東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーW(ダブル) > あらすじ一覧 > 第43話 「Oの連鎖/老人探偵」

テレビ

第43話 「Oの連鎖/老人探偵」

2010年7月18日O.A.

Episode Guide

「今度ばかりはあなた達から頼むことになるわ。
究極のダブルになりたいと」


依頼人・後藤良枝が連れてきた老婆は、
一晩で老人になってしまった10歳の娘だった。
児童劇団の舞台主役に決まっていたという少女みゆに一体何が起きたのか?

そして調査を始めた翔太郎たちは「ふけさせ屋」を名乗る占い師の噂を聞く。

やがて事件の陰に見え隠れするのは、あの謎の女―――シュラウド。
奇妙な老化事件の裏に隠された愛憎劇、その幕が今開く。






翔太郎がお爺ちゃんになっちゃった!
フィリップと竜は
サイクロンアクセルエクストリーム!?


闇稼業。
そんなものあるんですね。
恨んでいる相手を老人にしてくれる、その名も「ふけさせ屋」。

そうか、僕が最近モノ忘れが多くなったのは、誰かがふけさせ屋を雇ったに違いない。
だからアイテムの名前やら技の名前がなかなかパッと出てこないんだな。
プリズムビッカーとか、ビッカーファイナリュージョンとか、ビッカーチャージブレイクとか。
そうかあ、ドーパントの仕業だったかあ。
って、違うか!
これは自然な老化現象か!

はい。「老人化させる」能力のドーパントが登場です。
40話台に突入してドーパントもいよいよ一筋縄ではいかない相手になってきましたね。
前回のジュエルも相当手強かったですが、今回の敵も曲者で、しかも強敵です。
あのテラーに似た種類のドーパントだというのですから!
かつてないピンチが主人公たちを襲います。
追いこまれた彼らは?

ドラマは急展開。
竜の意外な秘密、そしてシュラウドが隠していた真実が明らかになります!
『仮面ライダーW』クライマックスがここからグングン加速していきますので、
振り切られないようについて来て下さい!

次回、衝撃のエピソード「Oの連鎖」。
お見逃しなく!





 脚本:長谷川圭一  監督:坂本浩一

今回の依頼

依頼人・後藤良枝
美人なお母さん。
娘は世界でただひとつの宝物だと言い切ります。
同行したのはお母さんのお母さん
=おばあちゃんかと思いきや、
「もう帰ろうよ、ママ」
えーっ? 逆じゃね!?
このおばあちゃんが娘なの?
「みゆに何が起きたのか調べて下さい」
みゆちゃんは10歳。
それがたった一晩で老人になったとのこと。
恐ろしい災難に巻き込まれたものです。
「元の可愛い娘に戻したいんです!」
そりゃそうでしょうとも!


(文責・塚田英明)



泪・智・上杉の過去

刃野とは昔なじみだったという3人。どうやら刃野も手に負えないような悪ガキ達だったようです。その喧嘩のシーン。本編では短いシーンでしたが、実際には割とじっくりたっぷりとカメラを回したところでもあります。

悪ガキ時代の3人と相対するのは、、、
我らが誇る筋肉自慢、ジャパンアクションエンタープライズのみなさん。

お互い睨み合って、はっけよーい・・・のこった!

まずは上杉演じる河合君。
意外と武闘派。
回し蹴りに
しょ、昇龍拳!?笑
とんでもないキックまで繰り出してます。

次に泪演じる奥村さん。
これまた豪快な連続技を披露。もうぼっこぼこです。

最後に智演じる小谷君。
智はどうみても喧嘩などしない優しそうな雰囲気の青年だと思っていたのですが。。。
高校時代の彼、確実に見た目は一番怖いです。

3人も何かを吐き出すように、躍動感あふれる立派な喧嘩をしてました。なかなか日常生活ではできないことですからね。非日常の体現。役者さんの特権でもあります。


若菜が地球の本棚に Vol.2

先々週の終盤より出没しています。地球の本棚内での若菜の行動は回を重ねるたびにエスカレートしていくばかりです。今週はついに、クレイドールに変身しちゃいました。
悪い笑みを浮かべながら変身、城島泪をも凌駕する勢いでフィリップを踏みつけます。

回し蹴りにかかと落としの要素を加えた、斬新な蹴りからの踏みつけ技ですな。
これで宙に浮いて、飛び道具として光弾が出せて、さらに再生能力があり、より強力なエクストリーム形態が存在する。クレイドールはまさしく非の打ちどころなく最強のメモリのようです、はい。
しかし、そんなクレイドールと対峙しても嘲笑うかのようにかいくぐるのが我らが天才、フィリップ君。あえてシンクロ率50%に自らをコントロールして、クレイドールの体をすり抜けるシーンでは、吊りからの豪快なジャンプに挑戦。
そして何ごともなかったかのようにジュエルの本を閲覧。涼しい顔してます。
写真から腰と靴、2ヵ所にピアノ線を固定して菅田君の体を吊っているのがわかりますね。ちなみにこの状態、割と不安定なんです。静止状態を保つにはそれなりの力やバランスが必要だったりするのですよ~


いざ、海へ~フェリーロケ敢行!

行ってきました、2泊3日のフェリーロケ!
大洗-苫小牧の間を運航する【さんふらわあ号】にお邪魔して、深夜25時大洗から出航、次の日の19時に苫小牧に到着。息つく間もなくその日の25時に苫小牧出航、次の日の19時大洗という強行日程でしたが結論からいえば撮影は順調、風は強かったものの、天気に恵まれ非常に楽しいロケとなりました。

海をバックにすると、やはりスケール感があります。
そして何だか、開放的になるようです。
操縦室にもご招待いただきました。

脚本作成の段階で今回は謎解きをしっかりやろうと決めていました。
「土曜ワイド劇場みたいに謎解きに印象的な画が欲しいよね」
「例えば崖とか?」
「そうそう、海が見えるところがいいよね、港とか。」
「船とか?」
「・・・・船ね(にやり)」

後はもう想像が膨らむばかり。脚本の稿を重ねていく中で、内容や人物像などに関して、生まれては消えてゆくアイディアは多数ありましたが、ついぞラストの見せ場がフェリーの甲板デッキであることは不変でした。かくして仮面ライダーシリーズでは久々のフェリーロケが実現したのです。
修学旅行や合宿をへて、より絆が強まったりということはよくある話ですが、宿泊ロケも同様です。キャスト、スタッフ含め今回のロケで結束力はより一層強くなったように思います。この調子でこれからも仮面ライダーW、振り切るぜ!!


それではみなさん、来週もお楽しみにっ!!



上杉誠役/河合龍之介さん

今回は風都NO.1カリスマイケメンモデルで優しい好青年、かと思いきや実は・・・という二面性のある役を好演していただきました。船上での凶悪な側面と、それまでの優男とのギャップが事件物としての今回の物語を支えてくれてます。


武田智役/小谷幸弘さん

上杉の嫉妬により宝石に姿を変えられてしまう不運の男、武田智を演じていただきました。「そういうキャラの奴、得意です!」と自信満々に宣言し、「俺は『泪!』のセリフに全てを賭けます!」と言う男気のある方でした。秋には国信慶時役で御出演されていた『バトル・ロワイアル』が3Dになってスクリーンで蘇ります。そちらもお楽しみに!


(文責・望月卓)

仮面ライダー海を渡る!! 
仮面ライダーエターナル、LAデビュー!?

7月3日(現地時間)、仮面ライダーエターナルが昨年マイケル・ジャクソンの追悼式も行われたLA最大の劇場ノキアシアターのステージに立ちました。

アメリカ・ロサンゼルスのLAコンベンションセンター+L.A.LIVEで7月1日〜7月4日に開催された北米最大のジャパンカルチャーコンベンション「Anime Expo2010」の3日目、SOPHIAが初の米国ライブを行い、エターナルが飛び入り参加しました。

SOPHIAのライブのL.A.でのラストソング「little cloud」にNEVERの衣装を身にまとった松岡充さん登場が登場!
「僕にはもう一つの顔があります。それは、仮面ライダー!」
曲が始まるとともに会場では仮面ライダーエターナルの変身シーンなど日本未公開の超プレミア映像が流れどよめく観客。

そして曲の途中でステージが突然暗転。
明るくなると共に現れたエターナルに会場は一気にヒートアップ!
そのまま「little cloud」を熱唱し最後はライダーキックで締めると会場は大歓声に包まれました。
事前告知一切なし、米国でのサプライズ登場にSOPHIAファンやアメリカの観客に受け入れられるかどうか当日まで不安でしたが、言葉や文化の壁、国境を越え大熱狂のうちに終わりました。

普段アンコールをほとんどしないSOPHIAがアンコール曲をやるのも異例であれば、そこに仮面ライダーが登場するのも異例中の異例、初めてのこと。また日本のお客さんにお披露目する前に海外でお披露目するのも初めての試み。
普通に考えれば不可能なことが出来たのはひとえに松岡さんの“仮面ライダー愛”故です。
劇場版のクランクイン前、松岡さんの
「仮面ライダーをL.A.に連れて行きませんか?」
という一言から始まり3ヶ月。松岡さんの熱い想いに支えられ極秘裏に進めてきたプロジェクトの一つでした。

聞くところによると4日のクロージングで開催期間中の各出演者の活躍映像が流れた際に仮面ライダーエターナルの映像が流れ、しかもどの出演者よりも長く紹介されていたとのこと。

これからもKAMEN RIDERは世界に羽ばたきます!!


会場でSOPHIAのバンドメンバーとお客さんと

サイクロンジョーカーも温かく受け入れられました。

映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」の公式HPは
http://www.w-gosei.com/
(文責・高橋一浩)

神戸文化ホール・中野サンプラザホール
「仮面ライダーW(ダブル) ファイナルステージ & 番組キャストトークショー」

第二部の「番組キャストトークショー」の追加出演者が続々決定!!

園咲琉兵衛役の寺田農さんはじめ豪華出演者が日替わりで登場。

物語の行方も見逃せないけど、個性豊かな出演者のトークも見逃せない!

<第2部出演予定キャスト(敬称略)>
8/29(日) 神戸文化ホール
桐山漣  (仮面ライダーW(ダブル)/左翔太郎役)
菅田将暉 (仮面ライダーW(ダブル)/フィリップ役)
山本ひかる(鳴海亜樹子役)
木ノ本嶺浩(仮面ライダーアクセル/照井竜役)
生井亜実 (タブー・ドーパント/園咲冴子役)
飛鳥凛  (クレイドール・ドーパント/園咲若菜役)
寺田農  (テラー・ドーパント/園咲琉兵衛役)

9/4(土) 中野サンプラザホール1日目
桐山漣  (仮面ライダーW(ダブル)/左翔太郎役)
菅田将暉 (仮面ライダーW(ダブル)/フィリップ役)
山本ひかる(鳴海亜樹子役)
木ノ本嶺浩(仮面ライダーアクセル/照井竜役)
生井亜実 (タブー・ドーパント/園咲冴子役)
飛鳥凛  (クレイドール・ドーパント/園咲若菜役)
腹筋善之介(サンタちゃん役)
なだぎ武(ザ・プラン9)(刃野幹夫役)

9/5(日) 中野サンプラザホール2日目
桐山漣  (仮面ライダーW(ダブル)/左翔太郎役)
菅田将暉 (仮面ライダーW(ダブル)/フィリップ役)
山本ひかる(鳴海亜樹子役)
木ノ本嶺浩(仮面ライダーアクセル/照井竜役)
生井亜実 (タブー・ドーパント/園咲冴子役)
飛鳥凛  (クレイドール・ドーパント/園咲若菜役)
なすび  (ウォッチャマン役)
コン・テユ(加頭 順役)
※すべて予定

e+(イープラス)、LAWSON店内 端末「Loppi」にて7月25日(日)10:00から チケット一般発売開始! イベントの詳細はイベントHP
兵庫・神戸会場 http://www.toei.co.jp/event/show/wfainalkobe.html
東京・中野会場 http://www.toei.co.jp/event/show/wfainalnakano.html
このWのフィナーレを絶対に見逃すな!



「てれびくん」応募者全員サービス
『仮面ライダーW 超(ハイパー)バトルDVD』

 風都の名物・風麺の屋台が、ナゾの丼(どんぶり)ドーパントに襲われた!! 
この事件を解明するため、鳴海探偵事務所の面々は、なぜか料理バトルで捜査開始!?
 はたして、丼の正体とは、そして恐るべきパワーのひみつとは・・・!? 
このDVDでしか見られないスペシャルバトルの数々を、ぜひお楽しみ下さい!!

現在発売中の「てれびくん」8月号にて、募集受付中!

さらに、8月号本誌にも、ガイアメモリのひみつがバッチリわかるスペシャルDVDふろくがついてます。DVD2枚で、まさにWの楽しさ!!

★応ぼ者全員サービス「仮面ライダーW 超バトルDVD」
 :スペシャルレシピカード3枚つき、特製風都封筒に入れてお届けします!
  1250円(税込み・送料込み)
 ※料金お支払いの際に、振り込み手数料120円(郵便局窓口)または、80円(郵便局ATM)が別にかかります。

★「てれびくん」8月号は、特別価格720円(税込み)で、大好評発売中。
 :スペシャルDVDふろく「ガイアメモリ大図鑑」&ミニブックつき

(文責・小学館「てれびくん」編集部)

「ネット版 仮面ライダーダブル FOREVER AtoZで爆笑26連発」
7月16日(金)より配信開始!

いよいよ7月16日(金)から「ネット版 仮面ライダーダブル FOREVER AtoZで爆笑26連発」が配信開始されます。(一週間毎に5本更新、最終週は1本のみ更新)

現在、PRを無料配信中ですが、なかなかの評判です。特に各話の最後につく4秒予告をAからZまでつなげたものは、かなりの視聴数になってます。その予告編集はこちらでご覧いただけます!
http://www.tokusatsu.jp/rider_w_netmovie/

さてさて、気になる第一回配信開始の5本をご紹介します。

「所長A/パパッと止めるタイマー」
~シュラウドの私が仮面ライダーアカデミーを
開いたら・・・生徒亜樹子~
「博士がよろこぶB/今、モグモグの中で」
~刃野博士と真倉助手の
ガイアメモリ研究所~
トライアルメモリのカウンターがゾロ目になると何が起きる? おいしいメモリを開発?TV未公開映像も見られます!
「Cな妹/ミステリー・クレイドール」
~霧彦の部屋 THE トークリベンジ~
「Mに手を出すわ/お絵かきで勝負」
~絵心バトル IN 鳴海探偵事務所~
若菜はメタボ?素敵なドレスにも注目です。 新「画伯」誕生!
爆笑必至なので視聴する場所にはご注意を。
「口直しにLを/変わり種はおまえだ」
~ドーパント開業医・井坂深紅郎~
 
 
井坂先生が嘘つきドーパントを診察していると・・・  

以上、テレビでは絶対に見られない仮面ライダーWをお楽しみください!
配信サイト一覧は公式サイトをご確認ください。
【東映特撮BB】 http://www.tokusatsu.jp/rider_w_netmovie/
(文責・黒澤祐介)

WWは今週も更新!お聞き逃しなく!


http://windwave.jp/


(監修・塚田英明)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース