MOVIE

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』本ポスター&予告編解禁!主題歌はCTS「WAVINESS feat. 南波志帆」に決定!

DATA
2016.03.21

5月14日(土)公開の映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の本ポスター&予告編が、ついに解禁となりました!また、本作の主題歌はCTS「WAVINESS feat. 南波志帆」に決定!“未来人”3人で構成されるLED覆面ユニットCTSと、“マジック・ヴォイス”の南波志帆。前作の主題歌を担当した“オオカミバンド”MAN WITH A MISSIONに続き、今回もアブノーマルなコラボレーションとなりました!

映画公式サイト

映画史上初?パンティがなくなる未曽有の危機が変態仮面を襲う!

パンティが空を舞うという類を見ない怪現象から始まるこの映像。“世界からパンティが消える”という絶体絶命の危機の中、敵にさらわれた愛子ちゃん(清水冨美加)を助けるため、苦悩しながらも壮絶な戦いに挑む変態仮面(鈴木亮平)の姿が映し出されます。「エクスタシー!!」「フォオオオオオ!! 」などお馴染みのセリフとともに、禁断の再起動し闘う様子、ビル街を自在に飛び回る華麗なフライングアクション、醜悪な敵とのバトルシーンも迫力満点!緊迫感あふれる映像と、前作を越える変態っぷりとスケールの大きさで、本編がますます楽しみになる予告編となっています。

本ポスターついに解禁!

poster400.jpg

主題歌はCTS「WAVINESS feat. 南波志帆」に決定!

主題歌に決まったのはCIRCLE(Vo)、TRIANGLE(Synthesizer)、SQUARE(DJ)という3人の未来人からなる謎のLED覆面ユニット「CTS」。前作の主題歌をオオカミバンドが担当したことに続いて、本作は未来人という異色のコラボが決定しました。

彼らは、フロア映えする超本格派のダンストラックをバックに、憂いを帯びたメロディと歌詞を歌い「最新型国産ダンス / ポップサウンド」とも評される話題のエレクトロユニットですが、その音の最も大きな特徴は“哀愁”。己のサガと葛藤し続ける異色ヒーローを描く本作と、最高のマッチングとなりました。さらに本作では、狂介と愛子ちゃんの心の移り変わりが大きなポイントとして描かれています。複雑な想いを抱き、時には傷つきながらも狂介を守る愛子ちゃんの心情を主題歌で表現するのは、“マジック・ヴォイス”と表現される、ゆるふわと透明感が共存する声で注目の南波志帆。姫野愛子というお嬢様キャラのゆらめく心情と相手を思いやる心情を表現するような歌声がもたらされました。

コメント

CIRCLE(Vo)

主題歌を南波志保さんと歌わせて頂きました。映画のように切なくもアツく、色丞狂介と 姫野愛子の関係性を歌に込めて、南波志帆さんとの掛け合いもこだわっています。映画館で楽しんで頂けたらと思います。是非カラオケでも。

TRIANGLE(Synthesizer)

マジックヴォイスノナンバシホサマトフクメンヘンタイアイドルユニットシーティーエスガガッキョクデヘンタイカメンヲヨリ、アブノーマルクライシスニ、サセテイタダキマシタ(笑)

SQUARE(DJ)

主題歌に起用して頂き大変嬉しいです。主題歌WAVINESSは歌詞もHKの世界観を表現していて面白くなっているのですが、ワタシ的には是非トラックの方にも注目して頂けたらと思います。特にBassのグルーブはスピニングファイヤーのシーンをイメージしてみたので、是非Bassにも注目して聞いて頂けたらと思います。

南波志帆

こんなに素敵な作品に、まさか音楽で関わることができるなんて夢のようです。今回、CTSさんとコラボレーションをさせていただいているのですが、私は愛子さんの純粋さを表現出来たらと思い、彼女に寄り添うよな気持ちで歌わせていただきました。力強くも美しい、そして高揚感のあるメロディアスな楽曲になりました。作品とともに、ぜひエンディングまで楽しんでいただければうれしいです。映画本編にもちらっと出演させていただきましたので、そちらもお楽しみに(笑)。

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』5月14日(土)公開!

公式サイトはこちら!

http://hk-movie.jp/

上映劇場一覧はこちら!

http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02503

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会