TV

仮面ライダービルド

DATA
2017年9月3日~2018年8月26日放送
放送は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

EPISODE GUIDE

第43話 もう一人のビルド
2018年7月8日放送

戦兎の前に父親である葛城忍が現れた。驚きを隠せない戦兎を前にして、忍はさらなる驚愕の告白を淡々と続ける。自分が創り上げてきたビルドを根本的に否定されてしまう戦兎だったが、それでも忍を信じようとするのだった。しかし、そんな戦兎と他のライダーたちの間には、少しずつ溝が出来はじめていた。そんな中、石動に擬態したエボルトに美空が連れ去られて―――。
 
 
脚本 武藤将吾
 
監督 柴﨑貴行

葛城忍の目的とは?

 次回、ついに親子が対面します。仮面ライダーを創り上げた息子に父親が語るのは、残酷な真実です。エボルトを倒すためと信じてビルドとして人々を守ってきた戦兎は、その言葉によって最大の壁にぶつかります。そして忍が語る自身の目的は、エボルトと一致しているように聞こえます。その証明として、美空の命を犠牲にすることさえ厭わない様子の忍。本当にエボルトに魂を売っている悪のビルドなのでしょうか? 戦兎と龍我、それぞれのライダーを分析しているようにも見える忍が口にする「新世界」という言葉は、果たして何を意味するのか? 新しいエボルトと忍の思惑が見え隠れする次回、ぜひお見逃しなく!

(文責・大森 敬仁)

父と暮らせば。

先週に引き続き、今週も幻徳の服装をひとしきりイジッた後に始まった今回。

開始早々、一海が鋭い洞察を働かせていました。
戦兎の父・忍はエボルトと行動を共にしている可能性があるのでは?と。
鋭いぞ!カズミン!

父を思い、悩む戦兎

けれども!
そんな戦兎をあざ笑うかのように、エボルはブラックホールを使って東都政府官邸を吸収しちゃいました。…その様を遠くから見るビルドの姿も…ちらり…。

ブラックホールフォームに相応しい吸収っぷりにおののく二人。

父を思い悩む、幻徳。先週のおちゃめな幻徳の姿はそこにはありません。

一方で、エボルトは、御堂に擬態し、三都の統一を宣言していました。
地球をぶっ壊しに来たエボルトが、分裂した国を統一してしまうとは、なんて皮肉なことでしょう。

その後、戦兎と幻徳は、エボルトの誘いに乗って、マッドローグと対峙!
ダブルライダーキックが華麗に決まっておりました!

「仮面ライダーは不滅ダっっっ!」
 
そんなふたりの前に現れたのは…ビルド?!
忍の思惑はなんなんだー?!!?

(文責・小出大樹)

8月4日(土)公開『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』情報
金の兎と銀の龍とは?

『劇場版 仮面ライダービルド』の第一報は、兎の形をした金色の目と龍の形状の銀色の目をしたビルドの姿でした。「最後の実験」と呼ばれるその姿が、このたび解禁となりました! そのフォームは仮面ライダービルド クローズビルドフォームです。

兎の姿と龍の姿を兼ね備えたその姿は、いったい何を意味するのでしょうか? その答えは映画にしかありません。しかし、次回のテレビ放送をご覧いただくと、そのヒントの一端が見えてきます。第43話で描かれるのは龍我がマッドローグからドラゴンボトルを取り戻し、そのボトルが銀色に光り輝く現象。その現象が何を意味するのかが語られるのです。このように、既にテレビ放送では映画をより楽しんでいただく為の“仕掛け”が始まっています。忍ともう一人のビルドの登場。金のラビットボトル。銀のドラゴンボトル。そして、三都の統一。8月4日の映画公開に向けて、ビルドのテレビシリーズもまた加速していきます。映画をより楽しむために、今後のテレビの放送にも是非ご注目ください。

今回の映画の前売券のプレゼントは【激熱ライバル!ささえるヒーローズ!】
ただいま劇場窓口にて、スマホやタブレットを支えるアイテム【激熱ライバル!ささえるヒーローズ!】が特典としてついた前売券を発売中!仮面ライダービルド&クローズver.、ルパンレッドVSパトレン1号ver.の2種からひとつをプレゼントします。こちらのアイテムは、全国合計各4万個の限定品となります。

さらに、7月7日(土)よりプレミアムセット発売!劇場窓口にて(一部劇場を除く)
ビルドver.はDXゴールドラビットフルボトル&シルバードラゴンフルボトル。
全国合計2.5万個限定!

http://www.build-lupin-vs-pato.jp/

(文責・大森 敬仁)

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
桐生戦兎/仮面ライダービルド:犬飼貴丈

万丈龍我/仮面ライダークローズ:赤楚衛二

石動美空:高田夏帆

猿渡一海/仮面ライダーグリス:武田航平

内海成彰/仮面ライダーマッドローグ:越智友己

滝川紗羽:滝裕可里

氷室幻徳/仮面ライダーローグ:水上剣星

石動惣一/仮面ライダーエボル:前川泰之

STAFF
【原作】石森章太郎

【脚本】武藤将吾

【音 楽】川井憲次

【クリーチャーデザイン】篠原 保

【チーフプロデューサー】佐々木基(テレビ朝日)

【プロデューサー】井上千尋(テレビ朝日)、大森敬仁(東映)、谷中寿成(東映)、菅野あゆみ

【アクション監督】宮崎 剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【監 督】田﨑竜太 ほか

【制 作】テレビ朝日、東映、ADK

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映