TV

騎士竜戦隊リュウソウジャー

DATA
2019年3月17日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

第27話 天下無双の拳
2019年9月22日放送

ナダが持っていた地図を頼りに新たな騎士竜を探すコウたち。
神殿で見つけたのはカンガルーのような姿の騎士竜、パキガルーであった。
パキガルーの子ども騎士竜・チビガル―を探しだし封印をといてほしいと頼まれたコウたち。
しかしリュウソウジャーたちの前に現れたのは、深海で倒したはずのガチレウス!!
ガチレウスとマイナソーの反撃にコウはチビガル―と共に生き埋めになってしまい――――。
 
 
脚本 山岡潤平
 
監督 柏木宏紀

〇 親子騎士竜・パキガルー・チビガル―爆誕!!

次回から登場する騎士竜・パキガルーとチビガル―。
騎士竜の中では最強かもしれないと謳われるほどの実力の持ち主だとか!?(ティラミーゴ談)
見た目はなんとカンガルーのような姿で、両手にはグローブ!そしてなんといっても親と子どもの騎士竜!! 
ということで、もうすでにユニークなキャラクターになりそうな気配がプンプンします。

そんな騎士竜の子どものチビガル―の声を担当してくれるのは声優のM・A・Oさん。

リュウソウジャーの直前に放送された『スーパー戦隊最強バトル』でも登場した『海賊戦隊ゴーカイジャー』で、ゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役を演じてくださっていた市道真央さん。声優としても大活躍されており、『宇宙戦隊キュウレンジャー』では、M・A・O名義でワシピンク/ラプター283の声を担当してくれておりました。
次週の予告動画でも少し登場していたチビガル―の声。
かわいい雰囲気ではありましたが、それだけではない愉快なキャラクターになっておりますのでご期待ください。

そしてキシリュウオースリーナイツとリュウソウ合体した状態がこちら!

リュウソウレッドが武装した姿も!

もはやボクサーさながら!!
リュウソウジャーの大きな特徴となっているダイナミックに動きまくる巨大戦。
その中でも今までに見たことのないような血沸き肉躍るような戦い様、肉弾戦が見られることとおもいます。



〇 倒したはずのガチレウスが!!?

次週予告でも姿をあらわしていましたガチレウス。
16話にて深海でのキシリュウネプチューンとの激闘の末、爆発四散したはずだったのですがどうやら生き残っていた様子。

次回の放送ではなぜ前回から生き残れたのか、その秘密が明かされます。
そして再びリュウソウジャーたちとクレオンが苦しめられる日が訪れそうですね。
前回好評だったスーツアクターの森さんのキレッキレのガチレウスアクションも復活も見どころです!



第26話「7人目の騎士」 、ご視聴ありがとうございました。
楽しくご覧になっていただけましたでしょうか。
マイナソーの特殊攻撃によりコウが優しさを奪われたことにより、
コウ・メルト・アスナの過去の出会いが明らかになった回でしたね。
実はコウは昔、強さに飢えていて周りをすべて敵対視して凶暴だった――という衝撃の事実が発覚しました。
またそんなコウの凶暴性の鞘となったのがアスナの登場と仲間思いなメルトの行動をみたことにより、
自らの中に仲間への想いが発現して優しさを手に入れられるようになったのでした。


コウ・メルト・アスナの幼い頃の姿も登場しました。

幼いコウ役の小嶋朔太郎くん。幼いメルト役の川尻拓弥くん。幼いアスナ役の藤本江奈ちゃん。
 
三人ともどこか面影があり、似ていましたね!
幼いコウ役であった小嶋朔太郎くんも大人とのアクションシーンの際は思いっきりよくお芝居してくれましたし
それを止めるメルト役の川尻拓弥くんはそのシーンはセリフはほとんどアドリブで頑張ってくれました。

藤江江奈ちゃん演じるアスナも不安そうに泣いたり、元気づけられて笑顔になったりと3人の中では一番難しいたくさんの表情をしっかり演じてくれました。
 
また登場することはあるのでしょうか!?そして三人の幼い頃を見てしまうと、トワやバンバの幼い頃も見たくなってしまいますね。
今後そのような展開は出てくるのでしょうか??
 
 
 
そしてなんといっても最大の注目ポイントは、新たに登場しリュウソウジャーたちに加わった「ナダ」ではないでしょうか。
ナダを演じてくれた長田成哉さん。
今回、監督として演出を担当してくださいました柏木監督とはなんと
京都で撮影しておりました「科捜研の女」にて約5年ものあいだ一緒に現場で切磋琢磨してきた仲。

監督の要求するニュアンスを的確にとらえてお芝居で表現してくれていた長田さん。
二人の関係は初日からさすが!というほどピッタリと合っていました。
マスターレッドとの修業?のシーンも監督が考えたアイディアをさらに面白く、さらに媚を売っているようにと、二人で作り上げてくださいました。



実はナダの役のキャスティングの決定を聞いたときに、脚本家の山岡さんが
長田さんの出ている映像資料をご自身で勉強してくださり、インスピレーションを受け、
そのうえで面白くかつ演じやすくなるようにとセリフを関西弁に変えて脚本に反映してくれたのでした。


今回、突然リュウソウジャーたちの前に現れたナダ。
同じマスターレッドの門弟の兄弟子として自暴自棄になっているコウにアドバイスを与え、立ち直る手助けをしてくれましたが
バンバの言っていた「リュウソウジャーになれずに村を出て行った」とのセリフもありましたし、これはバンバとも何か因縁が??

仲間になったようですが、まだまだ腹の底を見せていないようなナダ。
きっとナダをきっかけにリュウソウジャーの過去がどんどん明らかになっていくことでしょう。
ここから怒涛の展開に入りそうな予感!?!?
お見逃し無いように毎週ぜひチェックしてくださいね!

(文責・土井健生)



〇今週紹介する「ケボーンダンス!!」はこちら…。

どーもー!クレオンっす!今週もリュウソウジャーよりずっと魅力的なダンス魅せてやんよぉ。
でもなんだか…疲れてきた…。

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
勇猛の騎士 リュウソウレッド/コウ:一ノ瀬颯

叡智の騎士 リュウソウブルー/メルト:綱啓永

剛健の騎士 リュウソウピンク/アスナ:尾碕真花

疾風の騎士 リュウソウグリーン/トワ:小原唯和

威風の騎士 リュウソウブラック/バンバ:岸田タツヤ

栄光の騎士 リュウソウゴールド/カナロ:兵頭功海


龍井うい:金城茉奈

オト:田牧そら

龍井尚久:吹越満



【声の出演】
ティラミーゴ:てらそままさき

ディメボルケーノ:高木渉

モサレックス:竹内良太

チビガル―:M・A・O

クレオン:白石涼子

ワイズルー:緑川光

ガチレウス:稲田徹

STAFF
【プロデューサー】井上千尋  島川博篤(テレビ朝日) 丸山真哉(東映) 高橋一浩(東映) 菅野あゆみ

【原作】 八手三郎

【脚本】山岡潤平 荒川稔久 下亜友美 金子香緒里 たかひろや

【音楽】𠮷川清之

【監督】上堀内佳寿也 中澤祥次郎 渡辺勝也 坂本浩一 柏木宏紀 加藤弘之

【アクション監督】福沢博文

【特撮監督】佛田 洋

【制作】テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2019 テレビ朝日・東映AG・東映