MOVIE

『科捜研の女 -劇場版-』
予告・ポスターが完成!

DATA
2021.07.22

この度、本予告、本ポスターそして主題歌の情報が解禁となりました。

公式サイト

 解禁となった予告編は、舞い落ちる紅葉と不安げなマリコ(沢口靖子)の表情、そして「助けて」と言いながら高所から自ら飛び降りる京都、ロンドン、トロントの事件<世界同時多発“科学者”不審死事件>から幕を開ける。京都で起きた2つの事件は、犯罪につながる物的証拠が出ずに自殺として処理されようとしていたが、被害者たちの「助けて」という死の間際の一言に違和感を覚えたマリコたち科学捜査のスペシャリスト「京都府警科学捜査研究所」のメンバーと捜査一課の土門刑事(内藤剛志)は強引に捜査を進めていた。2人の被害者が科学者で研究テーマが類似していたこと、さらに2人の衣服から見つかった“未知の細菌”から、世界的な発見で脚光を浴びている天才科学者・加賀野亘(佐々木蔵之介)へとたどり着く。加賀野が研究しているのは、人間の遺伝子をも凌駕し、適正体重へと導く腸内細菌、通称『ダイエット菌』で、双子の一人に医学的に感染させる(=感作させる)という禁断の実験を行っていた。ダイエット菌と今回の事件の関係性に目を付けたマリコは、加賀野を追い詰めようとするも「直接的な証拠は一切ないのに、逮捕できると思っているのか」と一蹴されてしまう。絶体絶命の窮地に陥るマリコたちだが、父である榊伊知郎、元科捜研所長・宮前守、元夫・倉橋拓也、そして元科捜研物理研究員・相馬涼たち歴代レギュラーメンバーの力も借りて、事件解明に向けて動き出す!しかし、マリコにも未知の細菌の魔の手が襲い掛かる衝撃的なラストで予告編は終わる。マリコたちは「死の連鎖」を止められるのか。そしてマリコの「衝撃の最終実験」とは一体!?ぜひ劇場でお確かめください。




 そして解禁となった本ポスターには、劇中で鍵となる加賀野の近未来的な実験室を背に、20年以上続くシリーズの歴代レギュラーキャストと今回のゲストの合計21名が集結しました。

 さらに予告編と合わせて本作の主題歌も解禁!担当するのは、新進気鋭の女性シンガー遥海(はるみ)。「第5回全日本歌唱力選手権 歌唱王」など数々の歌唱バトル番組で、その力強く、圧倒的な歌声で注目を集め、アーティストとして活動を開始。インディーズとして楽曲を発表しながらも、自身の力試しとして単身イギリスのオーディション番組「The X Factor(UK)」にも挑戦。惜しくもステージ4で涙を飲むことになったが、3000人の観客の前でパフォーマンスをし、スタンディングオベーションが贈られその実力を世界に証明しました。
 2020年5月にはシングル「Pride」でメジャーデビューし、その楽曲がTVアニメ「波よ聞いてくれ」のエンディングテーマにも起用され、ますます注目集めています。
 そんな大注目シンガー遥海が、『科捜研の女 ‐劇場版‐』の主題歌を担当することが決定しました。楽曲は本作のために描き下ろされ、主人公マリコのいろいろな声に耳を傾け真実を求め続けるまっすぐな女性像にインスパイア受け「どんなに迷ったり悩んだりつらい時があっても、決して一人じゃないみんながいるよ」というメッセージを込めた聴く人それぞれに何か答えをくれるかのような柔らかく温かいバラードに仕上がっています。自信初となる映画主題歌に遥海からは「20年以上も続く、歴史の長い素晴らしい作品に携われてとても光栄に思います。心を込めて大事に歌わせていただきました」(コメント一部抜粋)と喜びのコメントが届きました。
さらに、榊マリコを演じる沢口靖子は「力強くのびやかな遥海さんの歌声が盛り上げてくださいます。決してあきらめず真実にたどりつこうと試みる、そんなマリコの精神と重なりました。」とコメント。さらに兼﨑涼介監督からは「『科捜研の女』の根幹にあるものを再認識させられる楽曲でした。撮影する際に意識していた「優しさを持ったエンターテインメント」を体現してもらいました」とコメント。20年以上の集大成となる映画の世界をさらに広げた遥海への称賛のコメントが寄せられました。ますます盛り上がっていく『科捜研の女 ‐劇場版‐』にどうぞご期待ください!





■遥海
≪コメント≫
20年以上も続く、歴史の長い素晴らしい作品に携われてとても光栄に思います。沢山の方々に愛されてるからこそ、責任を持って、そして、心を込めて大事に「声」を歌わせて頂きました。この曲が、映画をご覧になる皆さん、聴いていただける皆さんの心に響いたら嬉しいです。

≪プロフィール≫
日本とフィリピンでの生活で培った様々な音楽的バックグラウンドと、喜怒哀楽の豊かな感情を声にのせ、日本語、英語を使ってハイブリッドに表現するシンガー。2020年、シングル「Pride」でメジャーデビュー。2020年11月には、ミュージカル「RENT」の日本版公演にて、スパニッシュ系のダンサー「ミミ」役で出演した。

■沢口靖子コメント
記念すべき集大成「科捜研の女 -劇場版-」を、力強くのびやかな遥海さんの歌声が盛り上げて下さいます。光、新しい今日、見上げた空。。。何度やっても結果が出ない。でも決してあきらめず真実に辿りつこうと試みる…そんなマリコの精神と重なり、遥海さんの言葉が胸に響きました。

■兼﨑涼介監督コメント
マリコたちが様々な「声」を感じ取り、自分たちの「声」で答えを導き出す。『科捜研の女』の根幹にあるものを再認識させられる楽曲でした。
私が撮影する際に意識していた「優しさを持ったエンターテイメント」を体現してもらっていると感じています。
曲を聴いた後「雲の隙間から一筋の光」そんな映像を思い浮かべて勝手に幸せな気持ちになっています。

■関拓也(テレビ朝日・ゼネラルプロデューサー)
2019年にSony Music新人コンベンションライブにご招待いただき、その中でデビュー前の遥海さんの歌声を聞きました。圧倒的かつ透明感のある歌声は、出演者の中でも群を抜いていて、その後もずっと心に残っており、いつかお仕事でご一緒させていただきたいと思っておりました。
「科捜研の女」初となる映画の主題歌をどなたにオファーするか考えている際に、マリコの芯があり、何事にも真摯に向き合う姿を歌でも表現して欲しいと考えたときに遥海さんのパフォーマンスを思い出し、今回オファーさせていただきました。
完成した楽曲は、悩んだり迷ったりしたときに優しく包み込んでくれる道標のようなマリコの暖かさを感じました。映画の世界をより広げてくれていて本当に感謝しております。


9月3日(金)公開!

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ⓒ2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会