TV

魔進戦隊キラメイジャー

DATA
2020年3月8日(日)あさ9時30分 放送スタート!
【毎週日曜 午前9:30~10:00放送】

EPISODE GUIDE

1・2話 未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP
2020年5月24日放送



充瑠がキラメイレッドとなり
ここに5人で1つの魔進戦隊キラメイジャーが誕生する…
そんな物語を未公開カット満載でお送りします!


テレビシリーズの最初のエピソードをパイロット版と言ったりしますが、このパイロットというのは英語の<試験的な、試す>という意味で使われていて、その作品の評判をみてシリーズ化するか決める、そういった用途で作られる映像のことを指していたそうです。その名残で、私たちは今でも1・2話やその撮影チームのことをパイロットと呼びますが、私はその意味はどちらかと言えば<案内する、導く>だと思っています。

1・2話はその後続く1年間の方向性を決定づける最も重要な位置づけにあるものです。イチから作品の世界観を生み出し、それに基づいて様々なビジュアル、キャラクター描写を構築していかなくてはならないですし、1年間使われる変身シークエンスやオープニング、エンディングの撮影もします。だからもちろん限りはありますが通常よりも時間や予算、そしてそれに比例して多大な労力がかかっています。

そんな中、生み出され、しかし日の目を見ることなく蔵入りとなった映像の数々を
今回は引っ張り出してて再編集を敢行したわけですが、何が言いたいかと言うと、
その映像たちは、決してNGカットではないということです。
NGカットというのはいわば不良品であり、欠陥品。世に出してはいけないものですが、
今回新たにお見せする映像は、放送された映像と全く変わらない熱量で生み出されたカットであり、監督がOKを出した立派な作品です。テレビという時間の制約のあるメディアの中で泣く泣くベンチメンバーとなってしまった彼らも、本当は素晴らしい実力の持ち主であるということを、今回のスペシャルで感じていただければ嬉しいです。
蔵出し映像に関しては、画面の左上に<蔵出しカット>という表記をさせていただきましたので、「あ、これ確かになかった!」と認識していただけるかと思います。
特に博多南さんなんかは、これって超重要なんじゃ…というようなドキッとするセリフをしれっと言っていたりもしますので、見逃し、聞き逃しにご注意下さいね。

キャスト陣も今回のナレーション収録のために撮影所に来て久々のお仕事。
もちろん安全に注意して、1人ずつの収録となりましたので、キラメイジャー大集合!という訳にはいきませんでしたが、皆さんさすがにパワーが有り余っているのか、非常に素晴らしいお芝居をしてくださいました。ホント、相変わらず輝いてました(笑)

ぜひ新鮮な気持ちで、ご覧いただけると嬉しいです!

(文責・望月卓)



テレビ初放送となったエピソードZERO、いかがでしたでしょうか?

物語は宝石の国・クリスタリアを襲った悲劇から始まります。
王の弟であるガルザの裏切りによってクリスタリアにヨドン軍が侵攻。
オラディン王が一人立ち向かいますが、ガルザの痛烈な攻撃に倒れてしまいます。


エピソードZEROからガルザは悪~いですね。
彼が寝返る前に、あったかもしれない家族の風景をどうぞ。


そしてくじけそうになりながらも父の言葉を守り、キラメイストーンとともに地球へとたどり着いたマブシーナ。
エピソードZEROはそんな彼女の視点で、輝きの戦士たちをスカウトしていくというストーリーでした。

戦士候補の強いキラメンタルを感じ取り興奮冷めやらぬストーンに対して、マブシーナの懐疑的なリアクションがなんだかリアル。
故郷を滅ぼした強大な敵と戦うわけですから、慎重になるのは当たり前なのかもしれませんね。

マブシーナほっかむりスタイルコレクション。
強い存在感を消せているかというと怪しいところではございますが、
何とか馴染もうという健気なお心遣いが見て取れます。


さて、撮影当時は初めて経験するシーンの連続だったキャストたち。
“巨大な石と会話する”という、普通に生活していたらそんなに出くわさない場面の撮影も、立ち位置や目線を調整しながら進みます。(現場では)目に見えないものを相手にお芝居することが多いのは、特撮番組ならではですね。


そしてアクションシーンにも挑戦。変身前の状態でベチャットと交戦するシーンもあり、
テストの合間には変身後のアクターさんからアドバイスを受ける場面も見られました。
こちらはキラメイチェンジのポーズを福沢アクション監督に指導いただいているところ。

教わったその日に撮影に臨みましたが、早いうちにコツをつかんで見事に成功!
ばっちりキラメイチェンジ!できました。

変身後のアクションをアフレコで見たキャストたちは、「こうなるんだ!」「かっこいー!」と感激。そしてその日は魔進の声優チームの皆さんと一緒だったので、そのマイク前お芝居にも(静かに)大興奮!テンションMAX!なアフレコルームでした。


それにしても博多南、なかなか侮れませんね!
更に演じる古坂さんも、一つボタンを押すだけで現場を笑顔で満たすスゴイ方です。
サプライズを盛り込みたい!ということで組み込まれた博多南さん散る?!という展開。
結果、4人の意志を確固たるものにし、マブシーナが未来に希望を見出すことになりました。

マブシーナの猛烈頭突き(これは故意というか、はずみ?)を受けゴーグルが吹っ飛ぶカットは、のけぞる角度・ヘッドスピード・タイミングをベストに持ってくるべくリハーサルを重ねました。


一方、高校にいる充瑠のようす。
瑞希をイメージして描いたという絵はかなり独特な仕上がり!!

描き上げた充瑠本人はキラキラしているというアンバランスさもなんだか不思議…。
この場合どんなリアクションをとったら正解なのか教えてほしいところです。

そして充瑠の夢に自分が出演していたとは知らないガルザさん。
一人鎧をまとい、地球を襲うことを高らかに宣言!

こわい…(かっこいい)

脅威はもうそこまでやってきている、
助けてキラメイジャー!できれば5人そろった状態で助けて!魔進も見たいな!
ということで次回は「1・2話未公開カット蔵出し いまいちどスタートダッシュSP」と題して、
充瑠が仲間に加わり、チームが動き出すエピソード1・2を未公開カット大幅追加で振り返っていきます。こちらもお見逃しなく!

来週もキラメイGO!



〇超英雄祭2020 ブルーレイ発売中!

「超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2020」のブルーレイが発売されました!キャストによるトークショーと豪華ゲストアーティストの大迫力ミュージックライブをお楽しみください✨
番組主題歌「魔進戦隊キラメイジャー」のパフォーマンスも収録されております!

商品情報
https://www.toei-video.co.jp/special/superhero/



〇この機会に!映画関連コンテンツのおさらいいかがですか?

・「スーパー戦隊パーティー」第3回
映画上映開始直後には「スーパー戦隊パーティー」の公開収録を兼ねた上映イベントが開催されておりました。
その模様はSSP☆03でご覧いただけます。まだTV放送が開始されていない時期だったにも関わらず、ファンの皆様にいただいた温かいご声援の数々!そして古坂大魔王さん大活躍!です。
ショートバージョンはYouTubeで、完全版は東映特撮ファンクラブ(TTFC)またはTELASAでお楽しみください!
・東映特撮ファンクラブ→http://tokusatsu-fc.jp/
・TELASA →https://web.videopass.auone.jp/c/telasa/




・「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO ヒーローインタビュー」
4人がスカウトされた時の心境をカメラに向かって語るインタビュー動画。
「速見瀬奈編」「押切時雨編」「射水為朝編」「大治小夜編」が東映特撮ファンクラブにて公開されております。役としてインタビューを受けながら、一部台本のない受け答えが繰り広げられておりますので、それぞれのオリジナリティにもご注目!
http://applp.bn-sfs.com/view/toei/moviepack/39238/0/e571e8



〇「スーパーせんたいフレンズ」で塗り絵がダウンロードできます!

スーパーせんたいフレンズでは、ご家庭でご利用いただける塗り絵や学習用の素材をダウンロードできます。おうち時間のおともに、ぜひご利用ください。
https://www.super-sentai-friends.com/download/



〇「魔進戦隊キラメイジャー キラメキムービー」公開中!

充瑠・マブシーナと一緒にキラメイチェンジを練習しよう!「キラメキムービーvol.1」




CARATメンバー勢ぞろい!秘密の早朝トレーニングをのぞいちゃおう!「キラメキムービーvol.2」


(文責・瀧島南美)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
熱田充瑠/キラメイレッド:小宮璃央
射水為朝/キラメイイエロー:木原瑠生
速見瀬奈/キラメイグリーン:新條由芽
押切時雨/キラメイブルー:水石亜飛夢
大治小夜/キラメイピンク:工藤美桜
クリスタリア宝路/キラメイシルバー:庄司浩平

博多南無鈴:古坂大魔王

<声の出演>
魔進ファイヤ:鈴村健一
魔進ショベロー:岩田光央
魔進マッハ:赤羽根健治
魔進ジェッタ:大河元気
魔進へリコ:長久友紀

マブシーナ:水瀬いのり

ガルザ:中村悠一
クランチュラ:高戸靖広

オラディン/ナレーション:杉田智和

STAFF
【プロデューサー】
 井上千尋 島川博篤(テレビ朝日)
 塚田英明 望月卓(東映)
 矢田晃一 深田明宏(東映エージェンシー)

【原作】 八手三郎

【脚本】荒川稔久

【音楽】松本淳一

【監督】山口恭平 ほか

【アクション監督】福沢博文

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【制作】テレビ朝日/東映/東映エージエンシー

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2020 テレビ朝日・東映AG・東映