東映ホーム > テレビ > 侍戦隊シンケンジャー > あらすじ一覧 > 第四十二幕 二百年野望

テレビ

第四十二幕 二百年野望

2009年12月13日O.A.

あらすじ

二度も同じ場所に外道衆が現れたことを不審に思った彦馬は、丈瑠たちを集め、地図を広げる。そこで、改めてアクマロが絡んでいた場所を繋ぐと… なんと日本が真っ二つに。これは偶然か?
アクマロの異常なまでの「あの世」への執着を聞き、シタリはその真意に気付く。しかし、その術は外道衆でも人間でも不可能なはずなのだが…

 脚本:小林靖子  監督:竹本 昇

みどころ

この世とあの世の隙間=三途の川で生きることも死ぬことも叶わず、この世に執着し、人間にまとわりつく外道衆。まったく困った存在なのですが、アクマロが執着していたのはこの世ではなくあの世。なんと、あの世を見るために、この世を裏返してあの世を出現させようとしている! この世は勿論、三途の川まで消滅しかねない禁断の術「裏見がんどう返し」を仕掛けるアクマロに、シタリすら戦慄します。まさに「困った存在」のなかでも「困った存在」、もう、滅茶苦茶です。
しかし「裏見がんどう返し」は外道衆でも、人間でも不可能なはず? いや、可能な者が、外道衆でも人間でもない者が一人… でも、その男、アクマロに勝るとも劣らぬ「困った存在」ですが…
二百年の野望を叶えんとするアクマロ。果たしてシンケンジャーは止めることができるのでしょうか?



渡辺組メイキング

竹内さんが直接の剣技指導 味はやっぱり普通です この後、皆からドウコク倒せるんですか?と訊かれっぱなし。さあ、どうしよう(^^;
姉の手紙 渡辺演出の本領発揮 クレーンで吊ってぶん回す
おまけ…
三味線指導 編物指導


スーパー戦隊祭 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!

正反対。そんな言葉が似合うシンケンジャーとゴーオンジャー。その象徴はやはり、レッド同士、丈瑠と走輔です。
ミスター泰然自若の丈瑠と猪突猛進を地で行く走輔。「ガイアーク(外道衆)が現れた」→「よし、力を合わせて」と行くわけもなく、すがすがしいほどに相容れません。彦馬さんやボンパーが仲を取り持とうと腐心したところで、全く聞く耳持たない二人。ただ、相性最悪でありながら、似ている部分もあるわけで、その辺りを一番分かっているのは古原君と松坂君のです。お互い、レッドという大役を1年間張ってきたのですから。
走輔は助けたいがために情熱的で、丈瑠も守るために冷静で、だからこそ互いに譲れません。今回がっぷりよつの芝居です。両雄並び立った瞬間は、息を飲むほどの迫力があります。スクリーンであれば尚のこと。是非劇場でご覧ください。



(文責:宇都宮孝明、石川啓)

リンク

志葉丈瑠 松坂桃李
池波流ノ介 相葉弘樹
白石茉子 高梨臨
谷千明 鈴木勝吾
花織ことは 森田涼花
梅盛源太 相馬圭祐
日下部彦馬 伊吹吾郎
血祭ドウコクの声 西凜太朗
薄皮太夫の声 朴璐美
骨のシタリの声 チョー
筋殻アクマロの声 堀川りょう
腑破十臓 唐橋 充
ダイゴヨウの声 遠近孝一
ナレーション 宮田浩徳

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース