TV

仮面ライダーゴースト

DATA
テレビ朝日系 毎週日曜あさ8時から!!
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第14話 絶景!地球の夜明け!
2016年1月17日放送

「俺は、俺を……そして仲間を信じる!」

復活した刀眼魔をゴエモン魂で退けたタケルだったが、眼魔が起こしていた通信障害の範囲は広がっていた。けがをしているアカリが指揮をとりオナリ、シブヤ、ナリタが通信障害の原因を追う。一方のタケルはリョウマに与えられた課題である薩長同盟を成立させるべく再び薩之進と長正を引き合わせようとする。
そんな中、手がかりをつかみ捜査をしているオナリとシブヤに眼魔の魔の手が迫る。
はたして眼魔の目的とは?
眼魔の世界に戻っていたアランは何を思う?
大天空寺の皆が一丸となってタケルのために動きだし、吹っ切れたマコトも参戦。
そして戦いの舞台は宇宙へ――


脚本:毛利亘弘

監督:鈴村展弘

仲間と共に

「俺は、俺を信じる」という言葉が表す通り、タケルは未熟ながら自らの力で運命を切り開いてきました。もちろんアカリやオナリのバックアップがあってのことでしたが。
今回の事件を通してタケルは改めて仲間を信じる大切さを学びます。アカリやオナリはもちろんシブヤ、ナリタ、そして新たにマコトが加わり一人ではどうしようもない状況を打破していきます。
今後も“信じる”ことの大切さ、“信じる”強さがタケルの成長の鍵となっていきます。
それ対して、アランは眼魔の世界である重要人物に会います。アランが首を垂れる存在。新レギュラーとなるこの登場人物がアランの運命を大きく変えることになります。
今後の展開にもご期待ください。

(文責・高橋一浩)

みなさま、新年あけましておめでとうございます!
2016年最初の仮面ライダーゴースト放送日を迎える事ができました!

ぴゅー

チビセン「(ぱちぱち)」

今年もキャスト・スタッフ一同、頑張りますのでみなさま応援の程、宜しくお願い致します!

チ「おねがいしま〜す♪」

第13話は夢に向かって突き進む男の物語でしたがいかがでしたでしょうか…!?
眼魂が人に乗り移るという今までにない展開は来週も続くため、今回はさわりだけ
というわけで、本日のメニュー♪

■ゲスト紹介

■新キャラクター紹介

■ゲスト紹介

田村薩之進役…清水章吾さん

人工衛星の設計技師。世界で初めて人工衛星同士の相互リンクを実現した有名人だが、過去の“ある出来事”を引きずっており、それが原因で現在は宇宙開発から手を引いてしまっている。長正が人工衛星の共同開発を持ちかけても、頑なに拒否した。
 
清水さん演じる田村薩之進はいかがだったでしょうか?とりつくしまもない頑固親父を熱演してくださった清水さんですが、ひとたびカメラが止まればすごく気さくで冗談好きな方です。来週はさらに田村親子の過去が明かされるのでお見逃しなきよう…!


田村長正役…二宮康さん

宇宙開発事業部に関わる薩之進の息子。リョウマ眼魂に乗っ取られ、度々人格が入れ替わる。宇宙の事が話題になると周りが見えなくなる開発者。新たな開発プロジェクトを進めるにあたり父の力を借りたいと思っているが協力を得られなかった。
 
二宮さん演じる夢持つ開発者&豪快なリョウマはいかがだったでしょうか。鈴村監督とも過去にお仕事をされた経験を持つ役者さんで、器用に2役を演じ分けていただきました。次週もこの2役の面白さを味わってください♪

宇宙を夢見る開発者が

リョウマ眼魂を見つける

リョウマ眼魂が体内に!

性格もガラッと変わっちゃいました…!

人生相談にも乗ります笑

しかもめっちゃ強い…

 
ゲストは以上です。次に監督のご紹介♪
今回はこの話の演出をしてくださったのはゴースト初参戦の鈴村展弘監督です!

チ「この監督なくしてライダーは語れない!監督よろしくおねがいいたします♪」
 
とライダーをはじめとした特撮好きなら皆様ももちろんご存知の監督がこの話のメガホンを取ってくださいました。来週も鈴村ワールドを存分に味わってくださいっ!

プラネット眼魔
アランによって生み出された怪人。スパークで街の電線や通信機器に異常をおこさせ、人の魂を自分の肉体に取り込んだ。

刀眼魔
1話で登場した刀眼魔が再び登場…!しかし、中の人格は別のものとなっている。タケルの抹殺を試みるが、倒されてしまう。


アランによって生み出された二人

タケルと再会。しかし、以前(1話)の刀眼魔とは別の人格が。

ゴエモン魂 VS 刀眼魔

秘剣ツバメ返し

ゴエモン魂も傾いて対抗…!

刀眼魔との戦いを制したタケルですが、事件はまだまだ解決しておりません…!
親子の仲を取り持つこととなったタケルは薩(之進)長(正)同盟を結ばせ、リョウマ眼魂に認めてもらう事が出来るのか…?
 
そして、眼魔世界側にも新たな動きが…
 
チ「ここで次週から登場の新キャラクターをご紹介しちゃうぞ」

■新キャラクター紹介

アデル役…真山明大さん

第14話から登場の新キャラクター「アデル」。眼魔世界に深く関わるこの人物を演じるのは真山明大さんです。詳しいご紹介は来週のお楽しみ…!!!
物語を大きく動かすこの存在の登場をその目で確かめてくださいませ!
 
 
チ「さあ、来週からゴーストはもっともっと盛り上がるぜよ!バッチリみるんじゃき♪」
 
ぴゅー

(文責・安東健太)

■映画情報

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」
公開記念特集 第7弾!!

あけましておめでとうございます!
さて昨年の締め映画に、そして今年はじめての映画に「超MOVIE大戦ジェネシス」を
ご覧になって頂いた方もいらっしゃったのではないでしょうか?
 
本日で超MOVIE大戦公開記念HP特集は最後。
最後にTVでも公開されました、ゴーストの最強にかっこいい注目の新フォーム
「闘魂ブースト魂」映画VERをピックアップ。
 
そして最後にはなんと、次なる映画の情報が出ましたのでそちらもピックアップしつつ…
超MOVIE大戦のラストスパートの盛り上がりに向けて走り出します!
 
さて、どーん!
仮面ライダーゴースト闘魂ブースト魂!!

映画ではナイターシーンでかっこよく登場!

ちなみにこちら、見た目は変わりませんが、
テレビとちょっと違う、映画ならではのスペシャルな登場の仕方をしているんですね。
ご覧になった方はお分かりになりましたか?
 
ヒントはお父さん!実はこれ、劇中で笑いが起きる、また笑みがこぼれるシーンになっていたとか、いないとか。映画を観てから本編の12話を見返すとリンクしていて面白いかもしれませんね。
 

ちなみにこれ、眼魂が光るんですよね!当HPでも紹介をしましたが…

このドライブのタイプトライドロンとの2ショットはテレビでは見ることができませんよ!
「真っ赤」同志超デッドヒートな戦いを繰り広げるのにはまさに注目。
本当にかっこいいんです。そして、武器のサングラスラッシャーも活躍します。
 
さて、こちらの闘魂ブースト魂は1月10日放送の13話や、17日放送の14話でも活躍していますので、お見逃しなく。映画を観てからテレビ、テレビを観てから映画、
どちらでも楽しめると思います。
 
そして!ついに動き出した3月26日公開の映画、
仮面ライダー45周年記念企画  「仮面ライダー1号」
その正体はまだまだベールに覆われてますが、こちらにはこの後ご注目いただくということで…http://www.superhero-movie.com/
 
まずは、ドライブ・ゴーストそれぞれの魅力が詰まってます「超MOVIE大戦ジェネシス」、
まだまだ終わりませんので観に行っていない方も、もうご覧になった方も劇場へぜひ脳細胞をトップギアにしてバッチリミナー!!

■おしらせ

①「仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂!」

1月8日(金)にもリリースが出ました、
1月15日(金)より配信スタートします「仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂!」、
前回紹介をさせて頂いたようにタケル(ゴースト)とマコト(スペクター)が、歴代の仮面ライダーの眼魂(アイコン)を使い、“伝説のライダー魂”に変身!しますが…

なんと登場する敵を演じて頂くのは豪華オリジナルキャストの方々なのです!
*詳しくはこちら http://www.toei.co.jp/release/bb/1206811_971.html

そしていち早くレジェンドの世界に飛び立てる予告編も解禁となりましたので
コチラからバッチリミロ―でお願いします!

https://youtu.be/6EmtYBDm5TY

さあ、伝説のライダーたちの力を身にまとったゴースト、
そしてスペクターの勇姿をバッチリミナー!!

②「てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 一休入魂!めざめよ、オレのとんち力!!」再特集

てれびくん2月号から応募がスタート、なんと2月号にはDXゴーストドライバーと連動して遊べる、てれびくん限定アイコン「一休ゴーストアイコン」もついてくるわけですが…!

今回はそのオリジナルDVDの撮影の様子をちょこっと紹介いたします。

1、ゲスト紹介
今回も不可思議研究所に依頼が舞い込みます!
そんな依頼をもちこむ、これまた不思議な依頼主がこちら。

日本とんち学会理事長・笹原カツミ…演・松田るかさん

今回名称からして不思議すぎる、謎の団体「日本とんち学会」の理事長役を演じて頂いたのは松田るかさん。かわいらしい見た目とは裏腹に、面白いほど芝居の引き出しが多く、スタッフはもちろんのこと、あの石田監督までもを「いいね」、と唸らせたお方でした。台本にあることはもちろんのこと、それを膨らませてアドリブ満載な芝居をしてくださってますので、これはこの作品の見どころの1つと言っても過言ではありません!特に愉快な怪人さんとの絡みは誰も想像できなかった芝居を引き出してくださって、筆者は度胆を抜かれました(笑)是非、ゴーストレギュラー役者だけでない、若手役者さんの逸材っぷりをご覧ください。

ちなみにこのとんち学会の理事長役、実は『てれびくん1月号付録DVD 仮面ライダーゴースト 一休眼魂争奪!とんち勝負(バトル)!!』にでて頂いた安藤なつさん(メイプル超合金)演の役とも密接に関連しているのです。ヒントはこの笹原カツミという名前。その秘密はDVDで見つけてみて下さいね。

そして今回のゲスト怪人が

僧兵眼魔…声・田中大文さん

こちらの怪人も、前述てれびくん1月号~に出てきた怪人と深い関係にあるのです。ヒントは実は同じ声優さんに演じて頂いているということ!是非怪人たちの違いもお楽しみください。


2、要チェック!
仮面ライダーゴースト 一休魂 & 仮面ライダースペクター ピタゴラス魂

仮面ライダーゴースト 一休魂(左)と、
仮面ライダースペクター ピタゴラス魂(右)
 
ゴースト一休魂とだけあって、生かすはそのとんち力!技やポーズも一休さんにちなんだものが見られるかも。
ちなみにピタゴラス魂はピタゴラスとだけあって、「三角形」が肝。マコトの言う「三角」の力を極めて使いこなします!
そのユニークな2フォームをお楽しみに!


3、プチ見所3連発
①タケルの美しい「フォーム」を見よ!

今回、アイコンを使えるようになるため、修業をはじめるタケルたち。
その修業の一環でキャッチボールをするシーンがあるのですが、ここで本領発揮をしたのが
ソフトボール部出身の西銘くん。ファン必見、軽やかに投球をこなすタケルを見ることができますよ。


②マコトの美しい「書」を見よ!

今回、なぜか登場する筆で書かれた「書」の数々。
これは台本の段階で書道の場面が描写されていたわけではなく、石田監督の提案で
セリフを「書」として書き起こすシーンができたのですが…これが分かりやすくありつつ、なかなかに強烈に印象に残るシーンになっております。そして実はマコトを演じる山本くんは書道が特技!さすが、さくさく書きながらクオリティの高い字を残してくれてます。マコトファンは必見ですね。



③カメオ出演
そして、どーん。この方は…そう、ゴーストゆかりのあの方。
お分かりになりますか?ゴーストのパイロットを担当した諸田敏監督。

ゴースト開始に合わせて変えられたヘアースタイル(!?)にぴったりの住職役、ではなかったですが、素敵なお芝居を披露して頂きましたよ!
かなり濃いお芝居なので、どんな役どころなのかお楽しみに!!
 
さあ、てれびくんオリジナルDVD、
見所が盛りだくさんですので、是非チェックしてみてくださいね!

(文責・小髙史織)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
仮面ライダーゴースト:天空寺タケル/西銘 駿
月村アカリ/大沢ひかる
御成/柳 喬之

仮面ライダースペクター:深海マコト/山本涼介

シブヤ/溝口琢矢
ナリタ/勧修寺玲旺
小野寺靖/佐野泰臣
深海カノン/工藤美桜

西園寺主税/森下能幸
アラン/磯村勇斗

天空寺龍/西村和彦

ユルセン(声)/悠木碧

仙人/竹中直人

ほか
STAFF 脚本:福田卓郎 ほか
監督:諸田 敏 ほか
怪人デザイン:島本和彦とビッグバンプロジェクト
音楽:坂部剛
LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2015 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映