MOVIE

『総理の夫』
「クレヨンしんちゃん」コラボ情報解禁!!

DATA
2021.09.14

この度、9月25日(土)、田中圭・中谷美紀ダブル主演の話題の映画『総理の夫』とコラボした特別エピソードを放送いたします! 田中と中谷が映画の役柄でしんのすけと共演‼

公式サイト

土曜の夕方、子どもから大人まで笑顔を届けるテレビ朝日の人気アニメ『クレヨンしんちゃん』。9月25日(土)ごご4時30分には、田中圭・中谷美紀ダブル主演の映画『総理の夫』(9月23日公開)とコラボしたエピソードが登場します! 映画『総理の夫』は、日本初の女性総理&ファーストジェントルマンの誕生を描いた注目作!ある日突然、愛する妻が総理大臣になっちゃった!? 鳥類学者の相馬日和(田中圭)は、突然総理となった最愛の妻=凛子(中谷美紀)を支えるべく、史上初のファーストジェントルマンとして奮闘しますが…順風満帆であった夫婦生活が結婚12年目にしてまさかの激変をする中、「政界」という未知過ぎる世界で二人はどうなるのか? 映画『総理の夫』は、そんな異色の夫婦のドラマを描いたエンターテインメント作品です。

『クレヨンしんちゃん』で描かれるエピソード「総理の夫だゾ」では、しんのすけが林の中で相馬夫婦と遭遇。珍しい鳥を探して双眼鏡をのぞく日和(田中)の横で、同じく双眼鏡をのぞくしんのすけは、中谷美紀のような「キレイなおねいさん」を探しはじめます。そこへ日和の妻・凛子(中谷)がやってきて…。マイペースなしんのすけと相馬夫婦のひとときの交流を描いたほほえましいストーリーが展開します!



不動の人気で『おっさんずラブ』『あなたの番です』などの大ヒットドラマや映画に多数出演し、常に大きな話題を呼んでいる田中と、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍し、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞にも輝いている中谷。役者として高い評価を得る2人がテレビアニメに出演するのは超貴重なこと。アフレコ前には、「ただただ新鮮です」(田中)、「とにかく楽しむ気持ちを大切に」(中谷)と演技のキャリアはベテランながら、フレッシュな意気込みが窺えました。さらに自身が映画で演じた役がアニメ化されるというのも、もちろん初めての経験。「映画の日和よりたくましい感じになっていて、うれしくなりました!」(田中)、「役衣裳が忠実に再現されていて、驚きました。凛子の顔の雰囲気がみさえさんによく似ていて、それもうれしいです(笑)」とめったにない出来事を楽しんでいることを、笑顔とともに語ってくれました。


最後に田中は「相馬夫婦が登場する物語はお祭り気分で、“ワッショイ! ワッショイ!”と楽しんでください!」、中谷は「『クレヨンしんちゃん』と『総理の夫』には通じるものがあると思います。2つの作品がどう融合するのかご期待ください」とコメント。相馬夫婦と“嵐を呼ぶ園児”しんのすけとの間に何が起こるのか? 9月25日に放送される『総理の夫だゾ』をお楽しみに!


田中 圭(相馬日和役) コメント

『総理の夫』は、いろいろとおもしろいコラボ企画を展開しているのですが、まさかの『クレヨンしんちゃん』とのコラボまで!それを聞いたときは、「え、どういうこと?アニメに出られるの!?」という、うれしい驚きがありました。


アニメ版の日和は映画よりたくましくて、すごくしっかりした男に見えますね。日和の違う一面を見ていただけると思うので、僕も楽しみです。アニメのアフレコもそんなに経験がないので新鮮ですし、何より『クレヨンしんちゃん』に参加できるということにテンションが上がっています。僕にとってもちょっとしたお祭り気分なので、視聴者の皆さんも『総理の夫』とのコラボエピソードを「ワッショイ! ワッショイ!」と楽しんでください(笑)。



中谷美紀(相馬凛子役) コメント

『クレヨンしんちゃん』という、どなたも知っている作品の一端を『総理の夫』が担えることがとても光栄です。アニメ版の凛子を拝見したら、実際の衣裳を見事に再現してくださっていました。私はアニメ版の凛子の顔の雰囲気がみさえさんに似ていると思っていて、それもうれしく思っています。


『クレヨンしんちゃん』はアニメが始まってからもうすぐ30年になると伺いました。開始当時は作品に対するいろいろな意見があり、“パンク”なところもありましたよね。当時の、新しいものを生み出そうとするところは、日本初の女性総理大臣が登場する『総理の夫』にも重なる部分があると思います。2つの作品がどう融合するのかご期待ください。さらにコロナ禍で皆さんもいろいろと大変だと思います。ぜひ劇場で『総理の夫』をご覧になり、多少でも“ガス抜き”していただけたらうれしいです。



9月23日(木・祝)全国ロードショー!

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • © 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
    ©2021「総理の夫」製作委員会