東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーフォーゼ > あらすじ一覧 > 第18話「弦・流・対・決」

テレビ

第18話「弦・流・対・決」

2012年1月15日

EPISODE GUIDE

「お前たちの正義が俺の正義と同じとは限らない」



仮面ライダーメテオは、牡羊座=アリエスのゾディアーツを探している。
なので、アリエスになる可能性を秘めていると判明したリンクスのことは、進化するまで泳がせる方針だ。

アリエスを探している理由は教えてくれないし、リンクスを見過ごせないフォーゼは食ってかかる。だが、メテオは「ホワチャア!」と鉄拳で返事。
仮面ライダーなのに味方じゃないのかと困惑するライダー部一同に、メテオは「俺はお前たちの敵だ」とはっきり言う。

メテオは、我望理事長も想定していなかった存在だ。
静観する姿勢の我望だったが、園田先生はスコーピオンとして戦うチャンスを懇願。
再びゾディアーツ・スイッチを手にするのだった。

一方、流星は弦太朗たちが全員いる中で、いきなりラビットハッチに入ってきた。
驚く一同。
怪物との戦いを見て後をつけて来たと言う流星は、自分もライダー部に入りたいと言う。
またまた驚く一同!
もちろん流星がメテオであることは誰も知らない。
そんな流星に弦太朗は……

波乱必至!!




メテオは「ライダー部の敵」を宣言
なのに流星はシレッと入部を希望
蠍座復活で幹部バトルも白熱だッ!


新年キターッ!
ということで、新年あけましておめでとうございます。
2012年も『フォーゼ』は、皆さんに「ワクワク」を届けるべく頑張っていきます。
よろしくお願いします。

さて次回の見どころも、話題沸騰中の“青い隕石”メテオでしょう。
今回も必殺拳を次々と繰り出します。
特に強烈なのは右腕のガントレット「メテオギャラクシー」から繰り出す惑星技。
木星やら土星やらが浮かび上がって、ホワチャーッであります。

メテオは、ライダー部に正体が知られていないのがポイントですね。
メテオ=流星と知っているのは、視聴者の皆さんと謎の男タチバナだけなのです。“赤い目の男”こと我望も知らないのです。皆さん、テレビの前で「私は知っているぞ」という優越感を味わいつつ、この関係性が生みだすモロモロの面白ポイントをご堪能ください!

さらに、流星というキャラの個性は、モノローグ(心の中の声)を多用するところにあります。
流星がメテオであることは誰にも知られてはいけない秘密なので、彼の心情はシナリオ的には会話で表現出来ないことが多いのです。なのでモノローグという手法を採用しているのですが、これが新鮮で面白いことになっています。

とにかく一筋縄ではいかない男、それが朔田流星であります。
吉沢亮くんが演じ分ける流星の「表の顔」と「裏の顔」。
この二面性を味わっていただきたいと思います。
そして、真逆の「裏表の全く無い男」弦太朗とぶつかるのか、ぶつからないのか?
多分ぶつかりますので、ご期待ください(笑)

さらに蠍座の方に(?)朗報です!
スコーピオン・ゾディアーツが久々に登場。
天秤座校長・リブラと共に、華麗な足技でフォーゼとメテオに迫ります。
園ちゃん、背水の陣で臨むバトル。
手に汗握る死闘であります。

ということで、シリーズの新たな「起点」になりそうな本エピソード。
これは見ないわけにはいきませんね。2012年もワクワクしてください。

青春スイッチ、オン!

(文責・塚田英明)



脚本 中島かずき   監督 諸田敏

CAST INFORMATION

【朔田流星 役/吉沢 亮】



昴星高校から交換編入生として天ノ川学園高校2年B組の新たな仲間になった、朔田流星。その正体は、反ゾディアーツ連盟の潜入員として天高に来た、仮面ライダーメテオ。普段は爽やかな笑顔で愛想を振りまいている流星ですが、心の中ではクールでそして皮肉めいたセリフもちらほら。二面性のあるキャラクターです。本性を隠したまま、仮面ライダーフォーゼそしてライダー部、ゾディアーツの様子をうかがっています。
そんな、2つの性格を演じ分けているのは、吉沢亮さんです。男性でも惚れてしまいそうな艶やかな笑顔が、実に魅力的です。しかしそんな笑顔の裏でクスリともせずに心の中で本音を語っている、怖さ。笑顔が素敵な分、それと相まって流星の怪しい魅力になっています。シリーズ途中からレギュラーメンバーに加わるということで、最初は大丈夫かなぁと不安がっていた吉沢さんですが、今はもうすっかり仲良く、同年代のレギュラー陣に打ち解けて楽しく撮影に臨んでいるようです。


(文責:高橋勇樹)




仮面ライダーメテオ登場


新年、明けましておめでとうございます。
本年もまた『仮面ライダーフォーゼ』をよろしくお願いいたします。

さて、新年明けて1回目の放送で、ついに、
昨年クリスマスの放送から謎のままだった黒い仮面ライダーの正体がわかりましたね。


その正体は、昴星高校からの交換編入生、
朔田流星でした。


どうやら牡羊座のアリエス・ゾディアーツを探しているようですが、
その目的までは、まだわかりません。謎の多い男です。


スパイのような身のこなしで、ラビットハッチに侵入する流星。


肩掛けカバンじゃなければ、もう少しハシゴ登るのも楽だったかな?


2階からピョコリ。


ライダー部の出て行ったあとのラビットハッチを探索します。


第2話のときの弦太朗のように、
勝手にスイッチをカチカチカチカチ、押しちゃいます。
あの計器のスイッチは、侵入した人が押してみたくなるスイッチのようです。


そして、おもむろに取り出した青いスイッチに向かって話しかける流星ですが、

その通信の先には、


謎の人工衛星「M-BUS(METEOR BUCK UP SATELLITE)」

そしてその中で、無重力を楽しんでいるかのように動き回る、謎の仮面の男、
その名は、タチバナさん。


「君がメテオであることは、誰にも知られてはならない」

妙な存在感がありますね。夢に出てきそうな。

このタチバナさんのM-BUS内、無重力の撮影ですが、
地上での撮影にはどうしても重力が付き物です。
そのため実は、

急上昇から突然落下させた飛行機の中で無重力状態を作り、撮っているんです、
……ということはしていなくて、
タチバナさんをワイヤーで吊るして撮影しています。


フワフワふわふわ、落ち着きなく浮かんでいるタチバナさんが
今後、物語にどう関わってくるのか、注目です!


天高ファッション ~ 冬 ~


さて、昨年末の放送から、
仮面ライダー部、そして天ノ川学園高校の生徒たちが、
オレンジの派手なコートを着ていることに気付いた方もおられるでしょう。


天ノ川学園高校の学校指定のコートです。
制服の青い色がNASAの制服をモチーフとしているように、
このコートのオレンジも、同じくNASAのオレンジスーツをイメージした色になっています。
制服に次いでコートも派手な天高です。

ただ、ライダー部の面々は、それぞれに着方を工夫しているようで……


ふむふむ、
賢吾とユウキは、制服と一緒でそのまま、スタンダードな着こなし。優等生です。
友子は、黒いリボンが縫い付けられていますね。ゴスとしてはオレンジ一色というわけにもいかなかったんでしょうか。


大文字さんはいつものアメフト部のスタジャン。年中着てますね。
美羽さまは首元と手にファーが付いています。ゴージャス!!


JKは……というと、コートは着ていないようです。
そして冬だというのに腕まくり。
でも寒いからアームカバーを付けてます!
オシャレのためには寒さも我慢、というわけですね。


そして、まぁ、これは予想通りというか何というか、
弦太朗は、竜と虎の描かれたスカジャン、ですね。
制服と同じで、学校指定のコートなんて着てません。
リーゼントにスカジャン、ますますヤンチャっぷりが上がっています……。

えいっ!




現在の仮面ライダー部は?


 


弦太朗が発足した仮面ライダー部。
現在の部員は


如月弦太朗
仮面ライダー部創始者
城島ユウキ
部員第一号
風城美羽
仮面ライダー部部長

JK
情報収集力ピカイチ!

パワーダイザーのパイロット
友子
勘が鋭い霊感少女

歌星賢吾
スイッチの調整、作戦参謀
 



(文責:高橋勇樹)




2012年、キターー!!


新年



明けまして



おめでとうございます!



今年も



仮面ライダーを



よろしくお願いします!





昨年は仮面ライダー40周年。
「MOVIE大戦CORE」に始まり「オーズ」では放送1000回を迎え、40周年記念の「レッツゴー 仮面ライダー」では藤岡さん、佐々木さん、宮内さんをゲストに迎え4月に劇場公開。
夏の劇場版「仮面ライダーオーズWonderful 将軍と21のコアメダル」では松平健さんに出演して頂き仮面ライダーと暴れん坊将軍がスクリーンで夢の共演!
感動のうち最終回を迎えたオーズの後を引き継いだのが40周年を冠し9月から放送を開始した「仮面ライダーフォーゼ」。
そして今作「MOVIE大戦MEGA MAX」では、フォーゼ、オーズ、Wの3世代の主役が一同に会し、さらには7人ライダーと未来のライダーまで共演。
過去—現在—未来をつなぐ出演者の作品への愛とスタッフの夢がつまった作品です。

ある人は涙、ある人は笑顔でオールアップを迎えたきゃストたち。
胸に去来する想いは違えども皆いい顔してました。
そんな想い一杯の今作が見られるのもあと少しの間だけです。

今年1年の仮面ライダー初めは是非劇場で!





「MOVIE大戦 MEGA MAX」の主題歌が
絶賛発売中!!


「SAMURAI STRONG STYLE」

綾小路 翔 vs Marty Friedman


俺たち、誰かを愛する為に生まれてきたんだ!!
ヤンキーヒーローとギターヒーローが織りなす
2011年型 ヒーローソング

CD+DVD AVCA-49341 ¥1,800(tax out)
  CD AVCA-49342 ¥1,200(tax out)




メテオ エンディング曲
「Shooting Star」
遂にお披露目


W、オーズでエンディングテーマを歌い、WIND WAVEでも活躍した、Vo 緋村 剛 とAnything Goes! Switch On の作曲を手がける、Gt tatsuoのバンド eversetがメテオをバトルを盛り上げる!

Shooting Star / everset
2012年3月7日発売予定
http://everset-web.com/


(文責:高橋一浩)



出版情報



現在発売中の「宇宙船」の表紙は麻宮先生描き下ろし!


要チェックですよ~!

宇宙船vol.135(ホビージャパン)
定価◎1500円(税込)
判型◎A4変型判
全国書店にて発売中

■表紙&巻頭ピンナップ執筆◎麻宮騎亜
前号に引き続き『仮面ライダーフォーゼ』にクリーチャーデザイナーとして参加されている漫画家・麻宮騎亜先生が、番組でもおなじみの仮面ライ ダー部のメンバーを描き下ろしてくださいました。ファン待望、麻宮先生の描く仮面ライダー部。弦太朗、賢吾、ユウキ、美羽、隼、JK、友子、そ してもちろんフォーゼ(&パワーダイザー!!!)も。若さとパワーがみなぎるイラストです!

■仮面ライダーフォーゼ特集
<巻頭撮り下ろし企画>
DETAIL OF HEROES 仮面ライダーフォーゼ マグネットステイツ

<キャストインタビュー>
清水富美加
吉沢亮
真野恵里菜

<スタッフインタビュー>
中島かずき
坂本浩一




「別冊コロコロコミックスペシャル 2月号]


発売日 : 12月29日発売
価格 : 460円(特別定価)


快挙!『仮面ライダーフォーゼ』がマンガになったぜ。
一挙40ページ掲載!
マンガになってもアツい、弦太朗たち「仮面ライダー部の活躍をぜひ読んでくれ!




今からでも間に合う!「仮面ライダーフォーゼ」ムック本が絶賛発売中!
キャストやスタッフのインタビュー、撮りおろし盛りだくさんの内容は必見!


「学園と地球の自由と平和を守る
仮面ライダー部、ここに正式スタートだ!」

主人公・弦太朗と賢吾の出会いから、仮面ライダー部結成まで徹底ガイド!!
「フォーゼ」が学べる公式"教科書"

発売日:2011年12月2日搬入(公式発売日12月3日)
タイトル:仮面ライダーフォーゼの教科書
予価:1380円+税
判型:B5判/頁数:96P/ISBN978-4-7783-1286-2

【概要】
9月4日から放映開始となった「仮面ライダーフォーゼ」。ライダー初の学園もの、且つ仮面ライダー部という異例の設定で、放映当初から子どもか ら大人まで幅広い層から注目を集め、40周年という記念にふさわしく、注目を浴びている作品です。
今回は、「仮面ライダーフォーゼ」の作品世界を知り、学び、遊びたおすためのオフィシャル「教科書」を刊行! 本書では、人物紹介やストーリー 解説に加えて、キャスト・スタッフインタビューや主人公たちが通う天ノ川学園高校の制服・部室……などその作品世界がまるごと楽しめる情報を 授業項目別に分けて紹介。

初めて「仮面ライダー」シリーズを観る方も、楽しく「フォーゼ」の世界が学べる1冊です!





40周年を記念したタブロイド誌が発売中!
当時を知るスタッフや、過去に出演したキャストインタビューなど40周で初めて実現した記事が満載!

タブロイド判


スポーツ報知「仮面ライダー40周年 タブロイド特別号」

発売日 : 12月2日(金)
仕 様 : タブロイド版/全32頁/オールカラー
価 格 : 300円
※全国主要駅売店及び、コンビニエンスストア、読売新聞販売店、12月の劇場版仮面ライダーフォーゼ&オーズの上映館にて発売(一部劇場を除く)

【内容】
「昭和ライダー」
・1号・藤岡弘、2号・佐々木剛、V3・宮内洋による鼎談
・滝和也役の千葉治郎様のインタビュー
「平成シリーズ」
・「アギト」の賀集利樹インタビュー
・「響鬼」の細川茂樹インタビュー
・「W」の桐山漣・菅田将暉の対談
・「フォーゼ」の福士蒼汰と「オーズ」の渡部秀の対談



「Neo Actor」12月1日発売
・福士蒼汰×高橋龍輝 対談
・渡部秀×三浦涼介 対談
・田中卓志×冨森ジャスティン 対談

「ラブベリー1月号」12月1日発売
・清水富美加 特集

「特撮ニュータイプ1月号」12月1日発売
・福士蒼汰 ソロインタビュー
・高橋龍輝×清水富美加 対談
・ダンテ・カーヴァー ソロインタビュー
・真野恵里菜 ソロインタビュー
・渡部秀 ソロインタビュー
・三浦涼介 ソロインタビュー
・荒井敦史 ソロインタビュー
・虎南有香 ソロインタビュー
・天野浩成 ソロインタビュー
・坂本監督 ソロインタビュー
・塚田P ソロインタビュー

「ハイパーホビー 1月号」12月1日発売
・福士蒼汰×渡部秀 対談
・冨森ジャスティン ソロインタビュー
・志保 ソロインタビュー

「キャスプリ」12月3日発売
・福士蒼汰×渡部秀 対談
・高橋龍輝×清水富美加 対談

「TV LIFE」12月14日発売
・福士蒼汰×高橋龍輝×冨森ジャスティン×土屋シオン 座談会

「宇宙船 Vol.135」12月27日発売
・清水富美加 ソロインタビュー
・真野恵里菜 ソロインタビュー
・坂本監督 インタビュー
・中島かずき ソロインタビュー

「ハイパーホビー」12月27日発売
・真野恵里菜 ソロインタビュー
・人見早苗 ソロインタビュー



(文責:高橋一浩)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース