東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーオーズ/OOO > あらすじ一覧 > 第36話 「壊れた夢と身体とグリード復活」

テレビ

第36話 「壊れた夢と身体とグリード復活」

2011.5.29 O.A

【Episode Guide】

そのとき、刑事さんが目を覚ましたーー。

だが、その意識はまたなくなってしまう。
「夢」を壊されてしまった比奈。見かけ上は何もなかったようだが、変化は徐々に始まっていた。「夢」の行方はどうなってしまうのか?

そして、後藤は、伊達の秘密を知る。伊達の変身を止める後藤。
そんな中、ウヴァの陰謀は進む。コアメダルと大量のセルメダルをかけ合わせた時、よみがえるのは・・・・・! 




○信吾復活・・・。

とうとう信吾が復活。回想でないセリフが第2話以来、ひさびさに入りました。
三浦さんの気合いもハンパでなく、信吾の目には涙が・・・。
信吾の身体とアンク。
番組とおしての大きなタテ糸です。今後にご注目下さい!

ちなみに毛利さんの脚本、入稿前にメインライターである小林靖子さんにセリフチェックをしていただくのですが、ほとんど直しがないのに、35話の比奈と信吾の回想シーンだけは、ニュアンスの改訂が。逆になぜかそこだけ・・・。
ト書き→ 「比奈のおでこにデコピンする信吾」
おそらく小さい頃に両親をなくしていたせいで、とっても仲良しの兄妹の設定。
このあたりが今後も大事になってきそうです。



 脚本:毛利亘宏  監督:田﨑竜太

production

映司のファッションショー衣裳


比奈が優勝した、映司くんモデルの衣裳ですが、毛利さんの劇団「少年社中」の衣裳担当の村瀬夏夜さんに特別に作っていただきました!
脚本上のセリフは、「和服をだいたんにアレンジ。まさに現代という合戦場で戦うための戦闘服です!」
これは作るしかないかも・・と、毛利さんにお願いしてみたところ、快くご紹介いただき、スケジュールも大変タイトな中、ステキな衣裳が上がりました!
最初に映司が着ていたオレンジの暖色系の生地も使って、サイズもジャストな、まさにオーダーメイド。

なのに、お話上、真っ二つに壊してしまった私たち・・・。(T-T)
もちろん事前にご説明はしましたが、丁寧な作りでゴージャスなお衣裳だったので、心が痛みました・・・・。
ぜひまた、ご一緒にお仕事をしてみたいです。
ちなみに、その毛利さんの劇団「少年社中」の公演がまもなく始まります、とのこと。
外部公演でも、演出と脚本にひっぱりだこの毛利さん。
ホームの劇団を体験してみるのはいかがでしょう?

少年社中第24回公演「天守物語」
6月3日(金)~12日(日) 吉祥寺シアター
http://www.shachu.com/



「仮面ライダーオーズ/oooスペシャルイベント」レポート

実は、HPでも一切公表していませんでしたが、先日のイベントでは渡部君、三浦君がエンディング曲を披露してくれました。初日は「「Regret nothing〜Tighten Up〜」」と「Time judged all」、2日目は「Got to keep it real」、「Time judged all」。
テレビ撮影の合間を縫って、練習してきました。特に渡部君は緊張もあったでしょうが、勝負強さを発揮して、こちらの予想を超えるパフォーマンスを見せてくれました。会場も熱狂!!!2人もかなり楽しんでました。




(文責・武部直美、石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース