東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーウィザード > あらすじ一覧 > 第6話「キレイな花には」

テレビ

第6話「キレイな花には」

2012年10月7日O.A.

EPISODE GUIDE


ドーナツ屋「はんぐり~」で一休みする晴人に、ドーナツを持ってくるいつもの店員さん。なぜかその腕には大量のパワーストーンがじゃらじゃら、と。店長いわく、好きな女の子から買ったらしいが、ちょっと、つけすぎじゃない?
一方、面影堂では、瞬平くんが世界中の愛の言葉を呟いている。どうやら、素敵な女の子からの紹介で、外国語の教材を山のように購入したみたい。呆れるコヨミの後ろでは、骨董品の買い取りに行くついでに、魔宝石の指輪をプレゼントしようと浮かれている輪島さんが… って魔法石! 吃驚して取り返そうとするコヨミだが…
そして、公園のオープンカフェ。男たちの視線を一身に浴びる美女・愛美と、ちょっとうだつの上がらない感じの男・山形がデート真っ最中。そこにファントム・ノームが現れて…

ということで、瞬平、輪島さん、ドーナツ屋の店員さん、それぞれ素敵な女性と恋に落ちた模様です。俺も出会いが欲しいな、とドーナツを手にする晴人の前に現れるのは、ファントム・ノーム。土の中を潜って移動できるノームは意外に手ごわい相手かも。そんなノームに襲われていたのは、超美人の愛美さんと、うだつの上がらない感じの山形さんという、異彩のカップル。果たしてどちらがゲートなのでしょう? そして、これは晴人にとって新たな出会いなのか? 

10月に入って、ウィザードも3組目。今回、登板頂くのは舞原賢三監督です。初めてお仕事を一緒にしたのは10年くらい前なのですが、その頃から全く変わらない、熱い熱い魂が沸騰して溢れだす演技指導。カメラから離れた場所で無線を使って指示をする監督が多いなか、カメラの脇に陣取って檄を飛ばす舞原監督の姿は、とても恰好いいです。
今回、晴人が出会う絶世の美女・愛美に松本若菜さんをお迎えして、恋に浮かれた(?)レギュラー陣を、ある時は色鮮やかに、ある時は… と描いて頂いております。是非是非お楽しみに。


(文責・宇都宮 孝明)



脚本 香村純子   監督 舞原賢三

CAST INFORMATION

【川崎愛美・役 松本若菜】



『仮面ライダー電王』で野上愛理の役を演じていたことでお馴染の松本若菜さん。今回はほんわか優しいお姉さんのイメージとはガラッと変わり、すれ違う男たちが皆振り返るほどの美貌の持ち主で、頭も良く打算的、こわ〜い女性を演じます。皆さんもテレビの前で見とれてしまうこと間違いなし!?の魅惑の演技にご期待ください。



【山形耕一・役 高橋良輔】



冴えない男、山形耕一を演じるのは、高橋良輔さんです。舞原監督とは『超星艦隊セイザーX』の時以来、6年ぶりの再会だったそうです。とっても良い人なのに自分に自信が持てない山形さんは、それでも自分に良くしてくれる愛美に好意を持ってしまい、翻弄されます。そんな悲惨で悲しい役を高橋さんがコミカルに重すぎず軽すぎず絶妙に演じています。



【ソムリエ・役 かなやす慶行】



地下の暗いワインバーで怪しく赤ワインをたしなむ男。演じているのはかなやす慶行さんです。ワインのウンチクを語る姿、決まってますねぇ。大人な雰囲気、ダンディな趣き、けれどもその正体は?愛美と山形さんの物語に、このソムリエがどんな関わり方をしてくるのか、必見です。



(文責:高橋勇樹)




【5話メイキング】



鏡割り


う、う、う

うりゃっ


高木君の部屋。
感情にまかせて鏡を倒し割るシーン。
意外とこのシーン、何テイクもかかりました……鏡がなかなか割れなくて。
どんな風に倒せば割れるか試行錯誤の高木・役、佐藤永典さんでした。

残念ながらお蔵入りとなってしまいましたが、この後、割れた鏡に映る凛子、というカッコ良いカットがありまして、諸田監督は撮影しながら「刑事ドラマっぽいなぁ」とボソリ。
凛子が主役の刑事ドラマも案外見てみたいかも!?



水浸り



8月某日。
サンサンと降り注ぐ太陽の光。
THE 夏!
みんなで海辺にやってきました。


と、いうのも、
先週の放送で、見事に池に落ちた戸塚さんに続き、


映像だけ見ていたら
「待てよ、待てったら」「離してっ」とトレンディドラマを彷彿とさせるシーンからの


白石さんと奥仲さん2人仲良く海に浸るシーンの撮影をするためです。

諸田監督お得意の水落ちに続いて、水浸り?
暑い日で良かったね。

ふぅい。



(文責:高橋勇樹)


猛烈な暑さ


今回も水の中に、、、、、、
改めて申し上げます。
諸田監督の粋な計らいです!


でもその分、晴人のセリフ、コヨミの表情がさらに印象に残るシーンになりました。(4話の瞬平のビックリ仰天→足を滑らして→ドボンも鮮烈でしたけど、、、、、念のため)。
奥仲ちゃんにとってはパイロットとは違い芝居場の連続で体力的にも精神的にも厳しかったと思いますが、頑張りぬいてくれました。

さて、6、7話は舞原組です。
ライダーはオーズ以来約1年振りの舞原監督。
超電王トリロジー以来(といってもあの時はミルクディッパーだけ)の松本若菜さん、セイザーX以来の高橋良輔さん、セーラームーン以来となるカメラマンの小林元さんと監督ゆかりの方々が多く、気合い十分!毎朝、全キャストとハイタッチして、撮影に臨んでいました。
記録的猛暑だった今夏を、さらにさらに熱くしてくれました(悪い意味ではないですよー)。

今回の物語を2時間ドラマに近いと評した監督。
なるほど、確かにそう言われればそんな気もしますね。
コヨミ、瞬平、凛子、そして勿論晴人も新しい一面を見せてくれてますし、見所ばかりです!

それにしても、若菜さん相変わらず、お綺麗ですね。
スチールさんもいつも以上に張り切って、撮影してました。


(文責:石川啓)






出版情報



10月3日発売
『CAST-PRIX ZERO vol.025』



今、旬の特撮ヒーロー&若手俳優をフィーチャーするCAST-PRIX ZERO。
10月3日発売の表紙&巻頭特集は『仮面ライダーウィザード』! 
操真晴人役白石隼也さん&奈良瞬平役戸塚純貴さんの素顔に迫る、1問1答インタビュー、さらに2人の対談をお届けします!
対談は、2人ならではの雰囲気感じられる、楽しいトークを展開していますよ!
お見逃しなく!







10月1日発売
『宇宙船vol.138』
1800円(税込) ホビージャパン



仮面ライダーウィザード大特集号!

[巻頭グラビア] DETAIL OF HEROES 仮面ライダーウィザード
ウィザードの基本4スタイル、フレイムスタイル、ウォータースタイル、ハリケーンスタイル、ランドスタイルを撮り下ろし。
ウィザードの勇姿、マスクやボディーのすみずみまでを見ることができます!

[キャストインタビュー]
白石隼也 インタビュー
戸塚純貴 インタビュー

[スタッフインタビュー]
宇都宮孝明プロデューサー インタビュー
きだつよし(メインライター) インタビュー





10月1日発売
ヒーロー&おもちゃ情報誌
『ハイパーホビー11月号』(徳間書店)



『仮面ライダーウィザード』のメインキャスト5人にインタビューを敢行! 放送スタートしてから1カ月を経て、それぞれの作品に対する思いを聞いてみました!! モチーフである指輪にまつわるエトセトラも!? さらにウィザードの新スタイルや新商品もバッチリ紹介してます!!

●メインキャストインタビュー
操真晴人役・白石隼也さん、コヨミ役・奥仲麻琴さん、奈良瞬平役・戸塚純貴さん、大門凛子役・高山侑子さん、輪島繁役・小倉久寛さんによる5つの思いを一挙掲載!!


●and more……
『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』の特報も!!!



(文責:石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース