TV

騎士竜戦隊リュウソウジャー

DATA
2019年3月17日~2020年3月1日放送
放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

最終話 地球の意思
2020年3月1日放送

迷いを振り切り、騎士竜と持てるすべてのソウルをかけてエラスに立ち向かうリュウソウジャー。
地球の意思をうたうエラスとリュウソウジャーがたどり着く結末とは―――!?

いくぞ!これが俺たちの騎士道だ!!
 
 
脚本 山岡潤平
 
監督 上堀内佳寿也



〇 ソウルをひとつに

リュウソウジャーの物語が始まってからの1年間、コウをはじめリュウソウジャーのみんなが言い続けてきた言葉「ソウルをひとつに」。
この言葉を胸に、彼らはどんな困難に直面してもくじけずに前進してきました。

エラスの力により存在意義を見失いそうになっても、仲間と共に立ち上がることができた彼らなら
最終決戦で“どんなことが起きても”きっと明るく強く彼らの騎士道を貫いてくれることでしょう。

一ノ瀬君、綱君、尾碕さん、小原君、岸田君、兵頭君それぞれが六者六様にいい表情ですばらしいお芝居を見せてくれました。
キャラクターと同様に役者としても1年間もがき続けた軌跡と集大成を、
そしてすべてのスタッフがソウルをひとつにして作り上げた
スーパー戦隊らしくもスーパー戦隊らしからぬ、それでいてリュウソウジャーらしい衝撃の結末をぜひお楽しみにしてください。



47話「幸福と絶望の間で」 。ご視聴ありがとうございました。

リュウソウジャーキャストたちによる魂のこもった演技はいかがでしたでしょうか。

戦いを嫌っていた海のリュウソウ族の末裔であるカナロだからこそ、
エラスが創る幸福な世界を目の当たりにして、闘ってきた意義を見失い心が折れそうになってしまいました。
43話で同じく海のリュウソウ族であるオトちゃんがメルトたちに「戦わずに逃げましょう」と言っていたのも、
今回のカナロの心情へとつながる展開だったのかもしれません。

台本でこのカナロの新しい一面を読んだときに「カナロがこんなことを言うんだ!」と驚きを感じたという兵頭君。
しかしそれが逆にお芝居へのモチベーションを跳ね上げたようで、
改めてキャラクターのバックボーンを深く考え、今までの行動や気持ちの経過を丁寧に追って、四六時中何度も何度も台本を読み、
兵頭君の中でカナロの気持ちに決着をつけて現場で爆発させてくれたのでした。

兵頭君が誰よりも深く考えて、自分自身で納得して気持ちを組み上げて演じてくれたからこそ、
見ていた視聴者の皆さんの心に訴えかけるものになったのだと思います。

そして兵頭君が中途半端なお芝居をしなかったからこそ、
それを受けた尾碕さんのお芝居も負けずに熱のこもった迫力のあるものになりました。
いつも元気で笑顔を絶やさなかったアスナが、
いろんな気持ちに負けそうになってしまうも涙ながらに、それでいて力強く仲間の大切さや前向きに生きることを伝える姿は
スーパー戦隊史でも屈指の名シーンになったのではないでしょうか。

リュウソウジャーの後半に差し掛かってからの撮影では役者同士の現場の温度感、現場で生まれるものを大事にしたいということで
セリフを覚えたら必要以上に台本を見返しまくるということはあえてしない、と話していた尾碕さんなのですが
今回の話に関しては、もう大丈夫!と思って布団に入っても、アスナの心情が気になり何度も起きて台本を読み返したそうです。
彼女も現場以外で“アスナ”が抜けなくなるほど台本を読みこんで本番の撮影で気持ちをぶつけ、最高のお芝居を見せてくれました。

そんなアスナの言葉に気づきなおし、「失敗しても逃げずに、仲間と一緒に立ち上がるんだ」と決意するヒーローたちも負けず劣らずめちゃくちゃかっこよかったです。


さて、エラスによって見せられていた幸福な夢がありましたね。
その夢の中には自分以外に仲間はおらず……でしたが、カナロとアスナの心の叫びを描いていた上記のシーンの中で、
仲間がいるバージョンのイメージ、つまりリュウソウジャーたちにとって本当の幸福のイメージが挟み込まれていました。
台本にはエラスが見せる平和な世界で違和感を覚える、という描写まではあったのですが、
上堀内監督の演出で後々のシーンに差し込む用に、実際に仲間たちがいて消えていくイメージを撮影しました。

アスナの話すセリフのタイミングで映像が入り、言葉だけでなくビジュアル的にも
より鮮烈に仲間のいない違和感や寂しさというのが伝わったのではないかと思います。


ラストカット、ついに揃った6人全員が強竜装をして並び立つ姿もかっこよかったですね。
47話のラストはこれ!と夏の時期から企画チームとして決めていたカットですが、
さらに騎士竜たちも集まって超絶かっこいい、壮観な映像になっておりました。
全員が最強フォームになり、泣いても笑ってもいよいよ次週が決着のときです!

次の展開がまったく予想できないことに定評のあるリュウソウジャーですが
ここまでの盛り上げをさらに超えて盛り上がる展開と衝撃の最終回をぜひぜひお楽しみにお待ちください。



◇騎士竜たちと永遠の別れ!?最強の敵を前に試されるそれぞれの正義!!
劇場版「騎士竜戦隊リュウソウジャーvsルパンレンジャーvsパトレンジャー」
絶賛公開中!!

≪ストーリー≫
ギャングラーの残党“ガニマ”により、ティラミーゴたち騎士竜が、金庫に閉じ込められてしまった!。騎士竜を助け出すために、ガニマと戦うリュウソウジャーたち。しかし、金庫に囚われた騎士竜の力を発動したガニマのパワーに圧倒されてしまう。ガニマを追うバンバとトワの前に現れる国際警察の圭一郎。戦いで傷ついたコウに快盗として協力する魁利。囚われた騎士竜たちに危機が迫る中、期せずして出会うことになった3大スーパー戦隊で―――。


騎士竜が奪われるというリュウソウジャー最大のピンチと
そこに大きく関わってくるアルセーヌと快盗、そして警察のその後の姿を描いた
騎士・快盗・警察が入り乱れる熱くクールなバトルを見逃すな!

公式サイトはこちら
 →  super-sentai-vs-2020.jp

出演: 一ノ瀬 颯 綱 啓永 尾碕真花 小原唯和 岸田タツヤ 兵頭功海 田牧そら
    伊藤あさひ 濱 正悟 工藤 遥 / 結木滉星 横山 涼 奥山かずさ 元木聖也
声の出演:釘宮理恵 白石涼子 てらそままさき 竹内良太 
高木渉 草尾毅 M・A・O 大塚明夫
監督:渡辺勝也
脚本:香村純子 荒川稔久
配給:東映
 
 
◇キャラクターソング & サウンドトラック & おはなしCD第3弾   一挙発売!!

■騎士竜戦隊リュウソウジャー キャラクターソングアルバムCD
コウ、メルト、アスナ、トワ、バンバ、カナロのキャラクターソングアルバム。
「エンドレス・ファイヤー」「Merge」「トキメキ☆マイティガール」「疾風のように」「黎明の道」「夢で逢えたら」と
それぞれのキャラクターの個性が光る6曲とオリジナルカラオケを収録した全12曲入り。

(価格:2,500+税)

こちらから視聴もできますよ♪



■騎士竜戦隊リュウソウジャー オリジナル・サウンドトラック ソウルサウンド3
リュウソウジャーのサントラ第三弾が登場。
テレビ本編で流れてるあの曲やあの曲もたくさん収録!
最終話に向かう番組と共に楽しんで欲しい1枚。

(価格:3,000+税)



■コロムビアキッズパック 騎士竜戦隊リュウソウジャー おはなしCD3
大人気おはなしCDの第三弾。
コウたち6人を労ってオトが企画した温泉旅行でリュウソウジャーの疲れを癒すはずが、そこにクレオンが登場して…。
聴いていて笑顔になれる楽しいおはなしを収録!

(価格:2,000+税)

詳しくは日本コロムビア公式サイトまで
https://columbia.jp/ryusoul/



◇シアターGロッソ 第5弾 『Gロッソ、最後の戦い!これが、俺たちの騎士道だ!!』開催決定!!

テレビシリーズに出演中のコウ・メルト・アスナ・トワ・バンバの5人に加えて、ついにカナロも登場する
シアターGロッソの第5弾『Gロッソ、最後の戦い!これが俺たちの騎士道だ!!』の開催が決定!
全公演で素顔の戦士6人が登場し、大活躍!
さらに、不屈のソウルを継承して誕生した最強の騎士・マックスリュウソウレッドに変身し激しい戦いを繰り広げる!
シアターGロッソでしか見ることができない、まさに集大成にふさわしい豪華な内容となっています。
また、ショー終了後には素顔の戦士6人による舞台挨拶も予定しております。
シアターGロッソでリュウソウジャーに会える最後のチャンスです。ぜひ劇場にお越しください!!

<公演日> 2020年 2月23日(日)、24日(月)、29日(土)
3月1日(日)、7日(土)、8(日)、14日(土)、15日(日)
<開演時間>
各日公演回数が異なります(各回約30分)※詳細は公式サイトをご確認ください
5回・・・①10:00 ②11:20 ③13:10 ④14:30 ⑤15:50
6回・・・①9:30  ②10:50 ③12:10 ④14:00 ⑤15:20 ⑥16:40


詳細はこちらから!
 →  https://at-raku.com/hero/



◇『騎士竜戦隊リュウソウジャーファイナルライブツアー2020』チケット発売中!!



2020年3月20日(金・祝)の静岡公演を皮切りに、
全国7都市で実施するショー&トークのライブイベント『騎士竜戦隊リュウソウジャー ファイナルライブツアー2020』

本イベントに追加キャストとして、ナダ/ガイソーグ役を務めた長田成哉(おさだせいや)さんの全公演出演も決定しました!!

テレビシリーズでは、11月放送の第33話で衝撃の最期を遂げ、驚きと悲しみを与えたナダ。
放送後、ネット上には“ナダロス”、“ナダショック”という言葉が溢れ、「不屈の騎士」として
多くのリュウソウジャーファンから愛されていたことを証明しました。
そんなナダが、満を持してファイナルライブツアーの7会場全公演に登場します!
どのような形でリュウソウジャーたちと再び出会うのか、そしてその結末は!?
様々な謎に包まれたオリジナルショーの全貌は、ぜひ全国の会場でお確かめ下さい!
ナダ役を演じる長田成哉さんはもちろん第2部の「騎士竜戦隊リュウソウジャー トーク&ライブ」にも登場。
まさにこのイベントでしか聞けない、リュウソウジャーキャスト“7名”によるトークショーもお楽しみに!
また3月8日(日)テレビ朝日系列にてテレビ放送がスタートする新たなるヒーロー「魔進戦隊キラメイジャー」が
第1部のショーに登場決定!新ヒーローにも会える、盛りだくさんのイベントとなります!


ツアー日程
【静  岡】静岡市民文化会館
 3月20日(金・祝)10:00/12:45/15:30
【札  幌】札幌文化芸術劇場 hitaru
 3月29日(日) 11:30/15:00
【広  島】上野学園ホール
 4月4日(土) 10:30/14:00
【福  岡】福岡サンパレス
 4月5日(日) 12:30/15:30
【仙  台】仙台サンプラザホール
 4月12日(日) 10:00/12:45/15:30
【名古屋】日本特殊陶業市民会館フォレストホール
 4月18日(土) 14:00
 4月19日(日) 10:00/12:45/15:30
【大  阪】オリックス劇場
 4月25日(土) 11:30/15:00
 4月26日(日) 10:00/13:00/16:00

公演内容
【第1部】「騎士竜戦隊リュウソウジャーファイナルライブ」
主役俳優たちを迎えリュウソウジャー最後の戦いを見せる、大迫力のアクションショー!
TVシリーズを手掛けた山岡潤平による完全オリジナルストーリーでお贈りします!
さらに新たなスーパー戦隊「魔進戦隊キラメイジャー」も登場!

【第2部】「騎士竜戦隊リュウソウジャー トーク&ライブ」
騎士竜戦隊リュウソウジャー主役俳優7名によるトークショーと、素敵なプレゼントが当たるお楽しみ抽選会!
ゲストアーティストによるTV主題歌や、俳優陣によるキャラクターソングを披露するスペシャルライブも!



チケット料金
全席指定 ¥5,000(税込)
※3歳以上有料。3歳未満膝上鑑賞無料。但し、お席が必要な場合は有料

チケット発売
2020年1月26日(日)AM9:30~ チケット一般販売
≪チケットに関するお問合せ≫ ※全国共通
ローソンチケット 0570-000-777(10:00~18:00)
【チケット購入・公演の詳細はこちら】
ローソンチケット イベント特設サイト
https://l-tike.com/event/ryusoul-final/



最新のキービジュアルはこちら!!



◇TVシリーズBDCOLLECTION 2 好評発売中!!

2020年2月5日(水)に「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のBlu-rayCOLLECTION2が発売となりました。
COLLECTION2には第17話から32話を収録。初回限定特典には解説書(12P)を封入。
そしてリュウソウキャストが様々な企画に力を合わせて挑戦する映像特典の“ソウルを
ひとつに!リュウソウチャレンジ!”では
ティラミーゴチームとモサレックスチームに分かれて【最強のおもてなし料理対決編】が実現。
マスターピンク役の沢井美優とフードスタイリストのあずままちこを特別ゲスト審査員に、そして宮島咲良を司会に迎えて、
料理初心者のリュウソウキャストたちのプライドをかけたガチバトルが繰り広げられます!
その他、キャスト座談会やノンスーパーED、データ&デザイン画ファイルなどを収録し
ております。


商品情報はこちら

https://www.toei-video.co.jp/special/ryusoulger/#BSTD09776

(文責・土井健生)



〇今週紹介する「ケボーンダンス!!」はこちら!


コラボのケボーンダンスの際にいつも踊ってくれたお二人ですが、二人だけで踊るのは今回が初めて。縦横無尽に繰り広げられる二人の個性が爆発しております。

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
勇猛の騎士 リュウソウレッド/コウ:一ノ瀬颯

叡智の騎士 リュウソウブルー/メルト:綱啓永

剛健の騎士 リュウソウピンク/アスナ:尾碕真花

疾風の騎士 リュウソウグリーン/トワ:小原唯和

威風の騎士 リュウソウブラック/バンバ:岸田タツヤ

栄光の騎士 リュウソウゴールド/カナロ:兵頭功海


龍井うい:金城茉奈

オト:田牧そら

龍井尚久:吹越満



【声の出演】
ティラミーゴ:てらそままさき

ディメボルケーノ:高木渉

モサレックス:竹内良太

チビガル―:M・A・O

クレオン:白石涼子

ワイズルー:緑川光

ガチレウス:稲田徹

STAFF
【プロデューサー】井上千尋  島川博篤(テレビ朝日) 丸山真哉(東映) 高橋一浩(東映) 菅野あゆみ

【原作】 八手三郎

【脚本】山岡潤平 荒川稔久 下亜友美 金子香緒里 たかひろや

【音楽】𠮷川清之

【監督】上堀内佳寿也 中澤祥次郎 渡辺勝也 坂本浩一 柏木宏紀 加藤弘之

【アクション監督】福沢博文

【特撮監督】佛田 洋

【制作】テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2019 テレビ朝日・東映AG・東映