TV

暴太郎戦隊ドンブラザーズ

DATA
2022年3月6日(日)~2023年2月26日(日) 放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

ドン30話 ジュートのかりゅうど
2022年9月25日放送


じかーい、じかい……


ある日、鬼頭ゆり子がアノーニに拐われた。そして20秒後……

『……ドンブラザーズのオニシスターだな……』

それは鬼頭はるかに対するアノーニからの脅迫電話だった!
要求はたった一つ。人質を返して欲しくば、獣人を捕まえろと言うのだ。

時を同じくして、脳人もまた獣人を殲滅しようとドンブラザーズに共同戦線を持ちかける。

かくして脳人vs獣人の戦いに巻き込まれたドンブラザーズ一同。
遂に明らかとなる獣人の秘密とは?
そして、はるかは無事におばさんを取り戻すことができるのか!?


監督:諸田敏

脚本:井上敏樹

(文責・湊 陽祐)

対獣人(ジュート)作戦で、ドンブラザーズに共闘を持ちかけるソノニ。
ということで、獣人方面にさらにメスを入れるドン30話。

狭山刑事が獣人として再登場してから(ドン10話)、はや4カ月。さまざまな謎や伏線が出たり入ったりをくり返し、一見複雑怪奇なドンブラザーズ。
でも、脚本の井上大先生いわく、

「いろいろ謎があるように見えても、じつはほとんど《獣人問題》に帰着するんじゃないか?」

大先生みずからが《獣人問題》と呼ぶように、ひとすじなわではいかない問題だったりしますが……



さて。
今回29話と次回30話の撮影(カメラマン)は、さとう真之さん。

ドン24話『むすこ、ににんばおり』で、彗星のごとくカメラマンデビューした期待の新鋭……と言いたいところですが、ホントは大ベテラン。
撮影助手、Bカメ(サブカメラマン)、そして「計測」として、長きにわたり撮影現場を支えてくださっています。


「計測」ってなんぞや?
てことで、撮影体制のお話。


スタッフクレジットをよく見ると、兄弟番組のはずのスーパー戦隊と仮面ラ○ダーでも、役職に微妙な違いがあります。
たとえば、戦隊には「計測」というポジションがあって、ラ○ダーにはない。
ラ○ダーにある「VE(ビデオエンジニア)」が戦隊にはない。

乱暴に言えば、戦隊の撮影はフィルムスタイル、ライダーはビデオスタイル。
兄弟番組でありながら、撮影スタイルがちがいます。

フィルム撮影から移行したのは、それぞれ『仮面ラ○ダーク○ガ』(2000)/『侍戦隊シンケンジャー』(2009)から。
ラ○ダーが、試行錯誤のあげく『カブ○』(2006)でだいたい現体制にたどり着くまで、ざっと6年かかりました。
一方、スーパー戦隊は、最初の『シンケンジャー』から、一気にほぼ現体制に。

ラ○ダーの成果をごっそりいただき──という面はあるにせよ、一夜にして、リープフロッグ的変身をなしとげたスーパー戦隊。

伝え聞くところによれば、松村文雄カメラマンの力が大きかったとか。
テスト撮影の日、たまたま中澤祥次郎監督が不在だったのをいいことに、松村さんの考える理想のフォーメーションが組みたてられたそうです。
デジタルに移行しつつ、あくまでも現場はフィルムスタイル。


で、「計測とはなんぞ」に戻ります。


フィルム撮影では、いざ現像するまで、実際の映像は分かりません。
そこで撮影部(撮影スタッフ)は、科学知識と経験をフル稼働して、最適な映像を設計します。
なかでも、露出計1本さらしに巻いて、アングル内の光の当たり方を確認・コントロールする係が「計測」。撮影部ではありますが、光を管理するのが受け持ちなので、照明部(照明スタッフ)にも指示を出します。
照明部を傘下にしたがえる──とまでは言わないものの、日本アカデミー賞で、照明賞が撮影賞に準ずる(独立していない)のは、そうしたフィルム時代からの流れでしょう。

一方、ビデオスタイルのおおもとは舞台中継。
舞台は、美術部と照明部がつくりあげるものであって、それを中継する撮影部の仕事は、すでに完成済みの舞台をどううまく撮るか。
この流れからは、撮影部が照明部に指示を出すという発想はあまり出て来ません。ともすると照明部のほうがエラい。

これは一例に過ぎませんが、撮影スタイルによって、スタッフの役割や関係性は変わります。

現在のスーパー戦隊のスタイルを組みたてた、松村カメラマンの真意とは……
もちろん9割は、アナログ/デジタルのいいとこ取りして、よりよい現場をつくろうという思いでしょう。
でも、残りの1割は、デジタル時代でも撮影部がお山の大将たらんとする陰謀ぶくみだったかも。(^^;


そんな陰謀の申し子でもあるさとうさんのカメラ。

「早い!」と現場で評判でした。
豊富な経験と、Bカメでつちかわれた機動力。的確なポジションにいち早く入る。
いったんカメラポジションを決めたら、各スタッフに号令し、理想のショットを完成させていく。
お山の大将の面目躍如です。

新人らしからぬ自信に満ちみちたさとうカメラを、次回ドン30話もお楽しみください!

(文責・白倉 伸一郎)


「もし、おれたちがその相手を倒せたら……なにかうまいものでも食うか」
「うまいもの……」
「そうだな。おでん、とか。夏のおでんもいい」
「おでん、とは?」
「あんた、おでんも知らないのか。変わってるな。いいだろう、おれが教えてやる」
「それは楽しみです」

(ドン13話「さよならタロウ」より)

あの約束から26話。
……思えば遠いところに来たものです。

もはやドンブラザーズにおいて、おでんの扱いは一級品。
そのセンシティブさでいえば日本一を自負しています(?)

おでん界でのセンシティブ部門があるとすれば、もはや敵なしドンブラザーズ。
劇中、どんなアイテムよりおでんを販促しているのは気のせいでしょうか。

「......こうなった以上、おでんの約束は......」
「ああ。あり得ないな」
「......あんた、名は?」
「......ソノイ......」
「......残念だよ、ソノイ」
「......ええ。私も......残念です......とてもね」


同じくドン13話より。
20話以上かけて、現実では叶わなかったおでんの約束。
ようやく皆様にお届けすることが出来ました。


「美味いか?」
「......ああ、美味い。とてもね」


お気づきでしたでしょうか。
ここのソノイの「とてもね」という台詞。13話からのリフレイン。

20話以上経ってしまったけど
あの時のソノイとタロウから、変わらないものもある。


井上大先生と富永さんに確かめたわけではないので
これはあくまで推測ですが……ここの「とてもね」の言い方に
タロウとソノイの永遠が詰まっているような気がしました。

恐るべし、ユヤ・トミナガ……!!




しかし……おでんの約束……
おでんの約束……



あぁ~~ホントはもっと幸せにお届けしたかったよ~~~(本音)

でも、この形が彼ら二人にとっては一番幸せなのかもしれません。
暖かな光に包まれた、美しさと優しさに溢れたおでん空間。



……いやおでん空間ってなんだ???



ちなみに、おでん空間というのはあながち間違いではなく。
実は撮影と並行して
カメラの裏では実際にスタッフさんがおでんを調理しているのです。

ベストなタイミングでベストなおでんを提供できるように
撮影セットに最早本物のおでん調理場が登場。

ですので、おでんのかぐわしい香りに包まれながら撮影した皆様。
撮影終了後は当然この景色。

文字通り「※余った食材はスタッフが美味しく頂きました」というやつですね。
諸田監督も、おでんを前にするとこの笑顔。


そんなわけで、弔いとムラサメ。
諸田敏監督の再登板でした。

いつも通り、ベテランの機敏がビシバシと!

特に「脳人流のお葬式」という、誰も見たことも聞いたこともないものを
的確に描き出し、そのために必要なものを抽出し用意していきます。

それにしても……ソノイの遺影デカすぎません??
思わず先週のHPのサムネにしちゃいましたよ。

(遺影、マネキン、ご本人。三大ソノイのSSR揃い踏み)

そんな数々の思い切りの良さも、監督に言わせれば全ては「ハッタリ」。

タロウが破顔マッサージを黒力士さんにやり返すところなども
あそこまで過剰にやっているのは監督と現場の判断。面白いですよね。


ちなみに……
台本で「黒力士」という単語が書かれていた時は焦りました。


「力士…‥!? 今から急に来れるお相撲さん(レベルの巨漢)なんて居るのか……!?」
と。

ですが、蓋を開ければ
いつもの神輿担ぎの男性陣のことを大先生が「力士」と命名されていたようで
その黒ヴァージョンということでした。一安心。

仮にお相撲さんに本気マッサージされていたら
樋口くんは(物理的に)ポッキリ折れていたことでしょう。危なかった……。



そうそう、元老院の長老も初登場しましたね。

仮面の老人ということで、スーツアクターさんのお芝居へ
声優さんに声をアテてもらう狩埼パパ方式を採用。

飛田展男さんのお声の長老のアクターさんは今井靖彦さん
そしてもう一方は声が辻親八さん、アクターは草野伸介さんにお願いしております。

カツサンドをムシャムシャ食べるシーンは
台本に元々あったものの、ベテランアクターの今井さんの勢いが
さらにその面白さを加速してくださいました。

そんな芝居に、声優さんお二人もノリノリ。

諸田監督から声優さんのチョイスは一任されたのですが
「声だけでキャラが顕著に差別化出来るように」という目的のもと
飛田さんと辻さんにお願い出来たのは改めて僥倖でした。

高音:飛田さん
低音:辻さん

というざっくりした棲み分けでアフレコが始まったのですが

最初に飛田さんが演じて下さった長老を聞き、諸田監督は一言
「もっとギャグっぽくやっちゃったらどうなります?」

とオーダーされ、すぐに対応、そしてキャラ性が更に際立つ結果に!
ベテラン声優さんの実力にも裏打ちされ、少しの出番でも元老院のイメージがガラッと変わったのではないでしょうか。

皆様、ちょっとお茶目な元老院、どうもありがとうございました!!


ゲストというと、今週のヒトツ鬼はこのお方。

荒ぶるダイノガッツの爆竜鬼さん。
諸田監督が大アバレしている29話に相応しい怪人さんでした(?)


変身前の永井社長を演じられたのは若杉宏二さん!

ドンブラザーズ変人グランプリでも上位に食い込むパワハラ具合(?)が素晴らし
爆竜鬼の恐い恐竜の感じが素面のときから滲み出ているようでした。

アフレコも例に漏れず華麗にこなしていただいた若杉さん。
改めましてありがとうございました!


そして、もうひとつの大きなトピックといえばこちらの方々。
ムラサメと闇ジロウ。こちらの二人が急接近。

そもそもこの29話は、こちらの二人の話の方が出発点だった覚えがあります。

プロットの段階で井上先生、こう仰っていました。
「闇ジロウに飽きてきたから、なんか新しい刺激がほしい。ムラサメと絡ませると面白くなると思う」

ふむふむ。

そもそもドン21話などで既に布石が打たれていたムラサメさんと闇ジロウさんの関係ですので、これは願ってもない好展開! やったー!

……などと思っていたら
何故か「ソノイのお葬式」という激重イベントが悪魔合体して付いてきたのは流石の大先生でございます。
一筋縄では喜ばせてくれないんですね。分かります。

闇ジロウの心中が、ムラサメの問いかけによって垣間見えるとても重要なシーン。
「闇ジロウ」としての回想がここで初めて描かれます。

それぞれ幼少期を演じる子役のみんなに優しく演技指導をする諸田監督。

どう考えても事案です本当にありがとうございました。
なんて心温まる光景なのでしょう。

みんな、サングラスしているだけで監督は怖い人じゃないよ!!


闇ジロウのアイデンティティが
彼の周りの人間関係によって変化したきっかけの「かごめかごめ」。


しれっと明かされた重要な情報。
つまりこれ、実はジロウにとっての最初の人格は闇ジロウ
後から出てきた人格の方が、今まで見てきたジロウだったらしいのです。



やっぱり普通のジロウの方が危ないヤツだったんじゃないか!!
どうする? 処す?処す?


そんな、本来の自分を封じ込めている桃谷ジロウと
本来の自分を探しているドンムラサメ。

ジロウと闇ジロウ。
ムラサメとマザー。


ひとりではできない事でも、二人なら並べる、二人なら超えられる。
ムラサメが歩む道と、ジロウの歩む道、再び交わることはあるのでしょうか。
今後の二人には要注目です!

……とか言っていたら二人どころじゃねぇ!!
ムラサメくん色んなヤツに浮気してますよ! いいんすかマザー!!!


そんなわけで、ムラサメの強大な力は
並大抵のものには扱えない代物らしく、新たに出て来た「妖刀ムラサメ」としての一面。

「ムラサメの力」が、実体を持ちつつ
今回のように武器化して、色んな人間を転々とするようになったのは何故か?

それは、以下の理由です。
しれっと明かされた重要な情報その②

「獣人を倒せるのはムラサメだけ」

根深い獣人問題に、ムラサメくんが絡んでくるというのはこういうことだったのです。
獣人特攻の兵器として開発されたドン家の秘蔵っ子。それこそドンムラサメ。


ですので、獣人を問題視している脳人元老院の傘下に置かれて
獣人のハンターになる予定だったのですが

謎の存在「マザー」の手引きによって、脳人世界から脱走。
こうして「獣人を倒せる唯一の手段」がどの勢力につくか分からなくなったのです。


ムラサメ自身の意識が眠ってしまい、妖刀として使われるとなると
尚更その向きは強くなります。ムラサメを手に入れたものが対獣人戦線を制す。
だから今回、妖刀騒ぎとその果ての封印が必要だったのです。

暴走芝居=素面の刀アクションには、キャストの皆様は初挑戦!


柊太朗くん、あみささん、そして別府くん。
それぞれ福沢AC監督から丁寧に教わりながら楽しんでやって下さっておりました。

闇に相対するお芝居は難しかったと思いますが……お見事!


そうして無事、ソノザの漫画パワーで妖刀も封印!!








いや漫画パワーってなんだよ!!!!!!!

……ええ、ここは恐らくディティールの部分です。
大事なのは結果です。この世には結果だけが残る。

ムラサメが現状ソノザの所有となったということ。
それだけ分かっていればしばらくは大丈夫ですのでご安心ください。



そして、それが早速次回で効果を発揮します。

遂にその「獣人問題」と対決していくみたいですよ。
獣人問題ということは、避けては通れぬ〝みほちゃん〟問題……。


定められた修羅場の時は近そうです。皆様、何卒お覚悟を。


それでは、次回もお楽しみに太郎!

(つ……翼がドンブラザーズに馴染んでいる!? そんなバカな!?)

(文責:松浦大悟)

◎TTFC限定オーディオコメンタリードン29話更新!
不思議面子で大盛り上がり!?

ドンブラザーズのオーディオコメンタリー!
略して#ドンコメ! 

今回はムラサメを制御できるお二人こと(?)
桃井タロウとソノザ、樋口幸平さんとタカハシシンノスケさんをお招きして
諸田監督とトーク!!

ソノイの葬式に呼ばれなかったから「ドンコメ」に呼ばれた疑惑のあるタカハシさんの「ドンブラザーズ親善大使」の看板は伊達じゃない!
不思議な面子なのに、クロストークは大盛り上がり!
宿敵の葬儀に出席直後の樋口くんの気持ちも勿論直撃しました!!
是非ご視聴を!


#ドンコメのハッシュタグで、Twitterなどで感想募集中!

皆様のお声に、完走懸かっております!
よろしくお願いいたします!

《#ドンコメ一覧》
ドン1話「あばたろう」 田﨑竜太監督×白倉伸一郎プロデューサー
ドン2話「おおもも、こもも」 田﨑竜太監督×佛田洋特撮監督
ドン3話「あかりどろぼう」 中澤祥次郎監督×田﨑竜太監督
ドン4話「おにぎりのおに」 中澤祥次郎監督×福沢博文アクション監督
ドン5話「たてこもったイヌ」 渡辺勝也監督×上赤寿一カメラマン
ドン6話「キジみっかてんか」 渡辺勝也監督×上赤寿一カメラマン×高山秀子スクリプター
ドン7話「せんせいのむれ」 加藤弘之監督×樋口幸平×別府由来
ドン8話「ろんげのとりこ」 加藤弘之監督×高田将司×岡田和也
ドン9話「ぼろたろうとロボタロウ」 田﨑竜太監督×福沢博文AC監督×浅井宏輔
ドン10話「オニがみたにじ」 田﨑竜太監督×福沢博文AC監督×下園愛弓
ドン11話「イヌのかくらん」 山口恭平監督×柊太朗×鈴木浩文
ドン12話「つきはウソつき」 山口恭平監督×佛田洋特撮監督×(株)バンダイ寺野彰
ドン13話「さよならタロウ」 渡辺勝也監督×樋口幸平×富永勇也
ドン14話「みがわりジロウ」 渡辺勝也監督×衣装部 藤井和輝×(株)バンダイ加藤紀子
ドン15話「おかえりタロウ」 渡辺勝也監督×志田こはく×石川雷蔵
ドン16話「やみおちスイッチ」 加藤弘之監督×福沢博文AC監督×伊藤茂騎
ドン17話「ひかりとつばさ」 加藤弘之監督×柊太朗×新田桃子
ドン18話「ジョーズないっぽん」諸田敏監督×大沢信吾カメラマン×高山秀子スクリプター
ドン19話「もしもしユーレイ」諸田敏監督×モニター担当・瀬尾幸夫
ドン20話「はなたかえれじい」山口恭平監督×駒木根葵汰×高田将司
ドン21話「ごくラーメンどう」山口恭平監督×竹内康博×日本映像クリエイティブ 沖 満
ドン22話「じごくマンガみち」 渡辺勝也監督×志田こはく×タカハシシンノスケ
ドン23話「イヌ、いぬになる」 渡辺勝也監督×岡田和也×佛田洋特撮監督
ドン24話「むすこ、ににんばおり」 加藤弘之監督×日本コロムビア穴井健太郎
ドン25話「ヒーローしごとにん」 加藤弘之監督×レインボー造型(株) 前澤まさる
ドン26話「フィナーレいさみあし」 茶谷和行監督×白倉伸一郎プロデューサー
ドン27話「けっとうマジマジ」 田﨑竜太監督×選曲・宮葉勝行
ドン28 話「ひみつのヒミツ」 田﨑⻯太監督×井上千尋プロデューサー×佛田洋特撮監督
《NEW!》ドン29話「とむらいとムラサメ」諸田敏監督×樋口幸平×タカハシシンノスケ


#ドンコメのハッシュタグで、Twitterなどで感想募集中!
皆様のお声に、完走懸かっております!
よろしくお願いいたします!

東映特撮ファンクラブ(TTFC): https://tokusatsu-fc.jp/

◎Blu-ray コレクションVol.1!絶賛発売中!
盛りだくさんの映像特典!!さらにVol.2も好評予約受付中!

Blu-ray COLLECTION 第 1 巻が9/14に発売されました!
オリジナル映像特典として、スーツアクター&キャストの組み合わせで 本編を観ながら〝演じる役〟についてフリートークを展開する「どんぶらビジュアルコメンタリー」を収録!
さらに桃谷ジロウ役に決定したばかりの石川雷蔵のダンス練習に完全密着した「ダンスのごくい」も見逃せない!
さらにさらに子供たちに大人気の OP ダンス「みんなで踊ろう!ドンブラダンス!」や、制作発表記者会見なども多数収録!


《商品情報》
暴太郎戦隊ドンブラザーズ Blu-ray COLLECTION 1[Blu-ray]
21,780 円(税込)
<収録話> DISC1:#1~6(予定) DISC2:#7~12(予定)
●初回特典 ◆全巻収納 BOX ◆ブックレット(予定) ※初回特典は限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。
●映像特典 ◆どんぶらビジュアルコメンタリー(予定) ◆制作発表記者会見(予定) ◆みんなで踊ろう!ドンブラダンス!(予定) ◆PR 集(予定) ◆データ&デザイン画ファイル(予定)
COLOR/本編 285 分(予定)/2 層 2 枚組/リニア PCM(ステレオ) /16:9【1080p Hi-Def】/12 話収録

Blu-ray COLLECTION 第 1巻に続き、第2巻も発売決定!
オリジナル映像特典として、スーツアクター&キャストの組み合わせで 本編を観ながら〝演じる役〟についてフリートークを展開する「どんぶらビジュアルコメンタリー」を収録!
DVDも7 月 13 日(水)より毎月順次発売です!

《商品情報》
暴太郎戦隊ドンブラザーズ Blu-ray COLLECTION 2[Blu-ray]
21,780 円(税込)
<収録話> DISC3:#13~18(予定) DISC2:#19~24(予定)
●初回特典 ◆ブックレット(予定) ※初回特典は限定生産品です。在庫がなくなり次第、通常の仕様での販売となります。
●映像特典 ◆どんぶらビジュアルコメンタリー(予定) ◆PR 集(予定) ◆データ&デザイン画ファイル(予定)
COLOR/本編 285 分(予定)/2 層 2 枚組/リニア PCM(ステレオ) /16:9【1080p Hi-Def】/12 話収録

◎G ロッソ公演「暴太郎戦隊ドンブラザーズショー」
初のおはなし CD 化決定!11/23(水)発売!

2022/7/16(土)から東京ドームシティ シアターGロッソにて開催されている暴太郎戦隊ドンブラザーズショー シリーズ第2弾「鬼アツ!Gロッソで祭りだ祭りだ!新たなる戦士ドンドラゴクウ見参!!」のストーリーをおはなしCDとしてリリースすることが決定しました!
Gロッソ公演のお話CD化はスーパー戦隊シリーズ史上初の快挙となります!!

暴太郎戦隊ドンブラザーズのキャストの声をすべて新たに録音。
さらに脚本家井上テテ氏の加筆により、Gロッソ公演の中では描かれなかった、お供たちの戦い(?)の裏で単独行動をとったドンモモタロウの活躍が明らかに!

ストーリーを収録した台本を同梱する特別仕様!
Gロッソ公演を実際にご覧になったファンも改めて楽しむことのできる1枚です!

【タイトル】暴太郎戦隊ドンブラザーズ シアターGロッソ おはなしCD

【発売日】2022/11/23(水)
【価格】¥3,300(税込)
【品番】COCX- 41882
【URL】https://columbia.jp/prod-info/COCX-41882/

【収録内容】
暴太郎戦隊ドンブラザーズショー シリーズ第2弾「鬼アツ!Gロッソで祭りだ祭りだ!新たなる戦士ドンドラゴクウ見参!!」を収録したCDと台本を同梱。

【おはなしCD あらすじ】
子供たちを恐怖で震え上がらせるため、Gロッソに謎の怪人が現れた。そこに、ドンブラザーズと新戦士ドンドラゴクウが登場する!しかしドンブラザーズにはドンドラゴクウとは違う何か別の目的があるようだ。そして、大盛り上がりの"鬼アツ"な戦いの火蓋が今、切って落とされる!


ドン25話の虎龍攻神(トラドラゴンジン)のバトルシーンで初お披露目となった
「燃えろ!虎龍攻神!」がEP3に収録決定!

作曲は勿論、我らが山下康介先生!
作詞は八手三郎が担当した今回の楽曲。


歌唱するのは、『五星戦隊ダイレンジャー』の主題歌以来、29年ぶりにスーパー戦隊ソングを歌唱することになったNewJack 拓郎さん!
レコーディングのあとに実施されたインタビューも公開しております!

https://columbia.jp/donbro/special09.html


ジロウの心と、虎龍攻神の勇姿!
是非熱い中華サウンドとともに、お楽しみください!!


【タイトル】暴太郎戦隊ドンブラザーズ EP vol.3

【発売日】2022/10/19(水)
【価格】¥1,980(税込)
【URL】https://columbia.jp/prod-info/COCX-41827/

【収録内容】
燃えろ!虎龍攻神!
歌:NewJack 拓郎 作詩:八手三郎 作曲:山下康介 編曲:亀山耕一郎
俺こそオンリーワン <『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』オープニング>
歌:MORISAKI WIN 作詩:及川眠子 作曲・編曲:フワリ
Don't Boo!ドンブラザーズ <『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』エンディング>
歌:MORISAKI WIN 作詩:渡部紫緒 作曲・編曲:坂部 剛
他、全6曲を収録
【公式プレイリスト】
暴太郎戦隊ドンブラザーズの歌とBGMを集めた、公式プレイリストを公開中!
https://lnk.to/donbro-playlist

◎⻤頭はるか先生最新作「新章・初恋ヒーロー」が TTFC で読める!!

「ドン 22 話 じごくマンガみち」にて、オニシスター・⻤頭はるか先生が執筆した幻の原稿「新章・初恋ヒーロー」が、東映特撮ファンクラブの電子書籍で特別配信!
はるかとソノザの熱いまんが道を感じてください!
新章 初恋ヒーロー
作・画 ⻤頭はるか(ふじもとまめ)

東映特撮ファンクラブ(TTFC): https://tokusatsu-fc.jp/


暴太郎戦隊ドンブラザーズは全ての話数をAmazonPrimeVideoにて配信予定!!
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B09TV9Z42V/

その週の水曜日に最新話は更新されます!
アマプラで現行戦隊が見逃し配信されるのは史上初なのです!

さらに勿論TTFC、TELASA、でも全話ドンドン配信中!
何度でもドンブラザーズを楽しんでください!!

テラサ(TELASA):https://www.telasa.jp/

◎ドンブラダンス動画が配信中!!

◇みんなで踊ろう!ドンブラダンス!【公式】(「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」主題歌TVサイズフルver.)
もうすぐ 555 万再生突破!白倉P編集によるTVオープニングのフルバージョン!


◇ドンブラダンス お供キッズと踊ってみた【ドンブラザーズ公式】
人気キッズYoutuberがドンモモタロウとドンブラダンス(イージーモード)を踊ってみた!


◇ドンモモタロウがおしえる!ドンブラダンス~イージーモード~【ドンブラザーズ公式】
彩木エリ先生直伝!超貴重なドンブラダンスのレクチャー動画!


ハードモードもイージーモードもみんなで踊れば繋がる縁!
何度でも動画を見てドンブラダンスを覚えよう!



◎OP,ED主題歌CDが発売中!各種配信サイトでも大好評配信中!!


MORISAKI WINが担当する『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』オープニング「俺こそオンリーワン」TVサイズが大好評配信中!
オープニング「俺こそオンリーワン」
エンディング「Don’t Boo! ドンブラザーズ」
2曲を収録したCDが大好評発売中!
限定盤にはアバタロウギア ドンモモタロウ&MORISAKI WINも付いてくる!

iTunes Store、レコチョクなどダウンロード配信サイトでの購入や、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどストリーミング配信サイトでも楽しめる!

また、2022年4月6日には主題歌CDが発売!!
エンディング「Don’t Boo! ドンブラザーズ」も収録!
さらに限定盤にはアバタロウギア ドンモモタロウ&MORISAKI WINが付いてくる!

音楽を聞いて、いつでもドンブラしちゃおう!!

日本コロムビア特設ページ:https://columbia.jp/donbro/



◎鬼頭はるか作「初恋ヒーロー」がTTFCで読める!!

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドン1話 あばたろう」にて、オニシスター・鬼頭はるか先生が冗談社マンガ大賞を受賞した「初恋ヒーロー」の第1話が、東映特撮ファンクラブの電子書籍で配信開始!
初恋ヒーロー 第1話「マイヒーロー」(後編)が、本日より配信予定!

この漫画を読んで、さらに「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」の世界を深く、お楽しみください!

初恋ヒーロー 第1話「マイヒーロー」
作・画 鬼頭はるか(ふじもとまめ)

東映特撮ファンクラブ(TTFC): https://tokusatsu-fc.jp/



◎Yes!ドンブラ!まるで戦隊!?ドンブラザーズスピンオフが配信中!

喫茶「どんぶら」に集まっているドンブラザーズの5人。
「せっかく5人揃ったんだから力を合わせて熱くドカーンと戦うのもいいんじゃない?」というはるかに「自分に不似合いなことをしても意味はない」というタロウだが、そこに緊急警報が鳴り響く!
5人揃ってアバターチェンジ!5人の名乗り!
テレビでは見られない? コレがドンブラザーズのホントの姿!?



◎センパイジャーにアバターチェンジ!スペシャル動画が配信中!

シソツ鬼とアノーニたちに襲われているはるかのもとに、
ドンモモタロウがドドンと登場!
ドンモモタロウは、スーパー戦隊の先輩たち、名付けて「センパイジャー」に、アバタロウギアで次から次にアバターチェンジ!

これを見たら、君も暴太郎だ!!



◎仮面ライダー電王とドンモモタロウが桃コラボ!

奇跡のコラボ!
「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」 meets 「仮面ライダー電王」 目指せ!ドン王が配信中!
これを見て、電王たちと一緒にプリンをおいしく食べよう!




◎スーパーせんたいフレンズもドドンと更新中!

大人も子供も楽しめるスーパー戦隊のホームページ【スーパーせんたいフレンズ】には様々なコンテンツが盛りだくさん!!
ドンブラザーズと覚えるひらがな表や、カタカナ表、おてがみフォーマット、
さらにデフォルメのドンモモタロウやオニシスターなどドンブラザーズのぬりえもダウンロードすることができます。
新たに登場したアバタロウギアもピックアップ!
放送をみんなで楽しんだあと、是非ご覧になってみてください。

スーパーせんたいフレンズ
https://www.super-sentai-friends.com

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
桃井タロウ/ドンモモタロウ:樋口幸平

猿原真一/サルブラザー:別府由来

鬼頭はるか/オニシスター:志田こはく

犬塚翼 /イヌブラザー:柊太朗

雉野つよし/キジブラザー:鈴木浩文

五色田介人/ゼンカイザーブラック:駒木根葵汰


ソノイ:富永勇也

ソノニ:宮崎あみさ

ソノザ:タカハシシンノスケ


桃井陣:和田聰宏

STAFF
【プロデューサー】
井上千尋(テレビ朝日)
白倉伸一郎(東映)
武部直美(東映)
矢田晃一(東映エージエンシー)
深田明宏(東映エージエンシー)
【原 作】八手三郎
【脚 本】井上敏樹
【監 督】田﨑竜太
【アクション監督】福沢博文
【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©テレビ朝日・東映AG・東映