TV

仮面ライダーゴースト

DATA
テレビ朝日系 毎週日曜あさ8時から!!
放送は終了いたしました。ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第11話 荘厳!神秘の目!
2015年12月20日放送

「おおっ!これが人知を越えた力か!」

タケルとマコトの眼魂争奪戦にジャベルが加わり激しい戦いを繰り広げる中、全ての眼魂を手にしたのは意外にも西園寺だった。そして西園寺は大天空寺の地下・研究室の前に立つ。そして15個の眼魂とモノリスが発動する。
 
タケル「15個の眼魂!これって…」
ジャベル「あの男、何をする気だ?!」
仙人「あいつが5個持っていたとは…」
アラン「あれは眼魂の力か?!」
マコト「俺はこれまで一体何のために…」
 
 
眼魂争奪戦が遂に最終局面を迎える。
 
「望みをのべよ」
 
目が離せない第11話。ご期待下さい!
 
再び消え去るまでの時間は??日
残り15個の眼魂(アイコン)を集めろ!


脚本:福田卓郎

監督:諸田敏

望みをのべよ

一度死んで生き返るために15個の眼魂を集めているタケル。
妹を生き返らせるために眼魂を集めているマコト。
そして、生前の龍と親交のあった西園寺もまたある目的から眼魂を集めている。
その眼魂争奪戦に急遽現れた強敵・ジャベル。
激しさを増す眼魂争奪戦とともにタケル演じる西銘さん、マコト演じる山本さん、西園寺演じる森下さん。そしてジャベル演じる聡太郎さんの芝居もヒートアップして来ましたが、西園寺が15個の眼魂を手にしたことにより、それぞれの登場人物に転換が訪れます。
驚き、動揺するタケル。悔しさで地面を叩くマコト。何事にも動じないジャベルにも焦りが見られる。そして、してやったりの西園寺。新たな顔を見せる登場人物達に命を吹き込むキャスト達の演技合戦にもご注目下さい!!

(文責・高橋一浩)

■新キャラクター紹介
 眼魔スペリオル・ジャベル(怪人)
 深海カノン(人間体)


眼魔眼魂を使って変身したジャベルの怪人態。
“いつもの眼魔とは違う”とユルセンがいうように圧倒的な強さでゴーストとスペクターに襲いかかった。
アランの兄の命令で動いており、実は眼魂の秘密を知っているがアランには秘密にしている。

深海カノン役…工藤美桜さん

タケルとマコトの眼魂争奪戦が繰り広げられる中、その争いを止めようと現れたカノンの幻影。
 
深海カノン役の工藤美桜さんは、これまではアフレコで妹眼魂に声をあてるだけだったため、10話から初のロケとなりました!そして、撮影月が誕生日だったため現場でお祝い!主演の西銘駿君からケーキのサプライズに美桜ちゃんも笑顔…!初ロケの緊張も和らいだのではないでしょうか?
16歳となった美桜ちゃんですが、スタッフは「若っ!」と驚きを隠せず…。そして、「自分の16歳の頃はこんなしっかりしてなかったよ」と美桜ちゃんを見ながらぼやくのでした…(笑)

西銘くんからサプライズケーキに笑顔の工藤さん

山口監督・聡太郎さんも加わり、記念の一枚!

「ロケ行きたいんで早く生き返らせてください」
 
そんな美桜ちゃんの願いが叶うのはいつなのでしょうか…こうご期待(笑)
 
そして、今週も繰り広げられた眼魂争奪戦ですが、タケルの思いが揺れ動きます。
マコトがカノンを生き返らせるために眼魂を集めていることを知ったタケルはある決断を下します。それはマコトと一緒に眼魂を集めてカノンを生き返らせるという事。
 
 
ぴゅー
 
チ「甘い奴だ」

とマコトにも言われるのですが、自分の命を顧みずに人を助けるという何ともタケルらしい行動が垣間見えました。
 
 
 
シブヤとナリタもタケルが生き返るために眼魂を集めていう事をしり、タケルのお手伝いをすることに。
 
しかし、

背後に迫る西園寺…

シブヤ「うぉっ…!」

眼魔に操られてしまう

チ「シブヤ―!」
 
このシーンは撮影所の近くにある川で行われたのですが、下校中の児童や子連れのみなさんも通られ、「あっ、仮面ライダーゴーストの悪者だ!」と気づかれる方もおり、認知度も上がって来たのだなあと実感できました
 
チ「もしかしたら、みんなの街にもゴーストがロケにくるかも…!」
 
さらに、今週は同じく眼魂を集めるジャベルが変身し、ゴーストとスペクターを圧倒しました。
アクションは仮面ライダーではおなじみのロケ地で撮影。ゴーストとスペクターの爆破シーンは圧巻でしたね。爆破を合成で演出できる昨今ですが、実際の爆破のリアリティはやはり違いますね…。

チ「熱そう…」
 
そんな、戦いが繰り広げられる中で隙をついた西園寺によってすべての眼魂が奪われてしまいます。

すべての眼魂は西園寺の元に

バリアを張った西園寺は

モノリスの前に

ついに願いが…!?

モノリスの前に15個の眼魂が集まったが…。西園寺が願いをかなえてしまうのか…???
 
チ「あわあわ!じ…次週もみてくれよ〜」
 
ぴゅー

(文責・安東健太)

映画情報

「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」公開
カウントダウン特集 第4弾!!

ついに12月12日(土)超MOVIE大戦ジェネシスが公開となりました!
さて本日のHP特集は、前回のドライブの見どころ に引き続き、
仮面ライダーゴーストの見どころをご紹介!
さあ皆さんでバッチリミナー!!



<進ノ介と霧子、戦いの創世記(はじまり)>

超MOVIE大戦のキーワードといえば、
なんと言っても「創世記、ジェネシス」ですね。
 
今回ゴースト側で大きく描かれるジェネシスの1つが、
タケルと父、2世代に渡る「眼魔との戦いのはじまり」。
TV本編ではタケルの父・龍が大天空寺の住職であり、立派なゴーストハンターだったことが、父の死の間際の幼いタケルの断片的な記憶、わずかな回想でしか出てきません。
 
今回、そんな、テレビでは僅かにしか描かれていない龍の生前の姿がたっぷり登場。龍はどのように眼魔と戦い、なぜ死んだのか…。タケルが眼魔との戦いを決意した原点、
そして幼い頃に亡くした父との再会をとおし、タケルが気づく大切なこととは?



<+αさらなるプチ見所>

そして今回のさらなる見所は子どもたちの活躍!
 
前述したように、今回進ノ介とタケルがタイムスリップした10年前の世界には、亡き父龍はもちろん、10年前のタケルやアカリの姿も。18歳のタケルは、10年前の自分が予想以上に生意気でビックリしたり、しなかったりしますが(笑)
 
また幼いアカリの閉ざされた記憶が、実は10年前と現在の敵との戦いの大きな鍵を握っている!?

そんなタケルとアカリの幼少期を演じてくれた山田日向くん、吉岡千波ちゃんは、
ゴーストの1・2話の段階でオーディションで選ばせて頂いたわけなのですが、
オーディションでも安定感抜群のゴールデンコンビと言われただけあって、
今回の映画のお芝居でも大活躍。
 
ちょっと生意気だけど憎めないかわいいタケル像を日向君が。
昔からしっかりもののお姉さん気取りだけど、実はタケルを頼りにしている健気なアカリを千波ちゃんがしっかり演じてくれました。
 
ちなみに、日向くん演じる幼いタケルのクライマックスシーンは、思わず試写で多くのお客さんがすすり泣くシーンの1つとなっていました。要チェックです!



<仙人&本願寺、怒涛の大コラボ>

先週もちょこっとだけ触れさせていただきました、
仙人と本願寺の大共演。
 
神出鬼没の仙人と本願寺がどう出会うのか!?
脚本家の林先生驚きの発案により、
大人の方にはたまらない奇跡のシーンが誕生しました。
 
なぜか突如始まる過去の様々なお方のモノマネ合戦。
お子さんを差し置いて大人の方に爆笑して頂くのもあり、な1シーンです。(笑)



<新フォーム・キャラクターのお初お目見え>

そして、毎年恒例、
この超MOVIE大戦こそが新フォームの、そして新キャラクターのお目見えになっているものも!!
まずは予告でも解禁されている赤いこちらの見慣れぬ姿。

ゴーストの新フォームですが…今作のこのフォームのネーミングにこそ超MOVIE大戦のクライマックスとなる隠された秘密が。
TVでも登場するこちらの新フォーム、是非劇場で一足先にチェックしてみてください!
 
そして!お写真でご紹介できませんが、
今回岩壁にたたずむ、ゴーストの、謎の新キャラクターが登場します。
その正体は…!?
誰よりも早く情報をゲットしてみてください!



<ついに登場、最強偉人モチーフの眼魔>

ゴーストのTVではお馴染みの英雄眼魂たち。
そんな英雄の魂を付け狙うはもちろん眼魔も一緒。

今回はルネサンス3大芸術家、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ・サンティ、ミケランジェロ・ブオナローティーら偉人の力を利用、宿した眼魔法が登場し、タケルや進ノ介たちの前に立ちふさがります。

いつも眼魔たちを愉快で素敵なデザインに仕上げて下さっている、
島本和彦先生デザインによるこの3大芸術家偉人の眼魔たち。
このデザインは何を象っているのか…など
偉人たちのプロフィールやエピソードを思い浮かべてみるとより一層楽しめるのではないでしょうか!
*筆者のお気に入りは、ラファエロ眼魔についている天使です!



<ライバルとの共闘>

現在、本編では眼魂を巡って、タケルに敵意をむきだしにする仮面ライダースペクター・深海マコト。
 
しかしこの後の未来は…ということで
今回の映画ではゴーストとスペクターの共闘も見ることができるのか。
そんな超MOVIE大戦ならではの展開も是非、お見逃しなく!



<名もなきヒーローたちのアクション必見>

そして今回の映画、なんといってもアクションの申し子金田監督作品なので、
ライダーたち以外も暴れる!というコンセプトは必見。
特にゴーストチームのアクションに注目です。
 
ライダー変身前のタケルがはじめて、TVでも挑まなかった本格アクションに挑戦しているのも本作。
また超獣戦隊ライブマンご出身の西村さんも、ゴーストハンターとして、素面でのかっこいいアクションを披露します。

そして御成の錫杖アクションで、まさかの事態が起こっていたり…!?
幼いタケルの勇気ある戦いにも注目です!*なんと山田日向君はスポーツチャンバラをたしなむ強者です!
 
先輩ライダー仮面ライダードライブに負けない、仮面ライダーゴーストの世界を
堪能してください。
これまた最後にメイキング写真をお届け。
劇場で皆さん、バッチリミナー!!

(文責・小髙史織)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
仮面ライダーゴースト:天空寺タケル/西銘 駿
月村アカリ/大沢ひかる
御成/柳 喬之

仮面ライダースペクター:深海マコト/山本涼介

シブヤ/溝口琢矢
ナリタ/勧修寺玲旺
小野寺靖/佐野泰臣
深海カノン/工藤美桜

西園寺主税/森下能幸
アラン/磯村勇斗

天空寺龍/西村和彦

ユルセン(声)/悠木碧

仙人/竹中直人

ほか
STAFF 脚本:福田卓郎 ほか
監督:諸田 敏 ほか
怪人デザイン:島本和彦とビッグバンプロジェクト
音楽:坂部剛
LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2015 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映