東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーオーズ/OOO > あらすじ一覧 > 最終話を終えて~その4~

テレビ

最終話を終えて~その4~

大黒摩季「Anything Goes! “BALLAD”」10/19 リリース決定!

最終話、手をつなぐ3人のシーンで流れた大黒摩季さんの「Anything Goes!」バラード。
実は活動休止前に録音を済ませていたという幻の音源なのでした。
夜のシーンから明けていく最後の戦いの朝に流れたこの曲。
ぜひフルで聴いて下さい。

PRODUCTION NOTE

オールアップ(番外編)

キヨちゃん

9話からの出演となりましたが、その珍妙なお姿と他キャストと一線を画す個性で忘れらない存在となったキヨちゃん。
神尾さんとのコントの数々は、大好評を博しました。
おでん鍋に投入されることもありました。鳥のフンに汚されることもありました。最終話では、燃やされ、海に投げ入れられ、胴体部分が行方不明になりました。かろう じてスタッフが見つけました。そんな珍事がありながらも、ラストシーンでは何食わぬ顔で写りこみ、最後まで見せ場を作ってくれました。大車輪の活躍でしたね。お疲 れ様でした。





ファイナルステージ


先日行われた渋谷CCLeomonホールでのファイナルステージにつきましてレポートを。

キャラクターショー
ファイナルステージということで、キャラショーもこの時だけの特別編。
今は亡きグリード諸氏と、なんと800年前の王が蘇り、オーズ、アンク、バースとの大乱戦が巻き起こる。
ショーでは不可能と思われたガタキリバの増殖にも成功。全国各地のショー会場で、ガタキリバ不足が発生しましたが、やった甲斐はありましたね。
また800年前の王=初代オーズ=鴻上の祖先。ということでこの役を演じていただくのはあの方しかいない。と宇梶さんにもご協力いただきました。「子孫が子孫なら、 祖先も祖先」という理由で、800年前の王も、テンション高めになりました。
さらに、もう一つ。数年前イマジンジャーという禁断のトンデモ戦隊が存在しましたが、その系譜受け継いだ新たな戦隊もお目見えしています。お蔵入りしたイマジンジ ャーとは違って、今回はDVD収録できそうなので、秘蔵映像になる予感がします。是非チェックしてみて下さい。
続いてトークショーの様子をレポ。

10日は、渡部くん、三浦くん、里穂ちゃん、岩永さん、山田くん、橋本くん、松本さん、そして、未来ちゃんが参加。グリードを中心に、ファイナルに相応しい豪華メン バーが結集しました。
先陣を切って、イジられたのは山田くん。最終話まで残った、輝かしいファイナリストのはずが、松本さんからは「昆虫はシブといよねー」と皮肉を言われ、相変わらず 威厳は全くありません。客席からも「やまだー」と呼び捨てです。この日もアクロバットを披露することになって橋本くん。側中、バクテン。劇中でもっと機会を増やせ ばよかったですね。今更ながら反省です。ちなみに、橋本くんの後は山田くんが前転するというのは、もはやお約束。一部終始を見た未来ちゃんは、「即興でできるなん て、素晴らしいですね」と笑みを浮かべながら大人のコメントを。松本さんは里穂ちゃんがガメルの物真似得意と聞きつけたらしく、「是非」とお願い。最終的には、「 似ていないけど、やりたいです」と里穂ちゃん自ら志願しての挑戦となりましたが、この物真似がスゴかった。恐ろしくクオリティーの低い物真似に、松本さんは崩れ落 ちていました。

翌日11日は渡部くん、三浦くん、里穂ちゃん、君嶋くん、岩永さん、有末ちゃん、甲斐さんのクスクシエメンバーが登場しました。甲斐さんはオーズのイベント初参加だ ったため、楽屋裏ではド緊張。していたはずが、舞台に出ると豹変し、超ハイテンション。心配したことを公開させるほどノリノリで、突然歌いだしたりと独壇場になっ ていました。三浦君は完全に甲斐ワールドに引き気味、岩永さんは悔しそうに「全部、持って行かれた」と語っていました。
48話の衣裳を見て、「なんかちょっと、フォーゼ意識したのかな、フォーゼ頑張れよ」と上から目線でエールを送ったのは有末ちゃん。岩永さんと君嶋くんの仲良しぶり を「キモい」とバッサリ切り捨て、里中ばりに強烈な毒を吐いていました。
逆に全く、悪気はないと信じたいですが、渡部くんの第一印象を聞かれた里穂ちゃんは、「最初はさわやかなイメージだった」と微妙な回答。「最初は?じゃあ、今は? 」とツッコまれ、「面白い?いや、面白いじゃない。厚かましい?」と本人を前に公然と自問自答を繰り返していました。ちなみに、渡部くんは里穂ちゃんを「大人っぽく って逞しい」と表現。結局、お互いさまですね。

さて、ファイナルということで、本邦初公開のライブも敢行。10日はなんと「Reverse/Re:birth」を岩永さんが熱唱しました。人前で歌うのは初めて、しかも 「Reverse/Re:birth」を歌うこと自体久しぶりということで、前日は眠れなかったそうですが、そこは伊達さん。本番は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
続く、渡部くんと三浦くんによる「Time judged all」。映司とアンクが紡ぎあげたオーズの物語を渡部くん、三浦くんが歌いあげていました。ファイナルに相応しい魂 のこもっ2人の歌声に、会場の熱気は最高潮でした。





渡部 秀


「小さい頃、仮面ライダーに憧れ、仮面ライダーになるために、役者を志しました。笑われることもあったけど、夢をあきらめずに頑張ってきてよかったと思います。こ れから別々の道を歩んでいきますが、オーズで1年間学んだことを生かして活躍し、皆さんに1年間で貰ったパワーを恩返しできるように頑張っていきたいと思います。仮 面ライダーオーズを1年間愛していただき、本当にありがとうございました。」

三浦涼介


「このオーズと出会って、アンクと一緒に強くなれたと思います。キャスト、スタッフ、家族、友達、ファンの皆さんのおかげでここまでやってこれました。いつも強く なりたいと思っていました。ファンの皆さんのメッセージが嬉しくて、本当に強くなれた現場でした。」

高田里穂


「1年間比奈という役を演じてきて、自分も比奈と一緒に強くなれた気がします。不安なこともありましたが、キャスト、スタッフ、そして何よりファンの方々のおかげ で頑張ることができました。このメンバーで集まることは中々ないと思いますが、この時間は宝物です。皆さんにも忘れないでほしいです。本当に1年間ありがとうござ いました」

君嶋麻耶


「1年間つらいことも楽しいこともありました。家族に心配かけることもありましたが、キャスト、スタッフに支えられて、1年間撮影することができ、今この場所に立っ ていることが有難いです。これから違う道を歩んでいきますが、お互い高めあえる仲になれれば思います。1年間後藤ちゃんとオーズを有難うございました。」

岩永洋昭


「途中参加ということで、不安も多かったですが、キャストの方々もいい人ばかりでした。撮影は大変なこともありましたが、ファンの方々に逆に支えられているんだな と感じられる番組でした。キャスト、スタッフに、ありがとうという気持ちを持っていることが何よりの宝物です。これから先、頑張ることが何よりの恩返しだと思って います。これからも応援よろしくお願いします。1年間本当に有難うございました。」

有末麻祐子


「最初は、ちょっとのシーンから始まって、まさかこういったステージに立てるとは思っていませんでした。色々なことがありました。本当にキャストの皆が大好きでし た。スタッフにも皆さんに支えられて、里中も幸せに思っています。1年間有難うございました。」

甲斐まり恵


「知世子を演じられて、本当に幸せでした。多くの人に応援されているのが伝わってくる仕事ができてよかったです。知世子とお別れするのが物凄く寂しいです。これか らも役者として頑張っていこうと思います。」

山田悠介


「この場にいるのは応援して下さった皆さんのおかげです。今、走馬灯のように思い出しますが、こんなに愛着の持てる役は初めてでした。悲しいですが、またどこかで お会いできることを願い、役者として邁進していきます。本当に、ありがとウヴァ。」

橋本汰斗


「すごく大好きな役と離れるのは寂しいですが、これから歩む道の糧にしていきたいと思います。有難うございました。」

松本博之


「素晴らしいキャスト、スタッフに囲まれて1年間幸せでした。ガメルを卒業するのが嫌で嫌で堪らないです。(ガメルの声で)皆、1年間応援ありがとう。」

未来穂香


「1年前に撮影を始めて、このメズールとして1年間過ごしてきました。1回離れて、また温かいスタッフ、キャストと会えた時は、とても嬉しかったです。1年間で成長で きました。これからもよろしくお願いします。」



一年間ありがとうございました
また、会いましょう!!!





仮面ライダーオーズ/OOO ファイナルステージ&番組キャストトークショー

ご要望にお応えし、9月10日・11日 渋谷C.C.Lemonホールにて開催の
ファン必見のファイナルイベントのDVD化が決定!
このイベントを見ずして、オーズは語れない。
※9/10・11 渋谷C.C.Lemonホールで実施予定の公演を編集し収録予定

2012年1月21日発売(予定)
5,800円(税込6,090円)

発売元:東映ビデオ 販売:東映


『仮面ライダーオーズ/OOO キャラクターブック VOL.2 Happy Birthday......』 コンテンツ


『仮面ライダーオーズ/OOO キャラクターブック VOL.2 Happy Birthday......』
9月9日(金)発売
東京ニュース通信社

放送終了を記念し、キャラクターブック第二弾が完成。
キャストのインタビューの充実度はもちろん、キャラクター衣装による盛りだくさんの撮り下ろしグラビアで、『仮面ライダーオーズ/OOO』の世界をドラマチックに 描いています。
映司やアンクたちの1年の軌跡を堪能できる1冊です。

<CONTENTS>


●撮り下ろしグラビア

ソロショット:火野映司/アンク/後藤慎太郎/伊達明/真木清人
2ショット:火野映司×アンク/後藤慎太郎×伊達明
3ショット:火野映司×アンク×泉比奈/後藤慎太郎×伊達明×里中エリカ
集合ショット:火野映司×アンク×後藤慎太郎×伊達明/アンク×真木清人×ウヴァ×カザリ×ガメル×メズール/スーツアクター・高岩成二×永徳/スーツア クター・岡田和也×渡辺淳×高田将司×藤田慧

●インタビュー

ソロインタビュー:渡部秀/三浦涼介/君嶋麻耶/岩永洋昭/神尾佑/甲斐まり恵/宇梶剛士
対談:渡部秀×三浦涼介/君嶋麻耶×岩永洋昭
鼎談:渡部秀×三浦涼介×高田里穂/君嶋麻耶×岩永洋昭×有末麻祐子
座談会:渡部秀×三浦涼介×君嶋麻耶×岩永洋昭/三浦涼介×神尾佑×山田悠介×橋本汰斗×松本博之×未来穂香
スーツアクター対談&座談会:高岩成二×永徳/岡田和也×渡辺淳×高田将司×藤田慧
キャスト×スタッフ座談会:渡部秀×三浦涼介×監督・田�ア竜太×プロデューサー・武部直美

●オフショット

●ストーリー解説(27〜48話)

●15問アンケート



(文責・石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース