東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーディケイド > あらすじ一覧 > 第2話 クウガの世界

テレビ

第2話 クウガの世界

2009年2月1日O.A.

Episode Guide

「クウガの世界か」――

跳梁する未確認生命体=グロンギと戦いつづける《4号》――クウガ。その正体が、小野寺ユウスケという青年であることを知るのは、女性刑事・八代藍だけだった。
独自のルールにもとづいて殺戮行為を重ねるグロンギ。女性警察官だけが狙い撃ちにされる事件がつづいていた。そこに秘められた法則は? 彼らの目的は……?
そんな世界に入り込んだ門矢士(かどや・つかさ)。クウガとの出会いは――そしてグロンギとの戦いの行方は!

9つの世界をめぐる、ディケイド=士(つかさ)の旅が始まりました。
最初に訪れたのは、グロンギがゲゲル(ゲーム)として人間狩りを行なっている世界。そこでは仮面ライダークウガが、警察に「未確認生命体第4号」とレッテルを貼られながらも、警察内の少数の協力者とともに孤独な戦いを挑んでいます。
そんな世界を訪れた士のミッションは、まだ不明。「世界を旅しなければいけません」と聞かされただけで、クウガと接触すればいいのか、グロンギと戦えばいいのか。それなのに「だいたいわかった」と、迷うことなく戦いに身を投じていく士なのですが、果たして……。

 脚本:會川昇 監督:田﨑竜太

Production Note

士たちに課せられた使命は、「9つの世界」を旅すること。 1つ1つの世界にライダーがいて、それぞれの戦いを戦っています。あのライダーが、このライダーが……単に登場・共演するにとどまらず、「世界観ごと」ぶつかり合う!  それが、士たちがたどる壮大な冒険行であり、『仮面ライダーディケイド』がめざす前代未聞の挑戦です。 いわば番組と番組との激突。第1話で、紅渡が幻視させて見せた9つの地球は、1つ1つが番組そのもの。全世界を崩壊に追いこむカタストロフとは、じつは『ディケイド』という番組の存在そのものかも知れません。


『仮面ライダークウガ』(2000年)――記念すべき平成ライダー第1作。
ディケイドの旅は、ここから始まります。
描かれるのは、『クウガ』のリメイクでも続編でもありません。言ってみれば、士のカメラが切り取った『クウガ』。
それぞれ主役を張り、1年間にわたる物語をつむいできたライダーたち。一口に語りきれるはずもなく、ちょっと訪れた旅人がカメラを向けただけで、その魅力の全容がとらえられるはずもありません。
しかし……。
世界は動きつづけ、変わりつづけるもの。その世界の、ほんの一瞬しか切り取れないのがカメラ(スチルカメラ)。けど、だからこそ、本当に貴重な一瞬を切り取ることができたとき、動きつづけ、変わりつづけるはずの世界が、1葉の写真の中で永遠の命を得る。

『ディケイド』は、そのシャッターチャンスを狙います。


かつて「エキゾチックジャパン」という名コピーがあったように、そこには、新発見も多々。
旅人でなければ見えない本質もあります。
10年ぶんの平成ライダーの面白さが、ぜんぶある! そんな番組として始まった『ディケイド』の旅。
もう後戻りはありません!

Back Stage

第1話をご覧になった方は、そのスケールの大きさに驚かれたのではないでしょうか。

何から何までビッグスケールなのが『ディケイド』。キャラクター方面の物量もさることながら、最も現場が震撼したのは《士のダメ写真》かもしれません。
ありとあらゆる撮影テクニックを駆使して、《ダメ写真》を撮る! 田崎監督や士役の井上さんはじめ、スタッフが撮って撮って撮りまくった写真は、優に1,000枚を越えました。
そんなこんなのメイキングをご紹介したいのは山々なのですが、東映P陣が東奔西走中につき、いましばらくお待ちのほどを。『ディケイド』の物量がハンパないせいもありますが、もうひとつは……

『仮面ライダーG』

SMAP 稲垣吾郎さんがライダーに変身! テレビ朝日社屋を占拠したテロリスト怪人集団に、壮絶な戦いを挑むスーパーアクション。
テレビ朝日開局50周年・平成ライダー10周年を期したスペシャル企画です。
テレビ朝日・東映の総力をあげ、もはやテレビスケールをはるかに凌駕。とんでもない作品になりつつあります。

1月31日(土)21時~、特番『SMAP がんばります!』内で放送。


『ディケイド』を中心に、さまざまな企画を展開していく「平成ライダー10周年」。
アニバーサリーイヤーは、始まったばかり。「10年に一度のお祭り」は、まさにこれから!

(文責・白倉伸一郎)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース