TV

科捜研の女 season19

DATA
2019年4月18日~2020年3月19日放送
放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第11話 殺人遊覧船ツアー
※7月25日(木)の放送はお休みです。
次回は8月1日(木)の放送です。

京都・嵐山の空き寺で僧侶が殺害され、文化財の仏像が強奪された。
マリコ(演・沢口靖子)ら科捜研は、
現場に残された血痕・下足痕・繊維片を手掛かりに、犯行後の犯人の足取りを辿っていく。
すると、犯人は犯行後すぐに嵐山から逃亡したわけではなく、
嵐山を流れる急流を舟でくだる「保津川下り」など、観光名所を転々としていたことが判明する。

一方、土門刑事(演・内藤剛志)は、
被害者の妻・和田芽衣子(演・磯山さやか)の聴取から、
久野幸子(演・峯村リエ)ら空き寺の檀家グループの中に、
犯行当日に被害者を空き寺に呼び出した人物がいることを突き止める。

観光する殺人犯の目的とは!? 100%予想不可能な推理ツアーが始まる!
 
 
脚本 櫻井武晴
 
監督 児玉宜久

ゲスト

峯村リエ
磯山さやか
ほか

(文責・東映プロデューサー 谷中寿成)



みどころ

前回放送の10話および今回11話の演出を担当したのは、児玉宜久監督。
「科捜研の女」を撮っていただくのは初めてでしたが、
明るいキャラクターとリーダーシップで現場の心をつかみ、
初めてとは思えない安定感と、疾走感ある新鮮な演出で、「快作」に仕上げてくださいました。

そんな児玉監督を京都撮影所にご案内した時、「乗り物が好きなんだ!」との発言。
それを聞いて「本当によかった」と思いました。
なぜなら、今回の11話、本当に乗り物づくしだからです。
しかも、車やバイクじゃないんです。
トロッコ!
そして馬車!
さらに川下り船!
これ全部、1時間ドラマの中に所狭しと登場します。
櫻井さん、これスペシャルの台本ですか?と一瞬思ってしまったくらい、
スペクタクルに次ぐスペクタクル。

そして、すべてが「走行中の撮影」。
時間との闘いです。
トロッコに至っては、25分の片道走行の中で、窓が映るすべてのカットを撮影する必要がありました。
監督と撮影所スタッフの抜群のチームワークで、無事撮影は終了。
おかげで「観たことない映像」が目白押しです。

そんなロケ三昧の中、画面の中ではマリコと日野所長のコンビが特に大活躍。
コメディエンヌ沢口さんと芸達者な斉藤さんの掛け合いが楽しいんです。
「所長が必要なんです!」というマリコのセリフは、沢口さんのアドリブ。
斉藤さんが後から「あれはいいアイディアだったよね」と振り返っていました。

脚本家・櫻井さんからは、
「何も考えないで観てほしい!」とのお言葉をいただいていた今作。
夏休みらしいエンターテインメントに仕上がりました。
とにかく、五感で、楽しんでいただけたら幸いです!

(文責・東映プロデューサー 中尾亜由子)



【マリコの衝撃的ワンカット】

「私たち、川を下りながら鑑定できます!」
マリコの出張鑑定もついにここまで来ました!
舟上で鑑定するマリコの耳に、
「マリコさーん!」と遠くから呼ぶ声が聞こえ、
マリコが振り返ると……。

見返りマリコと、モーターボートに乗って現れる宇佐見(演・風間トオル)。
「科捜研の女」シリーズ20年の歴史に残る奇跡のカットバックの誕生です。

お楽しみに。

(文責・東映プロデューサー 谷中寿成)





第10話 こぼれ話

科捜研の女season19 第10話、いかがでしたでしょうか?
三度の飯より寿司が好きで、スマホのカバーも寿司仕様にしている私としては興奮しきりの回でした。劇用で作っていただいたお寿司も、撮影終了後にスタッフが美味しくいただきました!

料理はちょっぴり苦手ですが、お寿司のメカニズムには感動していた科学者のマリコさん。お寿司は、本当に食材の理に適った料理なんだなと思わされました。
劇中、清水美沙さん演じる入間千加子校長と、井田國彦さん演じる講師の鶴橋善也先生が勤める寿司職人養成学校では、体験入学生としてマリコさんと亜美ちゃんも寿司作りに挑戦しました!

ふたりとも、よくお似合いで。さあ、いっちょあがり!と思いきや。。

なんとお茶目なんでしょう。コメディエンヌっぷりに磨きのかかる沢口さんから目が離せません。

入間校長役・清水美沙さんの手つきも非常に鮮やかです。清水さん、寿司の握り方や調理の所作などは事前にテキストや動画で勉強してきてくださったそうです!



頑固ながらも寿司の道にまっすぐな若杉登役の渡辺哲さんも役にぴったりの演技をしてくださいました!

番組をご覧になったみなさんが、お寿司食べよう、と思ってくださっていれば寿司好きとしてはこの上ない幸せでございます。。。



◆ ◆ ◆


製作サイドとしては、「科捜研の女」には今回が初参加となる児玉宜久監督がメガホンを取ってくださいました。児玉監督と言えば「ショカツの女」や「機動捜査隊216」など多くのドラマを手掛けてきたベテランであり、米映画「ワイルドスピード3」ではセカンドユニットのチーフとしても腕を振るった活動屋でもあります。
この第10話「マリコ寿司を握る」と、当ページ上部で紹介している第11話「殺人遊覧船ツアー」の2本を担当してくださった児玉監督自身も、実は大の料理好き。現場には手作りのお弁当を持参し、撮影中や打合せ中には食材の知識を披露してくれました!寿司屋の湯呑を囲んで魚偏の漢字クイズをする一幕も、監督のスパイスで台本に味付けを加え、宇佐見さんがよりスマートに見える漢字が採用されました(笑)
そして、クランクアップのタイミングで束の間の休息が出来たわれわれ科捜研チームは、料理監修・児玉さんの厳しい指導の下、バーベキューをおこないました!

炎の料理人・児玉監督(写真左)の料理指導に必死に食らいつく石井一彰さん!(写真右)



石井さん、撮影現場より厳しい指導に圧倒されましたね。。。



そんな熱い男達を尻目に美味しそうに頬張ってくれる科捜研のアイドル・山本ひかるさん!


最後はみんなで、はいチーズ!

さて、次回は第11話! ある山寺で発見された住職の遺体、そして盗まれた文化財の仏像。しかし、肝心の犯人には顔がない!? 夏の京都を駆け巡る、科捜研の地力の見せ場!!マリコたちが追い詰めた先にあった「犯人」の正体とは?! 是非、お見逃しなく!

(文責・東映プロデューサー補 山﨑雅人)

PAST EPISODE 過去のエピソード

INFORMATION 番組情報

CAST
榊󠄀マリコ ……… 沢口靖子

土門 薫 ……… 内藤剛志

風丘早月 ……… 若村麻由美

宇佐見裕也 …… 風間トオル

藤倉甚一 ……… 金田明夫

日野和正 ……… 斉藤 暁

佐伯志信 ……… 西田 健

橋口呂太 ……… 渡部 秀

涌田亜美 ……… 山本ひかる

蒲原勇樹 ……… 石井一彰

STAFF
【ゼネラルプロデューサー】関 拓也(テレビ朝日)

【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日) 中尾亜由子(東映) 谷中寿成(東映)
【プロデューサー補】山﨑雅人(東映)

【脚 本】戸田山雅司 櫻井武晴 ほか

【音 楽】川井憲次

【監 督】森本浩史 田﨑竜太 ほか

【制 作】テレビ朝日 東映

LINK テレビ朝日公式サイト

NEWS ニュース

ページ上部へ