PUBLIC

日本と世界を結ぶ成田空港に「JAPANESE SUPER HEROES」として平成仮面ライダー20人が集結!

DATA
2018.12.19

平成仮面ライダーシリーズは、2018年9月より放送を開始した「仮面ライダージオウ」で、20作記念を迎えました。この記念を祝し、このたび12月19日より成田国際空港様ご協力の元、日本と世界を結ぶ玄関である成田空港の第二ターミナル出国審査後のエリアにある「SKY TRICK MUSEUM」にて、成田空港が従来から取り組んできた「変幻灯」の光投影技術を使った、平成仮面ライダー20人揃いのビジュアルを展示することになりました。

日本を代表するヒーロー番組として多くのファンの皆様に愛され、長年世界に向けて「JAPANESE SUPER HEROES」を発信し続けてきた「平成仮面ライダーシリーズ」の主役ライダー20人が、「変幻灯」の光投影技術により、正義の炎に浮かび上がる姿は壮観です。

来年、2019年は新元号を迎え、平成という時代が幕を閉じます。ご出発前のひと時に是非一度、時代とともにあった平成仮面ライダーの歴史も振り返ってみて頂ければ幸いです。



※「SKY TRICK MUSEUM」は通常の出国手続きを終えての第二ターミナルの一部スペースとなります。展示閲覧目的のみの立ち入りはできません

【平成仮面ライダーシリーズ】

仮面ライダーシリーズは石ノ森章太郎原作の日本を代表するヒーロー番組です。1971年放送の第一作目「仮面ライダー」が大ヒットすると、その後、多数のテレビシリーズや劇場版が作られ海外でも高い人気と知名度を誇っています。 特に2000年放送の「仮面ライダークウガ」からは毎年テレビ番組の新作が発表されており、これらのシリーズは「平成仮面ライダーシリーズ」と呼ばれ、数々の話題作を送り出し、2018年の新作「仮面ライダージオウ」で20作品記念を迎えました。 毎年モチーフを変える斬新なヒーロービジュアルと様々なストーリーのアプローチで「正義」や「人間愛」を描く変身ヒーロー番組として子供から大人まで多くのファンに愛されてきた平成仮面ライダーシリーズ。作品を象徴する「変身ベルト」の玩具も、各作品のベルトの合計総出荷本数は通算1,250万本以上となっており今や日本では毎年定番の大人気玩具となっています。12月22日からは、平成最後の仮面ライダー劇場版映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」も公開予定です。

【平成仮面ライダー20作品年表】

20作品を記念してOPENした「平成仮面ライダー20作品記念公式サイト」では、シリーズの作品年表を公開しており、テレビや劇場版などの作品の簡単な解説や映像がご覧頂けるようになっております。
https://www.kamen-rider-official.com/history


【Sky Trick Museum】
成田空港第2ターミナル出国審査後のエリアにある、「変幻灯」技術を活用した映像体験ゾーン。

【変幻灯】

 「変幻灯」技術は、静止した写真や絵画などに特殊な“影の映像”を投影することによって、それらがまるで動いているかのような錯覚を引き起こす日本電信電話株式会社が研究開発した光投影技術です。

【本件に関するお問い合わせ先】
東映株式会社
経営戦略部ハイテク大使館
MAIL:hi-tech@toei.co.jp

平成仮面ライダー20作品記念公式サイト お問い合わせ
https://www.kamen-rider-official.com/contact

ページ上部へ

  • ©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©石森プロ・東映