東映ホーム > テレビ > 仮面ライダーオーズ/OOO > あらすじ一覧 > 第5話 「追いかけっこと巣とセレブ 」

テレビ

第5話 「追いかけっこと巣とセレブ 」

2010年10月3日O.A

Episode Guide

 比奈は服飾の専門学校に通っている。
 同じ学校に通う山野遥。いつも派手な衣裳ですごいマンションに住んでいるお金持ちという噂だった。遥はショッピングに夢中のようだ。
 映司の前に現れたのは、グリードの一人メズール。
 メズールのヤミーは巣を作ってなかなか出てこない、というアンク。
 映司は、アンクの素振りから、検討をつけて・・・。



 ウヴァとカザリ。グリードによってヤミーの育て方も違うようです。
 次回は、メズールが暗躍するお話。メズールのスーツアクターは藤田慧さんです。
 「超電王トリロジー」エピソードブルーのマンティスイマジン(女性)の芝居がスタッフ内でもとても評判よく、引き続き、女性グリードを演じていただいています。
 5話ではアクションが見られるかも?お楽しみに!

 スーツアクターさんについて。
 オーズは、数多くの平成ライダーを演じている高岩成二さん。
 アギト、龍騎、ファイズ、ブレイド、カブト、電王、モモタロス、キバ、ディケイド、W・・仮面ライダーの歴史みたいな存在です。
 オーズはフォームチェンジが多いので、統一感を持ってもらうため、べらべら喋るライダーにしようと思いました。
 何話か撮影が進むにつれ、思うのは「オーズなら何やってもOKでは?」。
 2話の「これ?」と自動販売機を指す仕草とか、自販機から缶を取り出すとか・・今までそんなことをしたライダーはいないと思いますが、高岩さんが演じると魅力的です。
 たとえば龍騎はライダーであっても、がむしゃらでとても人間味あふれるキャラでした。モモタロスも高岩さんでなければ、あれほどの男気と人情あふれた人気キャラにはならなかったのでは・・と思います。
 高岩さんはコメディ演技も得意かつお好きとのことなので、これから様々なオーズが見せて行けると思います。


 5、6話は金田治監督です。
 金田監督は、JAE(ジャパンアクションエンタープライズ)の社長さんでもあります。
 古くは「ロボット刑事K」のスーツアクターさんだったりとか、アクション監督も長くやっていただいていました。
 監督作としては、平成ライダーでは「クウガ」成田兄弟が活躍するバイク編、「電王」アリとキリギリスイマジンの活躍するアクション編(バイクも着ぐるみも1体しかないのに見事でした)、「ディケイド」BLACK編など。
 劇場最新作は、「超電王トリロジー EPISODE RED」ゼロのスタートウィンクル。
 アクションだけでなく、人間ドラマにも丁寧に、熱く迫る金田監督なのです。

 「オーズ」のフォームチェンジ。たくさんあるのを一覧にしてどうしたものか・・と考えていた頃に、金田監督がお隣に。(「超電王トリロジー」の仕上げ中だったのです)
 パーツごとに違うんです、どうやったら差別化して面白くなるか考え中なのです、と話すと、「面白そうだねー」と、勝算ありげな監督のお顔!
 アクションが要となる「オーズ」は金田監督のお力を借りるしかない!と、JAE公演「白鎧亜」がお忙しくなる時期にもかかわらず、監督をお願いしました。
 渡部くんも出来るとわかれば、いっぱい生身のアクションをやらせたみたいです。
 「こう、がーっと行ったところに、ばーっと来るんだよ。いいか?そこへ・・・」と、演技指導にも画コンテ打合せでも情熱的な金田監督。その熱さが画面でも伝わると思います。ご期待下さい。



 脚本:小林靖子  監督:金田 治

Cast Information

山野遥 役/寉岡萌希ちゃん

今回のゲスト、山野遥を演じる寉岡萌希ちゃん。
子役より、その演技が高く評価されてきた彼女です、遥の持つ高飛車な一面と弱さ、トラウマ、 見事に表現してくれました。繊細な指示にも的確に応じるカンの良さには、金田監督もご満悦でした。

4時間超の大作として、注目が高い「ヘヴンズストーリー」でも主演をはるなど、まさに波に乗っている彼女。大注目!





アンクについて

 腕アンク・・現場では、腕だけのアンクは「腕アンク」と呼ばれているのです。
 こちらは、ブルータイツを着た永徳さんが手だけの演技をしています。永徳さんもキックホッパー「カブト」、ウラタロス「電王」、サガ「キバ」、ディエンド「ディケイド」、アクセル「W」等、数々の平成ライダーのキャラクターを演じています。
 先日行われたJAEの「白鎧亜」のイベントでは「あなたの、あなたの、永徳です!」と登場していました。JAEチームではアイドル的存在なんですね!
 ちなみに翌日の撮影では、永徳さん&おぐらさんクッションが現場にありました(^^)

 アンクの台本上での表記は、
「腕アンク」→ 腕だけ飛んでいる状態
「半アンク」→ 三浦くんが、腕の造形を右手につけている状態
「アンク」 → 金髪の三浦くんの状態


 腕アンクが抜けると、信吾(髪の毛が黒くなります)と、アンクにはいろんなバージョンがあります。
田崎監督が現場用にこんなものを作って下さいました・・→ 「よくわかるアンク」
 半アンクもカッコいいけど、腕アンクもかわいいですよね。


君嶋麻耶ちゃん誕生日

ライドベンダー隊隊長、後藤慎太郎をクールに演じる君嶋くん。現場でも静かに集中力を保つ姿をよく見かけますが、 この日ばかりは、相好が崩れます。


柴崎監督からはケーキを受け取り、宇梶さんにはなんと直に「HAPPY BIRTHDAY!!!」と祝福され、最後はこの写真。





鴻上君、朝っぱらからテンション高すぎるんだよ。



はいっ、申し訳ありません!





ハケン社員Kのホームページ>http://kitaxca.com/

(文責・武部直美、石川啓)

同じジャンルのコンテンツ

関連リリース