東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーディケイド > あらすじ一覧 > 第19話 終わる旅

テレビ

第19話 終わる旅

2009年5月31日O.A.

Episode Guide

(つかさ)たちの訪れた9番目の世界───響鬼の世界にも、やはり滅びが始まっていた。

出現した伝説の魔化魍(まかもう)・牛鬼。
世界の危機を前にしてさえ、流派どうしのいがみ合いから抜け出せないイブキとザンキ。そんな師匠たちの姿を見るに見かね、それぞれの弟子たちは……

「まずは動くことです。動けば何かが始まります!」

流派どうしのしがらみを越え、スクラムを組むアスム、トドロキ、アキラ。
だが、アスムはまだ知らない。敬愛する師匠のヒビキこそ、牛鬼の正体であることを。


祭りの場所は……

鬼の面のことを「般若」というのは、一説には、般若経を読んで怨霊を退治したからだとか(『源氏物語』のエピソード)
これ、ショッカーのお面を「仮面ライダー」と呼ぶみたいな話に聞こえますが、そういう理屈ではなく、鬼を倒すパワーはかぎりなく鬼にひとしいという考え方。まあ、もともと「仮面ライダー」もそういうものですね。

魔化魍を倒すために、鬼となる。

それは、かぎりなく「魔」にひとしくなること。
協和音と不協和音が、紙一重であるように。紙一重だからこそ、《清めの音》なのです。清めとは、かぎりなくひとしいものの間に境界線を引くことですから。

小理屈をこねてるわけでなく、これがお祭りの本質、エンターテインメントの本質。
平成ライダー10周年をめぐるお祭り番組、最大の祭りの始まりです。


 脚本:米村正二 監督:柴崎貴行

Cast Information

デビット伊東さん!

 18,19話でヒビキ役を演じていただいているのは、デビット伊東さんです。かねてから悪役を演じてみたかった(「かつ正義のヒーローも一度…」←こちらが本音?)ということで、今回のヒビキ役は一石二鳥!と、快く引き受けていただきました。
 衣装合わせでも<アロハシャツ>という台本の表記を読んで、「とりあえず着てきました!」と、ご自前のアロハ姿で現れるほど(笑)
 弟子<アスム>を突き放す師匠の想い、<牛鬼>という末路をたどった男の想い、複雑な宿命を背負ったヒビキを見事に表現していただきました。


小清水一揮くん!

 続いて、アスム役を演じていただいているのは、「ALWAYS 三丁目の夕日」など映画にテレビにひっぱりだこの小清水一揮くんです。
 <世代交代><継承>というのが今回の響鬼編の一つのテーマなわけですが、まっすぐな瞳で、一生懸命熱演していただきました。
 「幼いころは鉄道マニアで、ライダーは正直まったく・・・」という小清水くんでしたが、やはり変身できたのはかなり感動的だったようです。

 ということで、ヒビキとアスムの継承はいかに!?超感動大作の19話をどうぞお楽しみに!


師匠から弟子へ!

『響鬼』オリジナルキャストを迎えつつ、お送りしている響鬼編。
次回19話では、アキラの変身シーン(!)が……。

秋山さん(アキラ) 「変身ポーズ、やったことないんですけど……」
宮崎アクション監督 「渋江くん、教えてあげて」
渋江さん(イブキ) 「まかせてください!」

「音笛を吹く!」 「額に掲げる!」 「風を巻く!」
「すばやくビシッとね!」と宮崎AC監督。

特訓がつづくお2人。
時を超え、なんだか本当の師匠と弟子になったみたいで、現場に微笑ましい風が流れた瞬間でした。

対抗してか嫉妬してか? ザンキ流も特訓。

「ザンキ流の変身を教える」
「一応知ってますけど、はいっす!」
「腕に力を込めて──」 「自分を殴ると、イテッ! 痛いからな!」
「………」
いつもお茶目な松田さんなのでした。

と、同窓会ノリだけでなく、その演技には、シリーズの後それぞれ活躍されてきた経験ゆえの深みが。このキャストしかありえなかった芝居場にもご期待ください。



音撃道のお宝?!

大樹が狙う、3流派それぞれに伝わる極意の巻物。
その3つが揃ったとき、真のお宝が現れるとか!

イブキ流 ザンキ流

首尾よく、2つまでゲットした大樹。
でも、まだまだハードルが。ヒビキさんの隙をついて、残る1巻を盗めるか? たとえ巻物を揃えられても、この暗号が解けるか?
そもそも、この世界のお宝とは?!

《謎の巻物》とは、柴崎監督のオーダー。

もちろん謎解き自体がやりたいわけじゃなくて、テーマを表現する一環としてのことですが、せっかくなのでクラシカルで《和》な謎を……とか、みんなで考えてみました。

首は之なり」「立つ日なり

ヒビキ流の巻物なんかなくても、もう解けますよね。
大樹と、視聴者のみなさんに挑戦?! 答え合わせは、次回19話で。



超々ヒット! 『超・電王&ディケイド

おかげさまで、早くも前2作超えにマジック点灯。こんなご時世だけに、元気になれる映画を! と思いは込めていますが、映画そのものが元気!

23日(土)、30日(土)からスタートする劇場も。
これまで上映のなかった地域の方々も、一度お近くの劇場を調べてみてくださいね。
上映劇場一覧


※写真は初日舞台挨拶の時のものです。


(文責・白倉伸一郎、武部直美、和佐野健一)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース