TV

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

DATA
2018年2月11日(日)放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

#32 決闘を申し込む
2018年9月16日放送

ゴーシュが作った金庫が五つある「実験体」。巨大化してコレクションの能力を安定して引き出し、その圧倒的なパワーでパトカイザーを撃破する。しかし、今度は金庫の数が多過ぎて自らの状態が不安定になり、等身大に戻ってしまう。
本調子じゃないうちに金庫を破ろうとするルパンレンジャーだが、金色金庫でもないのに、なぜかダイヤルファイターでは鍵が開かず……
 
 
脚本 大和屋暁
 
監督 渡辺勝也

ヨシー・ウラザーの金庫を奪って完成した「実験体」=ステイタス・クインティプル!
五つのルパンコレクションを駆使して戦う姿はまさに化物じみています。しかし、逆に言えば、一度に五つのコレクションを手に入れるチャンス。本調子じゃないうちに金庫を破ろうとする快盗ですが、なぜかダイヤルファイターでは解錠できない。ノエルの解析によると、五つの暗証番号が連動しているため、五つ同時にダイヤルファイターを翳さないと開かない仕組みらしい。金庫は五つ、快盗は四人。さあ、どうする?
と言うことで、ノエルはもう一人の快盗役を圭一郎に頼みます。当たり前ですが取り付く島もなく断られるのですが、ノエルが驚きの条件を出し、決闘にまで持ち込むことに。話してダメなら力づくで… ってスマートなノエルらしからぬ強硬手段ですが、そこには彼なりの思いが溢れています。快盗であり警察でもある矛盾した存在… 夜野魁利でもなく、朝加圭一郎でもなく、高尾ノエルでなければできないこと。元木聖也くんと結木滉星くんが芝居で激突し、伊藤茂騎さんと高田将司さんが立ち回りで火花を散らします。感情と感情がぶつかり合って物凄いことになった#32!
ステイタス・クインティプルを巡る物語は、脚本大和屋暁さんと渡辺勝也監督が見事に描いた決戦篇です! 皆さん、絶対にお見逃しなく!

(文責・宇都宮孝明)

#31『自首してきたギャングラー』 ご視聴ありがとうございました!
渡辺勝也監督&脚本・大和屋暁さんというルパパト史上初のタッグでお送りしました、第31話はいかがでしたでしょうか!?
自首してきたギャングラーをめぐって巻き起こる国際警察のドタバタ劇というには見逃せない名(迷)シーンが多すぎましたね(笑)

さすがは国際警察!取り調べもグローバルに進むのかと思いきや…
その口説き方は思いっきり独創的でしたね(笑)
まさにツッコミどころ満載の取り調べに、終始笑いが止まらない試写室なのでした!
渡辺監督が某刑事ドラマの大ファンでいらっしゃるので、そのオマージュも捧げられております。
この写真たちの中にもヒントを差し込んでみましたが、どこか探してみてくださいね!


今回のギャングラー、ヨシー・ウラザーの声を演じられたのは、松野太紀さん
パトレンジャー(主につかさの心)をかき乱すお芝居をしていただきました。
善と悪の心を入れ替えるルパンコレクション「À l’envers」を持っており、そのコレクションを自分で渡した瞬間、鳩時計のようなつくりをした顔が別れ、中から鬼の形相が出てきました。
それにより、お芝居もまさに極悪なものへと変化!お芝居の幅の広さでも魅せていただきました!

まだまだ暑い日が続いておりますが、この撮影が行われた時は猛暑真っ只中。
撮影現場では必須となったコードレスファンの前で涼むつかさ&ノエル。
キャストたちは猛暑の中、撮影を乗り切ってくれました!!

暑さに負けず、ルパパトこれからも頑張っていきますので、応援してくださいね!
次回は#32『決闘を申し込む』放送です!お楽しみに~!!

(文責・川勝 宥典)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
Side by ルパンレンジャー
ルパンレッド/夜野魁利:伊藤あさひ
ルパンブルー/宵町透真:濱正悟
ルパンイエロー/早見初美花:工藤遥



コグレ:温水洋一

Side by パトレンジャー
パトレン1号/朝加圭一郎:結木滉星
パトレン2号/陽川咲也:横山涼
パトレン3号/明神つかさ:奥山かずさ

ヒルトップ:アイクぬわら(超新塾)
ジム・カーターの声:釘宮理恵


No Side
ルパンエックス/パトレンエックス/高尾ノエル:元木聖也

グッドストライカーの声:三ツ矢雄二
ナレーション:安元洋貴


Side by ギャングラー
ドグラニオ・ヤーブンの声:宮本充
デストラ・マッジョの声:うえだゆうじ
ゴーシュ・ル・メドゥの声:竹達彩奈

STAFF
【脚本】香村純子 ほか

【音楽】高木洋

【監督】杉原輝昭 ほか

【アクション監督】福沢博文

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【制作】テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日 公式サイト

ページ上部へ

  • ©2018 テレビ朝日・東映AG・東映