MOVIE

新妻聖子&山本耕史が歌声を初披露!『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』アフレコ&レコーディング取材 レポート!

DATA
2016.02.18

3月19日(土)より全国公開となる『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』のレコーディング&アフレコ取材が2月17日(水)都内スタジオにて行われ、ゲスト声優の新妻聖子、山本耕史、ミュージカルプロデュースを手がける森 雪之丞が登壇。キュアミラクルとキュアマジカルも駆けつけ、イベントを盛り上げました!

映画公式サイト

長い間女の子たちを夢中にさせてきた「映画プリキュア」シリーズも、本作でついに記念すべき20作品目!そんな節目を飾るのは、これまで大活躍してきたプリキュアたちが勢揃いする「オールスターズ」最新作。2月7日(日)にスタートしたばかりの新シリーズ「魔法つかいプリキュア!」キュアミラクル&キュアマジカルも加えた総勢44人のプリキュアがスクリーンに大集合します。さらに今回は、プリキュア初のミュージカル映画♪歌と、魔法の世界で繰り広げられる<プリキュアの涙>を巡る戦いに隠された、1人の魔女の切ない願いとは…!?

 

当日のレコーディング&アフレコ取材では、劇場版オリジナルキャラクターの魔女・ソルシエールを演じる新妻聖子と、その魔女の手下・トラウーマを演じる山本耕史が揃って登場。奇跡の歌唱力を武器に、演劇界のみならず多方面で活躍の幅を広げる新妻と、舞台、ドラマ映画等で存在感を遺憾なく発揮する山本は、以前帝国劇場の「レ・ミゼラブル」で共演経験もある超本格派!

m.recording.jpg

2人のスペシャルな歌声に、集まったマスコミ陣も圧倒された様子でした。披露したのは、ソルシエールとトラウーマの関係性が見える「秘薬のレシピ」という楽曲。それぞれの野望を胸に、最悪の魔法を完成させるべく、<プリキュアの涙>を狙う魔女・ソルシエールとその手下・トラウーマ。魔法の調合をしながら繰り広げられるシーンは、ソルシエール、トラウーマそれぞれの「本音」が垣間見える、映画冒頭の見せ場の1つです。

sub.jpg

山本演じるトラウーマ(左)と、新妻演じるソルシエール(右)

当日は、本作でミュージカルプロデュースを手掛け、本年作詞家40周年の節目を迎える巨匠・森 雪之丞がディレクションを行い、2人の絶妙な歌声でプリキュアにミュージカルの息吹を吹き込みました!

そんな本楽曲の中で印象的なのが、山本演じるトラウーマのパートで披露される「嘶き(いななき)シャウト」。森は、「ロックのマインドを持ったトラウーマならではのシャウト」だと言います。山本も「馬っぽくシャウトしてくれと言われたのでそのイメージを表現しました」と一言。どんな「シャウト」なのか!?ぜひ劇中でお確かめください!

yamamoto.jpg

レコーディング終了後、山本は「レコーディング自体は久しぶりでした。僕自身は、舞台で歌うというのは珍しいことではないですが、それを映像で、しかもアニメーションで、自分の歌を活用してもらったというのは今までにないことです。今までやってきたことが役立ったなと思います」と手ごたえを感じさせるコメント。

新妻は「出来上がった絵を見ながら、ソルシエールから出ているであろう感情を読み取って歌わせていただきました。彼女は敵とはいえ、敵になった理由がきちんとある役なので、その背景が歌声で感じ取ってもらえるように、あえて悪役っぽくない発声で歌ったつもりです。ただ、この曲はアップテンポでコミカルなので、心情は大事にしつつもリズムに乗ることが大切だと思います」と、本楽曲を歌う際の秘訣を明かしました。

nii.jpg

アフレコを終えての感想を問われた山本は「アフレコは何回か経験がありますが本職ではないので、声優の皆さんのプロとしての仕事に感動しました。勉強になりましたし、こういう機会に皆さんと一緒にできて、貴重な時間でした。普段は自分が表に立って演じたり、歌ったり、動いたりするけれど、アニメだと“俳優さんに声を入れている”ようなイメージでした。絵を見て、リズムに忠実に丁寧にやることを心がけました。森さんが“もっとこうして”“もっとこういう風にできる?”と言ってくださるので、それに乗っかる感じでスムーズにアフレコも終了しました」と現場を振り返ります。新妻も「私はスケジュールの都合上、あとから1人で声を入れました。皆さんの声が入った状態で自分の声を入れていくので、皆さんの演技に圧倒されましたね。アフレコは難しかったですが、とても楽しかったです」と話しました。

一方森は「僕にはアフレコがなくて残念でした(笑)」とマスコミ陣を笑わせつつ、「プリキュアとミュージカルの融合という意味でも、今回のお話はとてもありがたいものでした。(山本・新妻という)ミュージカル界の若きスター2人が入ってくれたので、実現できたのだと思っています」と2人を絶賛しました。

帝国劇場「レ・ミゼラブル」以来の共演となった2人。山本は「初舞台のときから、新妻さんは群を抜いて上手かったですね。最初に会ったときと同じ艶のある歌声に、今回は大人っぽさも加わってさらに素晴らしかったです。相性はいいと思います。トラウーマとしてもノって歌うことができました」とコメント。

新妻は「山本さんの歌声は、七変化というか、トラウーマに合わせた声を出していらしてさすがだなと思いました。今回こうして声を合わせてみて、舞台でデュエットしたときの耳の記憶がよみがえるようでした!」と笑顔を見せました。

movie.jpg

最後に山本は「本作は、観て楽しむだけでなく、参加して、五感全部を使って楽しめるエンターテインメントになっています。ぜひ、体感・体験してほしいと思います」とアピール。新妻も「本作を通じて歌の魅力・魔力を感じてもらって、観てくれたお友達がミュージカルを観てみたいな、やってみたいなと思ってくれたらいいなと思います。未来のミュージカルスターを青田買いできるような機会になれば(笑)。歌の力を皆さんに感じていただければ嬉しいです」と、期待を込めて話しました。森は、「本作はミュージカルですので、作画チームは歌っている際の唇の動きにもこだわって制作しています。これはとても難しいことです。他にも色々なチームがこの作品のために身を削っています。そうして出来上がる新しいアニメミュージカルを、ぜひ観にいらしてください。お待ちしています」と話し、イベントは幕を閉じました。

main2.jpg

『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』は3月19日(土)公開です!

プレゼント付き前売券好評発売中

関連ニュース

「魔法つかいプリキュア!」『映画プリキュアオールスターズ』合同会見 レポート!

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206931_979.html

『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』に新妻聖子&山本耕史がゲスト声優として参戦!

http://www.toei.co.jp/release/movie/1206882_979.html

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ©2016映画プリキュアオールスターズSTMM製作委員会(©2016PASTMMMC)