)。
中途半端な性格で、何をやっても長続きしない元ヤンキーの田島直太朗(深水元基)。
人生に失敗し、家族とも離れ離れになったホームレスの鈴原洋次(甲本雅裕)。

初秋の金沢で、蔵とそれぞれの人生の再生を賭けた酒造りが始まる。



みどころ

日本酒造りというのは、本当に大変な仕事です。
基本的には重労働ですし、仕込みのメインは気温が下がる冬に行われるので、とにかく寒い。寒いのに、水仕事が多い。そして、発酵状態を24時間体制でチェックしなければならないので、睡眠を十分に取れないときもあります。発酵学その他の専門知識も必要ですし、通常は何種類もの酒を同時並行に仕込んでいくので、綿密な計画を立てねばならないなど、頭脳労働でもあります。
そんな大変な仕事に、再起を賭けた蔵人たち。彼らが酒造りを通じて、どう変わっていくのかが、このドラマの大きなテーマです。

エリート銀行マンとして、成功した人生を送ってきた修一。しかし、家族に見捨てられ、仕事でも失敗したとき、初めて自分の無力さに気が付きます。笑うことさえ忘れていた修一は、実家である酒蔵の中で、人間として大切なものを取り戻していきます。

名杜氏としての名声を欲しいままにしてきた勇作。彼は強い人間であるが故に、最愛の息子が持つ弱さを理解することができませんでした。そして、家族も何もかもを犠牲にして酒を造り続けてきたのに、自分が本当に造りたかった酒は未だ造れていません。

直木、洋次、真衣加、直太朗。彼らも人生に失敗し、転機を求めてこの蔵にやって来ます。

蔵人たちはどうやって、今までの人生を挽回していくのか。そして、彼らが醸す酒は、果たしてどんな味の酒になるのか。



スタッフによる酒蔵紹介 ~その1~

今回のドラマでは、たくさんの酒蔵で撮影をさせて頂きました。
物語の舞台は金沢ですが、実はドラマに出てくるのは全て京都・滋賀の酒蔵です。ここでは、ロケ地となった酒蔵をご紹介していきます。

【藤居本家】
ご協力頂いた酒蔵の中でも撮影の分量(日数)が最も多く、大変お世話になったのが、ここ藤居本家さん。
滋賀県の湖東エリアに位置するこの蔵は、創業天保2年(約180年前)の伝統ある酒蔵です。しかし、社長の藤居さん曰く「180年なんてまだまだ新参者です」と。日本酒業界恐るべし…。
こちらの蔵は、地元滋賀県産の酒米と鈴鹿山系の伏流水を用い、高品質の日本酒を醸しています。

ドラマでは、相楽酒造の蔵の表、事務室、洗い場、麹室、仕込場、等々いろんな場面で撮影させて頂きました。
撮影させて頂いた東蔵は、日本酒への理解を深めてもらうための酒蔵見学(要予約)にも使われています。相楽酒造は零細酒蔵という設定ですが、藤居本家さんの東蔵は国指定登録有形文化財にも指定されており、広くて天井が高く、本当に立派な建物です。(相楽酒造というよりも、むしろ轟酒造・・・)
なお、現在の仕込みは東蔵に隣接している新蔵で行われています(こちらは非公開)。
また、酒蔵近くにある店舗の中庭では、何と相楽酒造のライバルである轟酒造の一部としても撮影させて頂きました。

藤居本家
滋賀県愛知郡愛荘町長野793
0749-42-2080
公式URL http://www.fujiihonke.jp/




【福井弥平商店】
琵琶湖の北西エリアに位置する滋賀県高島市にある酒蔵です。
創業は寛延年間(約260年前)。比良山の伏流水と滋賀の米で醸したお酒は、全国新酒鑑評会などの品評会でも高く評価され、数多の受賞歴を誇ります。

旧街道沿いにあるこちらの酒蔵では、相楽酒造の表の場面を撮影させて頂きました。真知子と藍那が修一の元を去る、直木が母親に連れられてやって来る、いずれも序盤の印象的な場面です。
また、非公開の母屋では、鷲尾勇作の家の一部としても撮影しています。

福井弥平商店さんのモットーは「酔うための酒でなく、味わうための酒を」。同じことを、ドラマでも誰かが言っていたような…。

福井弥平商店
滋賀県高島市勝野1387-1
0740-36-1101
※酒蔵見学は行っていません。
公式URL http://www.haginotsuyu.co.jp/

(文責 石﨑宏哉)

PAST EPISODE 過去のエピソード

第3話「名酒のゆくえ」
2015年4月26日放送
監督:源孝志 脚本:源孝志
第2話「理想の酒」
2015年4月19日放送
監督:源孝志 脚本:源孝志
第1話「鬼の帰還」
2015年4月12日放送
監督:源孝志 脚本:源孝志

INFORMATION 番組情報

CAST
相楽修一………伊藤英明

相楽直木………柄本 佑


鈴原洋次………甲本雅裕

谷田幹二………大高洋夫

清水真衣加……関めぐみ

田島直太朗……深水元基

荒木……………菅原大吉
柳下……………池田成志
鳥居本…………団 時朗
鷲尾幸治………町山博彦
相楽藍那………長島愛莉

相楽真知子……中村優子

相楽世津………秋山菜津子

相楽好枝………松原智恵子

国重五郎………石橋蓮司


轟勝久…………渡辺いっけい

鷲尾タエ………星由里子

鷲尾勇作………津川雅彦
ほか

STAFF
【脚本・演出】
 源孝志

【音楽】
 中島ノブユキ

【制作統括】
 荻野太朗(NHK)、伊藤純(NHKエンタープライズ)
 手塚治(東映)

【プロデューサー】
 豊田研吾(NHKエンタープライズ)、石﨑宏哉(東映)

LINK NHK公式サイト

ページ上部へ

  • ©NHK・東映