東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーオーズ/OOO > あらすじ一覧 > 第30話「王とパンダと炎の記憶」

テレビ

第30話「王とパンダと炎の記憶」

2011.4.17

【Episode Guide】

現れた鳥のグリード。カザリは彼を「アンク」と呼ぶ。

これまで右腕しか復活しなかった理由。
800年前のオーズ誕生にその謎はあった。
語られる過去。
それは、今オーズに変身する映司にも関係することだった。


そんな頃、知世子は、怪我をしたドクター真木を車で送っていた。
真木は自宅ではなく、幼い頃に住んでいたという屋敷に案内する。
そこで、知世子が目にする、自分とそっくりな姉の写真。
真木の語る姉の思い出とともに、よみがえってくるのは・・・。




いよいよ、アンク本体?が登場しました。
「僕だ」「お前は俺だ!」
一体どっちがどっち?
どちらもアンクなので、クレジットもいさぎよく「アンク」にしています。

まるで幼い子どものような口調のアンク。
これからどうなっていくのでしょうか?


アンクの声を演じるのは、入野自由(いりの・みゆ)さん。
「千と千尋の神隠し」のハクの声で有名です。

アニメの主役作品を何作も持つ人気の方で、歌や舞台と活躍の場も大変広いです。
実は特撮もお好き、とのことで、「オーズ」も見ていただいていたそうです。
「これがアンクで、これがグリードってので、800年前に・・」という説明が一
切いらなかった!ということで大変助かりました。
今後もどうぞお楽しみに。




 脚本:小林靖子  監督:田﨑竜太

<production note>

レッツゴー仮面ライダー 続報



藤岡さん、佐々木さん、宮内さんのお三方が史上初?で揃った初日舞台挨拶の様子は、下記アドレスから 

http://www.toei.co.jp/release/movie/1195363_979.html


ここでは4月2日関西キャンペーン・レポをお届けします。

挨拶直前 モモ、リュウも心は一つ 三浦くん 里穂ちゃん 渡部くん
遊佐さん てらそまさん 熱気ムンムン お待たせ チュッ
王道の寸劇

渡部秀

渡部君は今回の関西キャンペーンで念願叶って憑依に挑戦。遊佐さんとてらそまさんにご協力いただき、U映司、K映司に。
ただ、U映司はカッコよく決まったものの、気合いが入り過ぎたのか、緊張のあまりか、K映司は不発。滅多に訪れないチャンスを棒にふった形になりました。

三浦涼介

今回の金田組では徹夜明けのクランクイン、そして初日から疾走するハメになった三浦君は、映司がパンツを奪われるシーンが、お気に入り。
ちなみに、会場ではアンク腕を持つ子がちらほら。相変わらずの人気です。ただ、三浦君とアンクの余りの違いに、「アンクが優しくなっちゃった」と戸惑う子もいました。

高田里穂

里穂ちゃんは少年ライダー隊とのシーンが多く、彼らとも随分仲良くなったよう。真冬に彼らとともに走ったり、ショッカーと格闘したりとテレビよりだいぶハード な撮影となりました。無茶させてすみません。でも、これからも頑張ってもらいますよ。怪力発揮場面を振り返ると「(想像以上に)重くて、、、、」とつい本音も。

遊佐浩二

京都出身の遊佐さんは、地元に戻り嬉しそう。当時反対されながらも、ライダー自転車やライダーデスクを買ってもらったという逸話も披露。ライダーデスクはシールをはがすと普通の机だったという裏情報付きで。
また、昨年のトリロジー舞台挨拶から続く、エピソード・パープル編の製作をアピール。鈴村さんのために?とっても仲間想いです。
そんな遊佐さんは、このメンバーの中で誰に憑依したいかと問われると、迷わず比奈を選択。
ディケイドで女性にも憑依できることが証明された。今後はもっと積極的に女性に憑依していきたいと抱負?を語りました。

てらそままさき

てらそまさんも比奈に憑依したいとのこと。K比奈、どんだけ怪力やねん。是非てらそまさんに「ふにゅー」と言っていただきたいです。
劇中の感想を求められると、デンライナーの寝心地が良く、殆ど寝ていたため覚えていない!とカミングアウト。
とはいえ、遊佐さん同様、「仮面ライダー」を見ていたという、てらそまさんはライダーの歴史に感慨深げで、少年ライダー隊に当時のご自身を重ねているようでした。
ちなみに、てらそまさんはシャドームーンの声も担当されています。見逃さないで下さい!


応援ありがとうございます また会いましょう



『仮面ライダーオーズが京都で撮影!』


「仮面ライダーオーズ」の撮影が4/12(火)・13(水)・14(木)に映画村で行われます。
普段見ることができない撮影の様子が見学できるまたとないチャンス!
是非、映画村にご来村ください。

  • 4/12(火)午後から・13(水)・14(木)
  • 渡部 秀 (火野映司/仮面ライダーオーズ役)
    三浦 涼介 (アンク役)
    高田 里穂 (泉比奈役)
  • 撮影詳細(時間、場所、出演者)は撮影日の前日夕方に「最新ニュース」でご案内致します。尚、天候、撮影スケジュールの都合により、中止や変更になる可能性がございます。あしからずご了承ください。

詳細はこちら(http://toei-eigamura.com/event/event_081393.html)

【撮影見学についての注意事項】

  • 撮影日によって出演者が異なる場合があります。
  • 見学の際は、係員の指示にしたがってください。
  • 写真撮影・ビデオ撮影は出来ません。また見えにくい場所での撮影もございますので、あらかじめご了承ください。
  • 撮影スケジュールは天候・その他の事由により変更になる場合が多分にありますので、ご注意ください。
  • HPで発表されている情報以上のお問い合わせには応じかねます。


「仮面ライダーオーズ」初のムック本が絶賛発売中!


『仮面ライダーオーズ/OOO
        キャラクターブック Count the medals!』

東京ニュース通信社


出演者の撮りおろし写真と膨大なデータで構成されたまるごと一冊オーズ!
オーズと出演者の魅力満載です!
普段のオーズでは見れない秀くんや三浦くんの別の顔も見れちゃいます。
あなただけのお気に入り写真を探すも良し、熟読してこれまでのオーズを復習するも良し。いろんな楽しみ方ができる一冊です。
是非、ご覧ください。



(文責・武部直美、高橋一浩、石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース