東映ホーム > テレビ > 天装戦隊ゴセイジャー > あらすじ一覧 > epic46 狙われたゴセイナイト

テレビ

epic46 狙われたゴセイナイト

2011年1月9日O.A. ※1月2日の放送はお休みです。HPの更新はあります!

【ガッチャ☆ストーリー】

 今まで護星天使たちを掻き回し、翻弄していたブレドランは元護星天使のブラジラだった。救星主と名乗るブラジラの目的は地球を破壊し、生まれ変わらせること……。驚きを隠せない護星天使の前に、ブラジラは追い打ちをかけるようにオルトウロスヘッダーのナモノ・ガタリを放つ。一方で、ブラジラの前に立ちはだかるのはゴセイナイトだった。地球を破壊する者の前に躊躇のないゴセイナイトに、ブラジラは驚愕の真実を打ち明ける……。 

 脚本:横手美智子  監督:渡辺勝也

【フォーカス☆みどころ】

ゴセイナイトと相対するブラジラは信じがたい言葉を口にします。そのことがゴセイナイトに大変なショックを与えることになるのです。タイトルの通り、次回はゴセイナイトから目が離せないのですが、さらに注目するべきはランディック兄妹です。ブラジラが放つナモノ・ガタリは双頭のヘッダーです。片方のヘッダーを攻撃しても、もう片方の能力によりたちまち回復してしまうという曲者。ランディック族には珍しく、他のメンバーを差し置いてまで戦闘の作戦を立てるアグリとモネの2人が、どんな戦法に行きつくのか? 長い長い戦いを経験したからこそ、一度立ち止まり考えることのできる、たのもしいランディックの2人の活躍にもご期待ください!





epic43&44&45

加藤監督の撮影もシリーズ最後… 寂しいよぉ~ 「泣くんじゃない!」
シリーズ展開も佳境で… なんだかメイキングの画も 壮絶です
それでもカメラの前では一生懸命! ベストを尽くします 大きくなりましたね、彼らも
しみじみ…
もちろん 最後の最後まで 笑顔と
気合いで がんばります! 来年もよろしくお願いします!



笑いながら怒る俺

大森「さて、今年も残すところあと5日です」
若松「うーん、ものすごく早い一年だった。俺の38年間の人生でも、ダントツに早かった。こんなに濃密だった年は、生まれて初めてだ。『天下一品』のこってりラーメンのように濃厚だった。あーあ、『天下一品』大泉にできないかなあ」
大森「はい?」
若松「俺、気合いを入れ直したい時や、何かを始める時は必ず『天下一品』に行ってこってりラーメンを食べて、そんで散髪するじゃない?」
大森「知りませんよそんなこと。……では、年末ということで、ゴセイジャーたちとのこの一年を振り返ってみましょうか」
若松「……いや。今はまだ振り返らないよ」
大森「何でですか」
若松「番組はまだ終わってない。というか盛り上がっている真っ最中だし、それに俺自身は基本的に前だけ見ていたいから。今と未来だけ見据えていたいから」
大森「……いつもの洒落じゃなさそうですね。でも、過去を思って反省することは必要ですよね。いや、若松さんにそれを促しているわけでは勿論なく」
若松「うん。反省と改善は当然必要だよ。でも、それは日々、瞬間瞬間にやっていることでもある。仕事中でももちろんそうだし、駅のホーム、撮影所の片隅、お手洗い、自宅でのんびりしている時なんかも、さんざん、さんざん考えてる。それは人間の性(さが)だとも思うけど」
大森「若松さんも反省することあるんですか」
若松「ふっ、深い反省と内省と後悔と考察と才能発揮と自己満足と自画自賛とダンスが同時にできてしまうところがO.R.E.=俺ならではの俺イック・パワー」
大森「竹中直人さんの『笑いながら怒る人』みたいですね」
若松「まあ、そういうことだな」
大森「……めげないなー、この人」
若松「いや、だからいつもいつも、めげては考えてるんだって。すぐに答えや解決法が出ないこともあるけど、でも何日も、何カ月も、極端に言うと何年も経って、急に『あ、こうすればいいんだ』ってぽこっと分かることがたまにある」
大森「それは分かります」
若松「だから、これからに期待をするのだ。全てはこれからやっていくことに反映させればいいわけだし。思い出話はたまにはいいけど、過去に縛られたくはない」
大森「前のめりですね」
若松「そう、“とにかくやってみる”んだよ。そうすれば、何かが起こる。“なんとかなる”。己の未来は己で切り拓くのですよ。明日以降の希望も己で見つけて、“決して諦めない”で努力を続けて、己で叶えるものではないか」
大森「そういうことなんですね。まさにゴセイジャーの精神……そうだ! 今日、ついにブレドランの正体が明らかになりました!」
若松「元護星天使、救星主のブラジラ……敵にしてゴセイジャーの大先輩でもある。これから、五人がほぼ一年かけて身につけた、心身の成長ぶりがたっぷりと描かれるわけです」
大森「年明けからの最終シーズン、ラスト5回、どうか一話たりともお見逃しなく!」
若松「宜しくお願いいたします!! よーし大森、来年へ向けて、『天下一品』へGO!」
大森「若松さん、さっきカレー食べてましたよね……」

  皆さま、本年はまことに有難うございました。
  来年も宜しくお願い申し上げます。



2011年1月22日(土)公開!
「スーパー戦隊祭 天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックON銀幕」情報

公開まで1か月を切った「エピックON銀幕」では、護星天使であるゴセイジャーの世界とシンケンジャーの侍というモチーフが様々な局面で融合をしています。殿様という絶対的に上位の立場にある、いわばリーダーが存在するシンケンジャーに対して、リーダーを決めず「アラタがなんとなくまとめる」感じのゴセイジャー。その違いを認め合いながらも、ぶつかり、そして共闘を遂げる展開がこの映画の肝と言えるのではないでしょうか。特に注目すべきは、その「共闘」っぷりなわけですが、それはぜひ劇場で注目して見ていただきたいところです。ヒントはゴセイジャーの天装術とシンケンジャーのモヂカラに隠されています。スカイック族、ランディック族、シーイック族から成るゴセイジャー。そして、火・水・天・木・土・光のモヂカラを駆使するシンケンジャー。なんだか、とても相性がいいような気がしませんか? ぜひご期待ください。

2日の放送はありませんが、このコーナーだけでお年玉的情報をアップしますので、お楽しみに!


出演
千葉雄大 さとう里香 浜尾京介 にわみきほ 小野健斗 山田ルイ53世(髭男爵)
松坂桃李 相葉弘樹 高梨臨 鈴木勝吾 森田涼花 相馬圭祐 伊吹吾郎

声の出演
小西克幸 宮田幸季 遠近孝一 飛田展男 チョー 玄田哲章 沢木郁也

映画サイト
http://www.gosei-vs-shin.jp/
シンケンジャーサイト
http://www.toei.co.jp/tv/shinken/index.html


護星天使たちが日本各地に降臨!


「天装戦隊ゴセイジャー ファイナルライブツアー2011」の開催が決定です! 3月13日の浜松を皮切りにキャスト5人が日本列島を駆け巡ります。放送終了後だからこそ、見ることのできるスペシャルなステージです。ぜひお近くの会場に護星天使たちに会いに来てください! 詳しくは下記のホームページまで。

http://www.toei.co.jp/event/show/goseif.html



ゴセイジャーのキャストに会える記事はこちら!
発売中!
★「TV LIFE新年1号」(学研パブリッシング)
 千葉雄大×浜尾京介×小野健斗 座談会

12月28日発売
★「ハイパーホビー2月号」(徳間書店)
 さとう里香 インタビュー
 小野健斗 インタビュー


(文責:若松豪・大森敬仁)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース