MOVIE

「いのちの停車場」映画化決定!!

DATA
2020.05.27

 この度、本日5月27日に発売の南杏子の最新小説「いのちの停車場」(幻冬舎刊)の映画化権に関して、各社との争奪戦の末勝ち取り、映画化することを発表致します。

 原作者の南杏子は都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終りを真摯に見つめる現役医師ながら、16年に現代の終末期医療の在り方を問う感涙ミステリー「サイレント・ブレス」にて作家デビューを飾り、瞬く間に話題に。18年には日本の医療界の現実をえぐりながら、医師たちの成長と挫折を描いた感涙のヒューマンサスペンス「ディア・ペイシェント」を発表。さらに貫地谷しほり主演にてNHKでドラマ化されることも決定し、今一番の注目を集めている作家です。その大注目の南杏子の最新作「いのちの停車場」は、今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、そして、尊厳死・安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が織りなす感涙必須のヒューマンドラマです。まさに、これまでに数々のタブーに切り込み、唯一無二のエンタテインメントを追い求めてきた東映でしか製作することができない作品です。東映が贈る社会派エンタテインメントに是非、ご期待ください!



TITLE:「いのちの停車場」
原作者 PROFILE:南 杏子
徳島県出身。日本女子大学卒。
出版社勤務を経て東海大学医学部に学士編入。
卒業後、都内の大学病院老年内科などで勤務したのち、スイスへ転居。スイス医療福祉互助会顧問医などを勤める。帰国後、都内の終末医療専門病院に内科医として勤務しつつ、執筆活動を行う。2016年、終末医療や在宅医療を描いた『サイレント・ブレス』にてデビュー。著書に『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』など

NEWS ニュース

ページ上部へ