TV

科捜研の女 season20

DATA
2020年10月22日~2020年12月17日放送
放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第2話 マリコのハロウィーン大作戦
2020年10月29日放送

ハロウィーン飾りに彩られた廃墟に、棺がひとつ。
その中から、悪魔の扮装をした男の遺体が発見された!
臨場したマリコ(演・沢口靖子)は、
遺体のポケットから「普通の中年」と書かれた名刺を発見する。

名刺の持ち主は、迫田という男(演・村田雄浩)だった。
勤めていた会社を退職し、インターネット上で「普通の中年」と名乗って
人生相談に乗ったり、荷物運びの手伝いをするなどして、日銭を稼いでいるのだという。
マリコは、迫田が遺体の入った棺を運んでいる証拠をつきつけるのだが、
「ハロウィーンの道具を運ぶようにネットで依頼されただけ」と殺害への関与は否認する。
では、いったいその「依頼者」とは誰なのか?

やがて、恐るべき「ハロウィーン遠隔殺人」の計画が明らかになり――
 
 
脚本 李正姫
 
監督 西片友樹

ゲスト

村田雄浩
清水昭博
宍戸美和公
行澤孝
奥田ワレタ
大脇あかね



みどころ

「普通の中年」「ダンディ部長」「斧泥棒」
「にこにこハロウィーン」「説教マシンガン」
……これまで発音したことのない単語が飛び交う今回のエピソード。
ハロウィーンの狂騒を描いたカラフルな一本になりました。

立ち上げ当初から「カラフル」な作品にしたいと語っていた西片監督が、
鮮やかなカボチャのオレンジ色や、
登場人物たちの赤や青のコスチュームの中、
「灰色」の存在として描き出したのが、「普通の中年」こと迫田茂夫。
会社をやめ、若者の人生相談に乗るものの、
気の利いたアドバイスも言えず、出てくるのはつまらないダジャレばかり。
「なんかすみません」と、相談した若者に気を遣わせる始末。
徹底的に冴えないこの男から繰り出される
「栄養をたくさんとると、ええよう」
などというダジャレ砲に、我らがマリコさんはどう反応するのでしょうか。

そんなダジャレ砲を浴び続けた結果、
サブタイトル案を「仮装研の女」と提案して却下された私ですが、
今回の最大のみどころは、マリコたちの「仮装」です!
マリコ、土門、宇佐見さんまで・・
「科捜研の女」チームが、愛をこめて「トリック」も「トリート」も両方お届けします。
お楽しみに!



【マリコの衝撃的ワンカット】

赤いスカートに、黒ぶちメガネ。
水玉の日傘をさして、まるでメアリーポピンズを思わせるいでたちのマリコさん。
美しさと、気品と、厳しさと、ユーモアをすべて兼ね備えて、最強です。

(文責・東映プロデューサー 中尾亜由子)



第1話 こぼれ話

皆様、つかの間のご無沙汰でした!
Season20第1話、お楽しみいただけましたでしょうか?

「科捜研の女」も、ごたぶんに漏れず、コロナ禍の影響を受けまくりまして、第1話がクランクインしたのは9月9日のことでした。
でも、全員健康で再会できて、本当によかったです! そして、撮影を安全に遂行できたのも、毎日体温を測り、こまめに手を消毒し、現場がどんなに暑くても人が近くにいればマスク・フェイスシールドを欠かさず、さらにソーシャルディスタンスに気を付けてくださるキャスト、スタッフ、ロケ先の方々、全員のご協力のおかげです。

第1話で星名瑠璃役を演じられたのは、ご存知この方、オアシズの大久保佳代子さん!

脚本はかなり早い段階(春のうち)に櫻井さんに書いていただいていたのですが、打ち合わせを進めるうちに、瑠璃のイメージは大久保さんを置いてほかにない、と満場一致でご出演をお願いしました。
普段脚本打ち合わせの段階ではゲストのキャストはあまり決まっていないのですが、この時ばかりは、櫻井さんも途中から、「瑠璃は……」ではなく、「大久保さんは……」と、主語を大久保さんにしてキャラクターに味付けをしていかれました(笑)

マリコがラストシーンで語る台詞にもあるように、人生にスポットライトが当たる瞬間とは、なかなか自分で感じ取れるものではないようです。過ぎ去ってから初めて気づくもの、かもしれません。
でも、大久保さんが普段より明るい髪色で衣装合わせにお越しになった時、「瑠璃という人にスポットライトが当たっているのは、たとえ自覚していなくても、今この時なんだ!」と、役への説得力に感服いたしました。
ちなみに、瑠璃が目ざとく見つける「榊󠄀マリコ」の名札、Season20に際して、外ハネセミロングの沢口さん最新スチールに更新いたしました! 気づかなかった方は、もう一度見逃し配信で要チェック!

そして、1話ということで、容疑者も華やかに。

登山部顧問・井ノ口聖子先生を演じてくださったのは、あめくみちこさん。
最も怪しい(&妖しい)牽引力を持ちながら、実は、供述で一つも嘘をついていなかった唯一の人物でもあります。


亡くなった河合範子の親友・野田由香役に、高田夏帆さん。
1話を撮られた田﨑監督とは『仮面ライダービルド』(2017~18年)以来の師弟共演(?)でもあります。
愛弟子の成長に目を細くするか……と思いきや、田﨑監督の妥協のない演出は3年前と変わるところなく、由香が涙ながらに“罪”を告白するシーンでは、内藤さんがカメラに映らない時もずっと高田さんの芝居に付き添ってくださり、感情を盛り上げ、OKカットに至りました。


もう一人の容疑者、担任の渡辺順吾先生役の池下重大さん。
東京の小劇場をベースに長らく看板俳優を務めてこられ、筆者もずっといち観客として拝見していたのですが、脚本打ち合わせの時から櫻井さん、田﨑監督と「この役は難しいよね~!」とウンウン唸っていた役を、絶妙な重心感覚と役のつらまえ方で演じていただきました。

そしてもうお一方!

アイドルユニット・BEYOOOOONDSに所属し以前から「科捜研」愛を熱く訴えてくださっていた“うーたん”こと里吉うたのさん、河合範子役でドラマデビューです!
これまた仮面ライダーシリーズで新人発掘に力を発揮する田﨑監督が、お手の物ですとばかりに芝居をつけてくださいました。

さらに、先日のキスマイ特番をご覧いただいた皆様、大変お待たせいたしました!
藤ヶ谷さん・宮田さん&背景部藤原さんによる「白骨汚し」の成果と、
藤ヶ谷さんがカラビナの検証をした崖のシーンも、しっかりご覧いただけましたでしょうか!?

崖の上のマリコさん、思いっきりぐいぐい体を揺すってましたね(笑)
川で見つかった頭蓋骨を発見者が思わず放り投げるシーンでは、
頭蓋骨が万一割れては大変!と、
カメラに映らないところで、
玉木さんたち助監督が白骨を毛布でしっかりキャッチ!
お2人のご協力で、科捜研シリーズにとっても忘れられないシーンになりました!
藤ヶ谷さん、宮田さん、どうもありがとうございました!

おかげさまで、愛すべき1話になったなぁと感慨新たです。
皆様また京都でお待ちしております!

さ・て!
20シーズン突破の科捜研旋風、まだ始まったばかりです!
沢口さんと、でんじろう先生の夢の実験教室『科捜でんの女』は、毎週月曜にYouTubeで新作を公開予定です!


そして、ヤマザキビスケット『ルヴァンプライム』も新作コラボCMを放送! メガホンを取るのは引き続き最若手の宗野賢一監督(season19・第27話『マリコの動画チャンネル』 監督)です。


ますます勢いが止まらないSeason20も、どうぞ御贔屓に。

(文責・東映プロデューサー 谷中寿成)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
榊󠄀マリコ ……… 沢口靖子

土門 薫 ……… 内藤剛志

風丘早月 ……… 若村麻由美

宇佐見裕也 …… 風間トオル

藤倉甚一 ……… 金田明夫

日野和正 ……… 斉藤 暁

佐伯志信 ……… 西田 健

橋口呂太 ……… 渡部 秀

涌田亜美 ……… 山本ひかる

蒲原勇樹 ……… 石井一彰

STAFF
【ゼネラルプロデューサー】関 拓也(テレビ朝日)

【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、中尾亜由子(東映)、谷中寿成(東映)

【監 督】田﨑竜太、森本浩史 ほか

【脚 本】戸田山雅司、櫻井武晴 ほか

【制 作】テレビ朝日・東映

LINK テレビ朝日公式サイト

NEWS ニュース

ページ上部へ