東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーディケイド > あらすじ一覧 > 第11話 555つの顔、1つの宝

テレビ

第11話 555つの顔、1つの宝

2009年4月5日O.A.

Episode Guide

オルフェノクから学園を守っていたファイズ=タクミ。
だが、自分自身もオルフェノクという正体を明かしてしまった彼は、もう学園にはいられない。
学園の規則というより、それは彼をこれまで信頼してくれていた由里への手ひどい裏切りだった。そのことをいちばんよく知っているのは、タクミ自身……。
ファイズがいなくなった学園に、いよいよ本性を現したラッキークローバーが牙をむく。

一方、ファイズのベルトを追う海東大樹の前に立ちはだかった士は、最大の危機に陥る。
ファイズのベルトをめぐる人々、スマートブレイン・ハイスクールをめぐる人々。その行く末は?



鮮烈すぎるデビューを飾ったディエンド=海東大樹(かいとう・だいき)
いわゆる怪盗。狙った獲物は絶対逃がさない! どこまでもひたむきに、世界のお宝とやらを追いつめます。
これまで士(つかさ)が出会ったライダーは、みんなそれぞれ周りとの関わりを抱えていましたが、大樹にはそんなの関係なし。知力も体力も情熱も、自分のすべてを、《お宝》を追うためだけに注ぎ込む。士をさえたじろがせるのは、何よりもその凄まじいまでのまっすぐさ、かもしれません。
《世界の破壊者》ディケイドに、最大のライバルが登場しました。

 脚本:會川昇 監督:柴崎貴行

Cast Information

仮面ライダーディエンド登場!!戸谷公人さん!!

 ディエンドに変身する謎の男・海東大樹を演じるのは、戸谷公人さん。まだ十代なのに、どこか落ち着いた雰囲気を持つ好青年です!井上くんをはじめとするディケイドチームとも、あっという間に打ち解け、いまでは「まーくん♥」「きみちゃん♥」と呼び合う仲だそうで(笑)


「まーくん♥」「きみちゃん♥」
 己の目的、手に入れたいモノのためなら手段を選ばない男・海東大樹。これまでのディケイドにはなかった捉えどころのないキャラクターと圧倒的な存在感で、新しい風を注ぎ込んでくれています。今後もディエンドの活躍にご注目ください!


制野峻右さん

 10,11話で尾上タクミ役を演じていただいているのは制野峻右さん。オルフェノクという宿命を背負いながらも、学園を守るファイズとして生きているタクミ。苦悩と使命感、そして淡い恋心。揺れ動く微妙な心情を、繊細な演技で表現してくれています。
 タクミがたどり着いた答えとは!?どうぞご期待ください!


緑友利恵さん

 つづいて、タクミが憧れる写真好きの女子生徒・友田由里を演じるのは、緑友利恵さん。
 ご本人も現役の高校生ということもあり、由里と同じく(?)天真爛漫で元気な女の子です!どことなく吸いつけられるような不思議な魅力をもった緑友利恵さん。タクミの正体を知ってしまった由里はどうなるのか?二人の行く末にもご注目ください!

お茶目な二人(笑)


井上正大くんハッピーバースデイ!


カンナちゃん、石田監督と。
監督が一番嬉しそう…
 3月20日は我らが主役、門矢士役井上正大くんのバースデイ!ということで、サプライズに御祝しちゃいました。撮影が終わった井上君…帰ろうとすると「ちょっと確認することがあるから待って!」と言われ、キョトンとしてるところを「おめでとー!」スタッフみんなが隠し持ったクラッカーを鳴らし、ケーキと花束を贈呈!
 番組では中々見れない満面の笑顔で記念写真をパチリ!20歳という節目の年を迎えさらなる飛躍を誓った井上君なのでした。


(文責・白倉伸一郎、和佐野健一、郷田龍一)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース