MOVIE

『科捜研の女 -劇場版-』
8月11日(水)完成報告イベント

DATA
2021.08.12

この度8月11日(水)に完成報告イベントを実施致しました。

公式サイト

 20年以上にわたって放送されてきた「科捜研の女」シリーズの集大成となっている本作。「科捜研の女」シリーズの初の劇場版の報告をするため、テレビシリーズのレギュラーメンバー沢口靖子, 内藤剛志, 若村麻由美, 風間トオル, 金田明夫, 斉藤暁, 山本ひかる, 石井一彰が登壇し、映画の完成をご報告致しました。ステージは京都の秋を感じさせる紅葉のバック幕で彩られ、音楽やライティング共に幕が上がり、8名のキャストが一斉に登場!煌びやかなステージに役衣裳に身を包んだ「科捜研の女」レギュラーキャスト一同が揃う様子は圧巻でした!

 作品も無事完成し、改めて作品の感想を聞かれると、沢口は「テレビシリーズよりさらにスケールが大きくなった劇場版の新たな世界観が完成した作品でした。キャスト・スタッフ全員が待ち望んでいた劇場版ですので、スクリーンからも情熱が感じられるような作品になっています。もちろん結末まで知っているのですが、事件なのか・事故なのか、犯人は?トリックは?と一緒に謎解きをする感覚で、どきどきしながら見ました。まさに「科捜研の女」の魅力がすべて詰まった集大成の作品になっていると思います。」とシリーズ初の劇場版の出来に大きな自信をのぞかせました。


 また、本作では歴代レギュラーメンバーが多く出演したという事に対しての思いを聞かれた、内藤は「懐かしいメンバーなんですが、渡辺いっけいだけ「科捜研の女」の現場で会ったことなくて。いつか会ったら俺のほうがマリコにふさわしいと言ってやろうと思ってました(笑)今回懐かしい人が集合してくれたというより、歴代レギュラーの方達がいてくれたおかげで様々な方法で事件の捜査ができたと思います。いっけいとやっちゃん(沢口)との3ショットのシーンをぜひお楽しみください。」と。沢口は、「懐かしくて嬉しかったです。現場では一時期苦楽を共にした友人と再会した気持ちで、久しぶりにも関わらず距離が一気に縮まりました。過去活躍してくださったキャストのみなさんとの〝化学反応″をぜひお楽しみにしてください。」と作品の見どころをアピール。


 長くテレビシリーズに出演してきて、改めて映画へ向けて話し合ったことや、マリコとの関係性への質問に対して内藤は、「やっちゃん長い間お世話になりました、と言いたくなるようなシーンもありましたよね(笑)」と意味深な発言を残し場内をざわつかせました。若村は、「普段のテレビシリーズでは早月は研究室や解剖室内のシーンばかりで、外での撮影があまりないんです。今回は事件の目撃者で、そのまま臨場に加わるので、どうしたらいいのか色々と相談しました。」と本作で演じる上で難しい部分に触れ、「早月はマリコを尊敬し信頼しています。だいぶマリコのむちゃぶりに応えられていると思うんですけど(笑)」とのコメントに、沢口は「仕事とプライベートをしっかり分けている風丘先生と、24時間科学者であるマリコの仕事のスタンスの違いがおもしろいですね(笑)」とタイプの違う2人の不思議な信頼関係についてもコメント。長年マリコと事件を解決して来た土門刑事と風丘先生を演じている2人だからこそ感じるマリコや劇場版の面白さを語りました。


 そして、今回シリーズ史上“最強の敵”として科捜研の前に立ちはだかる、天才科学者・加賀野亘を演じた佐々木蔵之介より特別ビデオメッセージが到着!佐々木は、「沢口さんとは現場であまりお話することができず残念でした。加賀野はマリコと敵対する役ということもあり、沢口さんから恐れられていたとお聞きしました。申し訳ございません(笑)」と現場で沢口に恐れられていたというエピソードを披露。また、「内藤さんにはお会いした時に、京都の仕事場を荒らすなと言われました(笑)私の方が京都人ですから!」と物語の舞台となる京都を地元に持つ佐々木のユーモアのあるコメントに思わず取材陣からも笑い声がもれました。また、本作に参加してみて、「20年を超える歴史がありながらもそれに甘えることなく堅固な信頼関係を築いて、作品を作る素敵な現場にとても暖かく迎え入れてもらえました。」と「科捜研の女」チームへの感謝や、「舞台は京都だけではなくスケールの大きな科捜研を、五感をフル稼働させて楽しんでください!」と公開にむけて気合いを入ったメッセージを会場に届けました。そんな佐々木からのメッセージに対して沢口は「佐々木さんは役に入ると雰囲気がガラッと変わりまして、飲み込まれそうになりました。」と撮影時の佐々木の凄みを語り、内藤は「加賀野という一見、人間味の無さそうな逸脱した科学者の役でも、人間味を感じさせる熱い演技をしていてやっぱり蔵之介凄いなと。撮影以外でも素敵な最高の男です。」と本作での佐々木の熱演を絶賛しました。


 本イベントは観客を入れての舞台挨拶の予定でしたが緊急事態宣言下の為、残念ながら無観客での実施となりました。イベントの最後には沢口より、「今日は夢が一つ叶い、一つ叶いませんでした。ずっと夢見てきた劇場版がついに完成し、そのご報告ができたのはとてもうれしいのですが、長年支えてくださったファンの皆様に、直接この場でお伝えする夢は叶いませんでした。正直悔しくてたまりません。でも私は、辛いときこそ諦めずに前を向いていこうと、マリコに背中を押されてここまできました。科学でよりよい未来を切り拓く、それがこの映画のテーマです。今は大変な時期ですが、一人一人の心がけ次第で、きっと素敵な未来が掴めるはず。9月にはぜひ劇場で、皆様の前に立ってご挨拶できるよう、一緒にこの困難を乗り越えていきましょう。それまでどうかお元気でお過ごしください。」と胸の内を明かしました。

 今回、直接ファンの方達と完成の喜びを共有できなかった悔しさと9月3日(金)の公開に向けて、難しい状況の中でも力を合わせて乗り越えていこうという沢口の熱い思いを伝え、イベントが終了しました。


≪科捜研の女 -劇場版-』完成報告イベント概要≫
■日程:8月11日(水)
■登壇者 計8名(敬称略):沢口靖子, 内藤剛志, 若村麻由美,風間トオル,金田明夫,斉藤暁,山本ひかる, 石井一彰




9月3日(金)公開!

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ⓒ2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会