東映ホーム > テレビ > 炎神戦隊ゴーオンジャー > あらすじ一覧 > GP-05 時々オカン!?

テレビ

GP-05 時々オカン!?

2008年3月16日O.A.

あらすじ

 ヒーローをサボってアルバイトに明け暮れる範人に、ついに走輔が大激怒!連は二人を仲直りさせようと、範人のアルバイト先のクレープ屋を訪れる。

 一方、一度はゴーオンジャーに敗れたジシャクバンキは、ヨゴシュタインの手でさらに強化され―。

 脚本:武上純希 監督:竹本 昇

みどころ

 自由気ままで楽しいことが大好きな範人と、そんな態度が気に食わない熱血漢の走輔。今回はゴーオンジャーのよきオカン(?)として、二人の仲を取り持とうと孤軍奮闘する連の物語です。頑固な走輔とワガママな範人を無事仲直りさせることができるのでしょうか?
 そして、ついに炎神たちの新たな力が明らかに!どうぞお楽しみに!



 先週もお伝えしましたが、4話で「このやろー!!」とハイテンションにスプレーバンキを演じていただいたアントキの猪木さん。普段からテンションの高い方で、真冬なのにTシャツに薄手の上着一枚!元気の秘訣は、「あまり深く考えずに、なんでもよく食べること!」だそうで、よい子のみなさん、参考にしてみてください。
 アントキさんに会えて大喜びだったキャスト5人。海老澤くんは同じ出番はなかったのですが、何時間も前から集まって、みんなで記念写真を撮りました!
 そういえば、アフレコルームでは、アントキさんをなんとお呼びすればいいかを巡り、スタッフ間でこんな議論が繰り広げられました。

 A「やっぱ、『猪木さん』かな?」
 B「いや、『猪木さん』ではないですよ。それじゃ本人になっちゃいますから」
 A「じゃ、『アントキさん』っていうのは?」
 B「それもなんか変じゃないですかね?」
 A「じゃあ、なんてお呼びすればいいんだ?」
 B「やっぱ『アントキの猪木さん』が一番いいんじゃないですかね」
 A「それそのまんまじゃないか」
 見かねたマネージャーさん「なんでもいいですよ(笑)」

 アントキさん、ありがとうございました!


GP-04 テスト走行
「もっと高く!」石垣AC監督「もっと激しく!」諸田監督「これで勘弁してもらえないか」

及川さん初の御目文字スマイル満開でごじゃるそのころ、彼らは

青春っスなんつってダァーーーーーー!



片岡くん出演情報!!

 ゴーオンブルー=香坂連役の片岡信和くんが、アメスタに登場!おちまさとさんとゴーオンジャーについて熱く語り合います。原宿のスタジオで公開録画するほか、web上でも生公開されるので是非見てくださいね!
 3/15 (土)15時~
 「TokyoOchimasatoRadio」(AmebaStudioにて公開web生放送)

「えんじんぶろぐ」公開中!!

 今週のえんじんぶろぐは、ゴーオングリーン=城範人こと碓井将大くん!16歳現役高校生の碓井くんの熱いメッセージをお楽しみください!


(文責:和佐野健一、郷田龍一)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース