東映ホーム > テレビ > 853 刑事 加茂伸之介 > あらすじ一覧 > 853銀座NOW/100304

テレビ

853銀座NOW/100304

・・・

第7話『花嫁は待っている』&最終話『また逢う日まで!』スタッフ

監督森本浩史
撮影田中勇二  金原美穂 貴志無介
照明東田勇児  池本雄司 尾松聖志
牧野力 五島薫
録音立石良二  西田正広 岡本祐樹
VE木子尚久
美術山下謙爾  菜畠翔
編集米田武朗
助監督山下耕一郎 匂坂力祥
記録永倉美香
整音桜田佳美
音響効果荒木祥貴
VTR編集奥村祐介
装置森勇輔   岡本文彰
装飾長谷川優市呂
持道具佐伯賢治
背景塗装山本久光
建具松田智彰
衣装鈴木澄子 野口藍
スタイリスト笠本ゑり子 斎藤真喜子
美粧山下みどり 谷口由浩
結髪北川真樹子 大森愛子
スチール日浦麻子
演技事務須賀章
進行中森幸介
進行主任田中康太
ラインプロデューサー小山寛史


昨日(3/3)、ノベライズ本発売!!
皆さんお手に取って頂けましたかしら?
S「いやあ、出ましたね。内容に関しては前回お話しした通りなんだけど、寺脇さんの巻末インタビューがこんなに充実した内容になってるとはね」
W「読み応えあり、このドラマに対する思いズッシリ」
S「ちなみに下巻ではオイラとテレ朝のナイーヴ菊池Pが市川さんと対談してます」
W「下巻では真島刑事の人物背景など、これまた劇中で描かれなかった部分にも触れられていて面白い」
S「下巻は4月発売となっておりますので、是非、どーぞー」

寺脇版・遠くへ行きたい?!
S「先日お伝えしたように撮影の方は二月九日に無事終了しましたが、第7話の試写と最終話の試写がそれぞれ先週、今週と京都撮影所でありまして、まあ、我々は当然京都で観るのですがー」
W「そこへフラリと寺脇さん登場! もちろん、お忍びで」
S「曰く“今月はちょっと時間あるし、京都好きだからさあ”とのこと」
W「寺脇さん、撮影の終わったあと“俺も試写を一緒に観たいなあ”とか言ってたんで、ああ、じゃあ観ましょうよとか言ってたんですが、ホントに来てくれるとはね、しかも二週続けて」
S「スタッフもびっくり、こんな主役は初めてや~とか言って、喜んでたわ」
W「京都がほんとに好きになっちゃたみたいですね」
S「でさあ、一昨日の最終話の試写の日なんだけど、寺脇さんと偶然同じ新幹線に乗りあわせたんで、京都についたらタクシーで一緒に撮影所まで行こうと思ってたわけ、そしたら寺脇さんが“時間もあるし嵐電にでも乗ってく?”とか言って、で、嵐電だと京都駅から行くのはめんどいんで、嵯峨野線に乗り換えて太秦まで行きましょうと、“電車でGO”だよまさに」
W「フツーの各駅停車でしょ、それ」
S「そうそう、学生さんとかおばちゃんとかでいっぱい」
W「バレたらどうすんですか?」
S「それがさ、寺脇さんマスク取り出して“これで判んないから大丈夫”とか言って平気で乗っちゃうのよ」
W「ま、平日の昼間にまさか寺脇さんがローカル線に乗ってるとは誰も思わないか」
S「寺脇さん、窓の外見て“ああ、景色いいねえ”とかノンビリしてるし、感じとしては“寺脇康文のぶらり途中下車の旅”とか“遠くへ行きたい”だったね、はは」
W「撮影所で片桐竜次さんとお茶してましたよね」
S「“おみやさん”で片桐さんが京撮に来ててさ、これまたジャージ姿で寛いでる片桐さんが声かけてくれて、三人で喫茶コーナーでまったりとお茶」
W「京都時間を愉しんどるね~」
S「寺脇さんも、ココ数年はホントに忙しかったし、またすぐ忙しくなるし、ちょっとくらいいいじゃないか」
W「寺脇さんはいいけど、アンタはね」
S「はい、自重します」
W「あんたの自重は、仕事しないだけだろ~ッ!」

第7話『花嫁は待っている』
W「さて今週も岩下さんのホンですが」
S「岩下さんが最初のプロット持ってきた時、どうにも上手く成立しない部分がいくつかあって、これは無理なんじゃないか?ということで、別の話にした方がいいのではと思ったんだよ、これ、Pの勘。無理な話ってのは、どれだけ頑張っても無理だったりして、結局、成立しないで終わっちゃう事があるから」
W「そうなると時間だけが無駄になって、そこから別のホンに取りかかるのは厳しい」
S「作家も疲れるしね。だけど岩下さんが“でも、私この話やりたいんです~”と言うので、だったらチャンスをやろうじゃねえーか、ただし24時間以内に問題点を直せなかったら違う話で行くぜ~と」
W「鬼…」
S「だって、時放送日は決まってるし、判断を誤ると大変なことになる。ホンが遅れて困るスタッフの事考えるからこっちも真剣ですよ」
W「おっしゃる通りですが」
S「ところがね、ホントに24時間以内に問題点を解消して来たんだよ、しかも俄然面白くなってきた」
W「根性ありますよねえ、岩下さん」
S「あるねえ」
W「そんな岩下悠子、血と汗と涙で描いた魂の一作、乞うご期待!!」
S「それと先々週かな、櫻井さんのことを書いたら、さっそく何名かの方から“温かい励ましのメール”(笑)を頂きました、櫻井さんの方にはまとめてお渡ししますので、どうぞご安心下さい」
W「それから、今週の写真は、最終回の森本組の撮影の際、歩道橋の下で雪待ちしている寺脇さんと、歩道橋の上で待っている撮影隊の面々です」
S「寒い日だったねえ、雪が降ったり止んだりで」
W「十年前の重要なシーンで」
S「待機してたら近所の子が来て、寺脇さんに“ああ、モジャリーノやッ”とか言ったりして笑ったわ」
W「でも、あの子、毎週観てくれてて“確か先週は4話やったなあ”とか(笑)」
S「しかもお父さんは警官で一緒に観てるとか、ホントかなあ?」
W「そんなチビッコにも大ウケのモジャリーノ加茂ちゃんも残すところあと二回」
S「どうぞ、お見逃しなく!!」

毎回メールありがとうございます。ちゃんと目を通してますよん。
質問には出来るだけお答えしたいのですが、制作会社のプロデューサー判断だけではお答え出来ないモノもあり…そのあたり、どうぞお察し下さいませ。
それと各回のストーリーに即した素敵なイラストをハガキで送ってくれる、広島のKさん、いつも本当にありがとう! 励みとなりましたよ~。
そんなわけで、また来週…え、もしかして来週最後、かな?

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース