TV

仮面ライダービルド

DATA
2017年9月3日(日)放送スタート! 
【毎週日曜 午前9:00~9:30放送】

EPISODE GUIDE

第30話 パンドラボックスの真実
2018年4月8日放送

『火星の王妃・ベルナージュ』と名乗る美空の身体に憑依した意志は、一瞬にして仮面ライダーたちを戦闘の場から避難させた。そして、彼女の口から、万丈に対して気になる言葉が飛び出す。
「お前が希望になる……」
パンドラボックスを取り戻すために再びスタークのもとへ向かう戦兎の戦いの一方で、ベルナージュの言葉を裏付けるように万丈に関するとんでもない事実が発覚して―――。
 
 
脚本 武藤将吾
 
監督 上堀内佳寿也

新章『エボルト編』開幕!

 ついにブラッドスタークがパンドラボックスを操り、スカイウォールの形を変えてしまうという驚異の能力を発動しました。さらに美空が“火星の王妃・ベルナージュ”を名乗り、物語のスケールは三都の戦争を超えるほどに広がっていきます。これらの一連の動きは、かつてベルナージュが一度だけ口にした言葉『エボルト』につながっていきます。果てして、この言葉は何を意味するのでしょうか? 「パンドラボックスが見つかった火星で始まった物語は、シリーズの中盤で宇宙の話に戻ってくる」という構成は、そもそも番組開始当初から計画していたもの。宇宙は物理学のテーマともつながるので、必然的な流れ(!?)とも言えます。ここから始まる常人を超えた存在のブラッドスタークとビルドの戦いにぜひご注目ください!

(文責・大森敬仁)


Building BUILD! 第29実験

新章開幕。パンドラタワー出現す!

映画と見紛うスケール感でお届けしました第29話
いかがでしたでしょうか?

ビルドの新章開幕!を描き切っていただいたのは、
上堀内佳寿也監督。第22話以来のメガホンです。

監督の豊富なアイディアで、当初の台本では「スタークが鼻歌を歌う」となっていたト書きが、
気付いてみたら第九(ベートーヴェン作曲「交響曲第9番」)のフルオーケストラ&合唱を撮影することに!!

当日の撮影はどんな様子だったのか、Production Noteの最後に、広報APのKさんの見聞記を掲載しておりますので、お読みください!
 
さて、自らの商売のために一国をどうにでもできるポジションを手にした難波(=見た目は御堂)はますます意気軒昂。

負けたことにされてしまった東都、依然として西都の占領が続いている北都の人々の運命を翻弄していきます。

そこから、龍我にしかできない計算のない行動によって、
どのように一海の心境が変化し、戦兎とともに戦うことになったのか?は、
アツすぎる本編を是非もう一度ご覧いただければと思います。

三羽ガラスの皆さんにも久々にご登場いただけて、スタッフ一同歓喜でした。



【特別寄稿・「ドレミファビルド♪」】

ついに幕を開けた新章!
第29話、お楽しみいただけましたでしょうか!?
 
暴走を始めた西都と難波重工。
今回の見どころは何と言っても、この勢いを表すかのような
冒頭シーン。

御堂(難波)の指揮による、オーケストラ演奏に合わせて
変形するスカイウォール。

このシーンには、現役のアマチュアオーケストラ奏者の方々や、
声楽経験者を含む合唱エキストラの方々、計約80名の方々に
貴重な休日にもかかわらず、撮影にご協力いただくことができました。
本番の数時間前から練習開始、この日が初対面の方も多かったにもかかわらず、
足並みの揃った素晴らしい演奏に感銘を受けました。

本番では、実際に演奏されている時の衣裳を着ていただき、
繰り広げられる演奏に鳥肌が立ちました。
御堂(難波)役の冨家さんも指揮の指導を受けて猛練習、迫力満載のベートーヴェン「第九交響曲」を熱い指揮ぶりで更に盛り上げました。
更に私も演奏に参加させていただきました。
トライアングルを担当したのですが、周りとタイミングを合わせる難しさで途方に暮れていると…天の声が!
隣で演奏されていた打楽器奏者の方が、基礎の持ち方から楽譜の正しい読み方まで丁寧に教えてくださり、オーケストラ奏者になりきって楽しく演奏することができました(笑)

西都・難波重工の野望に立ち向かうべく、
北都の仮面ライダーグリスと手を組む戦兎たち。
何度倒れても、立ち上がる勇姿に、
次週以降もご注目ください。

参加いただきました皆様、長時間の撮影へのご協力本当にありがとうございました!

(この項、文責・久保佳未)

というわけで、撮影にご協力いただきました皆々様、
特に、Musica Promenade 代表であり指揮の指導・吹替もしてくださった瓦田尚先生と団員の皆様、
Say No Yes Yes Youth Orchestra の皆様、
個人で演奏・合唱のご協力をいただきました皆様、
心より感謝申し上げます!
 
さて!
次回は雨宮天さん演じる「ベルナージュ」が、
美空の口を借りてついに火星滅亡の真相を語る!?
来週も絶対にお見逃しにならないでくださいね!
 
See you next BEST MATCH!

(文責・谷中寿成)



① 「仮面ライダービルドBlu-ray COLLECTION1」発売!

3月28日(水)に1巻が発売された「仮面ライダービルドBlu-ray COLLECTION」シリーズ(3か月ごとに発売・全4巻予定)。皆様はもうゲットされましたか!?
第1巻には本編1~12話を収録、そして映像特典は全3話(4巻はメイキング)のスピンオフドラマ『ROGUE』!!
第1巻には、氷室幻徳がファウストを創立し、ナイトローグとして「蒸血」するまでを描いた序章「NIGHT ROGUE RISES」が収録されています。

序章のキーマンは、幻徳の2人の「友」です。一人は、「スカイウォールの惨劇」の前から、幻徳が唯一心を打ち明けられた男、布袋幸司(演:永山たかし)。そしてもう一人は、野心に駆られるようになってからの幻徳にとって、カリスマでもありミューズでもあった悪魔の科学者・葛城巧(演:木山廉彬)です。
幻徳の二人への想い、そして、そんな幻徳に、ブラッドスタークこと石動惣一(演:前川泰之)は何を囁くのか――。見所満載でお届けします。
 
言うまでもなく、氷室幻徳は、ビルドの世界を象徴する人間です。
「ビルド」という作品を愛してくださる皆様にこそ、このスピンオフを自信を持っておすすめしたいと思います。
 
そして、第2章、最終章でも、氷室幻徳という人物を、これでもかと掘り下げていきます。
皆様、ぜひ第1巻からお見逃しなく、ご入手ください!
 
【キャスト】
水上剣星 越智友己 木山廉彬 永山たかし 前川泰之ほか
 
【スタッフ】
原作:石ノ森章太郎 監督:鈴村展弘 脚本:赤松義正 脚本監修:武藤将吾

【公式HP】https://www.toei-video.co.jp/special/build/



② YouTube無料配信スピンオフ『仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる7つのベストマッチ』【後編】公開中!

既に累計180万回再生を突破している『仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる7つのベストマッチ』! その後編も絶賛公開中です。前編の最後に現れた敵は誰なのか? 実はこの先のテレビシリーズのカギを握るかもしれない、その存在をお見逃しなく!! もちろん前編も東映特撮YouTubeOfficialで無料配信中! 両方見て、この先のビルドのテレビシリーズを占おう!!
【内容】
東都を襲撃する謎の敵
その姿はかつて戦った強敵、バイカイザーに似ているのだが、まさか正体は最上魁星?

グリスとの代表戦を前に、スタークから渡された多数のフルボトルと、
内海成彰の協力により、桐生戦兎は北都や西都のベストマッチを駆使することができるようになった。戦兎の新たな実験は謎のカイザーにはたして通用するのか?
そして、謎のカイザーの裏で暗躍する内海とスタークの計画が明らかになる!

完結編: DXサメバイクフルボトル&仮面ライダービルドDVDセット(4月中旬発売)
http://www.b-boys.jp/series/rider/item/detail/5336/

【前編公開中】



③ 夏休み映画『劇場版 仮面ライダービルド』8月4日(土)公開決定!

新スーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』との豪華2本立てで、この夏休みの映画化が大決定! この度、特報とティザーポスターのビジュアルが一挙解禁となりました!

ビルド初の単独映画。「さあ、最後の実験をはじめようか」と言う仮面ライダービルド/桐生戦兎の言葉の先には、どんなクライマックスが待ち受けているのか。そして、謎に包まれた“ラビット”דドラゴン”?桐生戦兎と万丈龍我、明日を創るために戦う2人に訪れる運命とは―――?
また、6月16日より劇場窓口にて、スマホやタブレットを支えるアイテム【激熱ライバル!ささえるヒーローズ!】が特典としてついた前売券の発売も決定しました。仮面ライダービルド&クローズver.、ルパンレッドVSパトレン1号ver.の2種からひとつをプレゼントします。
こちらのアイテムは、全国合計各4万個の限定品となります。

PAST EPISODE 過去のエピソード

NEWS ニュース

INFORMATION 番組情報

CAST
桐生戦兎/仮面ライダービルド:犬飼貴丈

万丈龍我/仮面ライダークローズ:赤楚衛二

石動美空:高田夏帆

猿渡一海/仮面ライダーグリス:武田航平

内海成彰:越智友己

滝川紗羽:滝裕可里

氷室幻徳/ナイトローグ:水上剣星

石動惣一/ブラッドスターク:前川泰之

STAFF
【原作】石ノ森章太郎

【脚本】武藤将吾

【音 楽】川井憲次

【クリーチャーデザイン】篠原 保

【チーフプロデューサー】佐々木基(テレビ朝日)

【プロデューサー】井上千尋(テレビ朝日)、大森敬仁(東映)、菅野あゆみ

【アクション監督】宮崎 剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

【特撮監督】佛田 洋(特撮研究所)

【監 督】田﨑竜太 ほか

【制 作】テレビ朝日、東映、ADK

LINK テレビ朝日公式サイト

ページ上部へ

  • ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映