東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーディケイド > あらすじ一覧 > 第5話 かみつき王の資格

テレビ

第5話 かみつき王の資格

2009年2月22日O.A.

Episode Guide

「俺が……王だ!」

ビートルファンガイアはキバのヨロイを受け継ぎ、王国の玉座につく。
城から逃げ出すワタルに、手を差しのべるユウスケ。だが、そんなユウスケにワタルはファンガイアの牙をむいた。

“掟”の廃止を宣言するビートルファンガイア。諌言するガルルたちを自分の体に取り込み、強大化した彼の威勢に逆らえる者は、もはや誰もいない。「人間とファンガイアの共存」、そんな“理想”を信じる者も……

ひとり立ち上がろうとするユウスケ。そのときワタルは、そして士(つかさ)は!


人間とファンガイアが共存する平和な国。
それは“掟”によって強制されているだけの空中楼閣にすぎなかったのか。それとも?

『ディケイド』第2の世界・『キバ』編も、いよいよクライマックス。金田監督(写真)の熱い映像も頂点に達します!

 脚本:會川昇 監督:金田治

Production Note

超絶!

3話のサブタイトルは<超絶>でした。

【超絶】
━━[名](スル)
1 程度が他よりもはるかにとびぬけてすぐれているさま。
2 他とは無関係に、より高い立場にあること。超越。
では、なにが<超絶>なのか―――。
3話をご覧になった方はその衝撃を目の当たりにされたことと思いますが、あのクウガがディケイドによってあられもない姿に(笑)!
それこそがまさに超絶(変形)―ディケイドのもう一つの楽しみ方―なのです。
ライダーであるはずのものたちが、ディケイドの手によってあんな姿やこんな姿に!そこに論理や根拠はありません。ただあるのは、理屈抜きの<超絶>!
これからどんな<超絶>が待っているのか?まずは5話のキバ篇をどうぞご期待ください!

それにしても、士くん・・・

「ちょっとくすぐったいぞ」

いやいや、くすぐったいどころではないはずですが(笑)


「士(つかさ)はラテンだ!」

と、パイロット・田崎監督。

田崎組AR
田崎監督&地獄兄弟。監督が手にしているのは、『ディケイド』のプレート。今回の写真だよという証拠です。(^^;
※本文とは関係ありません。
番組のカラーを決定づける大きな要素が「音楽」。どんな音楽をお願いするかが勝負です。

『ディケイド』は一種の旅もの。旅ものといえば、エキゾチックな音楽がつきもの(『母をたずねて三千里』しかり『西遊記』しかり)。音楽が、主人公の旅する世界を表現してくれます。
でも、この企画の場合、エキゾチックなのは世界というより、そこにやって来る異邦人・士のほうだという逆転現象が……。

そんな難しい状況を、快刀乱麻に解きほぐす田崎監督。

「士というのは、このカメラのような人です(と士カメラを差し)。このカメラは、絞りが晴れ・曇りの2段階しかない。ピントも目分量。とってもアバウトです。けれども、デジカメよりレンジが広い。2眼だから、人とは違う風景を見ている。他のカメラでは見れない景色を写し取ることができる」

士のテーマが“ラテン”というのは、エキゾチシズムもさりながら、ノリがいいのに哀愁も漂う奥深さが、士というキャラにふさわしいということ。
しかも、そのテーマが全体のいわば「破壊者」として機能しないとダメ。そうして初めて、世界と士のミスマッチ感が表現できるわけです。つまり、カラーの違う2つの音楽世界が激突するということ。いったいどうしたら……?

鳴瀬さん&中川さん
鳴瀬シュウヘイさん&中川幸太郎さん
そこで、お2人の作曲家のコラボレーションが実現!

それぞれ当代を牽引するエキスパートながら、まったく系統の異なるお2人。ラテンノリのディケイド曲など「士」サイドが鳴瀬さん、ハリウッド映画もかくやの壮大なライダー大戦など「世界」サイドが中川さん……と絶妙のバランスをとりながら、クロスオーバーしていただきました。
平成ライダーが縦横無尽に入り乱れる『ディケイド』。音楽の現場もまた、そんなディケイドにふさわしいお祭りになったのでした。



(文責・白倉伸一郎、和佐野健一)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース