TV

8月3日 土曜ワイド劇場『警視庁・捜査一課長2』よる9時放送  

DATA
2013.07.25

土曜ワイド劇場『警視庁・捜査一課長2』8月3日(土)よる9時からテレビ朝日系にて放送いたします。

テレビ朝日公式サイト

あらすじ


人口約1300万人を擁する首都東京。年間犯罪件数約20万件。そのうち、殺人、強盗、放火、誘拐などの凶悪犯罪は実に1000件を超える…その東京を管轄する警視庁…その中にあって、現場から叩き上げの人間が必ず座るポストがある。
警視庁捜査一課長。凶悪事件の捜査を専門とする捜査一課を束ね、東京で発生する凶悪事件の全てを捜査指揮する最高ポストだ。

大岩一課長の元に今日も事件の一報が届いた。多摩ニュータウンの倉庫で火災が発生し、焼け跡から女性の遺体が発見…首に索条痕があったことから殺人事件として捜査が始まった。すぐさま現場に臨場する大岩。大岩の片腕である庶務担当管理官の小山田大介。現場資料班の平井真琴が大岩に初動捜査の状況を報告した。

その数時間前…港区の竹芝桟橋にサングラス姿の怪しい女の姿があった。その女は防犯カメラを睨みつけるように船内に乗り込むと、豪華客船はレインボーブリッジを超え、伊豆七島の大島へと進んでいった…。

程なくしてお台場の暗がりで、黒木という男の変死体が発見された。通報してきたのは高近と名乗る若い女性だった。その女性は黒木に襲われたと言ったが、煙のように現場から消えてしまっていた…。

やがて8年前の伊豆大島での怪事件が引き金となり、大岩は3つの事件の波に翻弄されていく。殺人現場に仕掛けられたアリバイトリックが白日の下にさらされた時、誰もが予想しなかった真犯人が現れるのだった。

という出だしで始まる土曜ワイド劇場「警視庁・捜査一課長」のパート2をお届けします。
「捜査一課」という言葉は皆さんも何度か聞いたことがあるかもしれませんが、そこのトップ、「捜査一課長」ってどんな仕事をしているのか…意外と知られていないですね。
そのポストはいわゆる「キャリア」と呼ばれる幹部候補生が座るポストではなく、交番のお巡りさんから叩き上げ、現場を知り尽くした所謂「ノンキャリア」が座る最高のポストなのです。そして一課長は「凶悪事件の全ての現場に出向き、実際に捜査をし、部下たちに指示をする」存在なのです。しかも都内のいくつもの事件を頭の中に叩き込み、ひとつひとつを解決していく、言わば「刑事の中の刑事」なのです。平均睡眠時間3時間とれたらマシと言われる一課長が、現在の事件と過去の事件の意外な接点を探り、犯人の仕掛けたアリバイトリックを解くことで、事件は驚愕のラストを迎えます。

刑事が犯人を追いつめていく…このドラマを作る時、我々スタッフは「刑事ドラマの王道の面白さ」をいつも考え、脚本を作り、撮影をしてきました。どこにでもいる普通の刑事たちが、己の刑事としてのプライドを胸に、壮絶な捜査を繰り広げていきます。
8月3日の暑い夜…ハラハラドキドキしながら、お楽しみ頂ければ幸いです。



キャスト


大岩純一 警視庁・捜査一課長 内藤剛志
大岩小春 大岩の妻 床嶋佳子
笹川健士 警視庁刑事部長 本田博太郎
天笠一馬 警視庁捜査一課・運転担当刑事 鈴木裕樹
小山田大介 警視庁捜査一課・庶務担当管理官 金田明夫
平井真琴 警視庁捜査一課・現場資料班主任 斉藤由貴
 ○
野口秋代 警視庁捜査一課・管理官 未來貴子
中根穂高 警視庁捜査一課・殺人犯捜査第4係長 池田政典
貝瀬 猛 警視庁捜査一課・殺人犯捜査第5係長 木村 栄
 ○
高近瑤子 高橋ひとみ
西園寺幸恵 秋本奈緒美
高近義英 梨本謙次郎
高近樹里 小野真弓
廣田瑞季 中島ひろ子
西園寺和則 山本紀彦
白石佳澄 桜川博子
猪巻署長 山上賢治
黒木政也 若林久弥
井上刑事 菊池隆志
大塚巡査 松本勝



スタッフ


プロデュサー      関拓也(テレビ朝日)
  島田薫(東映)
脚本 石原武龍
  早野 円
監督 猪原達三
音楽 山本清香

ページ上部へ