MOVIE

映画『ふしぎな岬の物語』第38回モントリオール世界映画祭 公式上映会 レポート!

DATA
2014.09.01

第38回「モントリオール世界映画祭」(8月21日~9月1日)ワールドコンペティション部門に正式出品されている10月11日(土)公開の映画『ふしぎな岬の物語』(『Cape Nostalgia』)。現地時間8月29日(金)に行われた公式上映を受けて、本作の企画・主演を務めた吉永小百合と、吉永演じる悦子の甥を演じた阿部 寛が上映会翌日、コメントを発表。自分たちの込めた思いが伝わった感動や、意外な感触などを語りました。

また、この日の夜には映画『ふしぎな岬の物語』主催の“カナダ・日本の映画人の集い”が開かれ、カナダのみならず、アメリカ、フランス、ドイツなど、10か国以上のマスコミ、映画関係者などが約120名が集まり、盛大な会が催されました。

コメント

吉永小百合(柏木悦子 役)

正式上映を終えてほっとしておりますけれども、このモントリオールというところは、とても温かい場所だと感じています。観客の皆様が私たちをとても温かく包んでくださいましたし、思っていたよりもずっとこの映画に反応してくださいました。「え?ここで笑ってくださるの?」というようなところで楽しく笑ってくださっていたので、何だかこちらでも阿部さんと観ていて嬉しくなりました。すごい事件が起きたりという物語ではないんですけども、人と人が手を取り合って明日に向かって生きていくという思いを伝えることができたという風に思っています。

阿部 寛(柏木浩司 役)

昨日お客様と一緒に観させていただいたんですが、本当に映画を楽しみに来ているお客様で、すごくしっかりこの映画を観てくださっていて、ちゃんと楽しんで反応してくださっていたんです。それによって僕も改めてこの映画の良さに気づかせていただくところもありましたし、昨日はここモントリオールのお客様と一緒に観ることができて本当に幸せな気持ちでした。

main3.jpg

マスコミからの質問に回答する吉永小百合(写真右)、阿部 寛(写真左)

質疑応答

Q.プロデューサーとしての映画祭参加というのは、一女優として参加するのと気持ち的に違うものがあるものでしょうか?

A.(吉永)

プロデューサーとして参加するということはとても重くて、本当に新米プロデューサーなので何もできずにみなさんに助けられてやっとここまで来たという感想です。ある意味俳優としてだけではない責任みたいなものを心のどこかに感じていて、毎日プレッシャーがのしかかっております。

Q.亡くなられた米倉斉加年さんのシーンが好評でしたが、天国の米倉さんに何かご報告はされるでしょうか。

A.(吉永)

米倉(斉加年)さんはドクター役で、「ちゃんと病院に行かなきゃだめだ、ぼくが調べてやるよ」という笹野高史さんへの台詞があり、本当に逆のシチュエーションのような役だったんです。まさかこんなことになるとは思っていませんでした。もうとってもお元気で、久しぶりにお会いして「恰幅もよくなられたな」という風に思っていましたので(訃報の)知らせを聞いたときは残念でたまりませんでした。

私が映画をもう一回やってみようと思ったのが『動乱』という映画で、米倉さんもとても重要な憲兵の役で出られていました。高倉(健)さんとの共演シーンがとても大好きでした。映画でご一緒するのはそれ以来だったものですから、その時の懐かしい思い出をずいぶんお話ししました。本当にこんなに早くて残念ですけれども、きっと私たちのこれからの仕事を見守ってくださると思っています。

Q.フランス語での挨拶が思っていた以上に長くて驚いたのですが、どれくらい練習を積まれたのでしょうか?

A.(吉永)

最初に「こういうことを話したい」ということを翻訳の方にお伝えしたのが7月の末でした。それで文章が出来て、「こういうことも言った方が良いかな」とちょっと付け加えたりしたら結構長くなってしまって、「大丈夫かしら?」と不安に思ったんですが、それから何度かレッスンしていただいて、レッスンの中で“写経みたいに、字を書きなさい。そうすると忘れないから。”と言われ、毎日写フランス語をしました。そのおかげで忘れずに済みました。

Q.プロデューサー業はこれで最後だと仰っていましたが、こういう嬉しいことがあるとプロデューサーの醍醐味というか、病みつきになることはないんでしょうか。

A.(吉永)

阿部さんに対する心配りも足りてませんし、まだまだ新米プロデューサーで、これで味をしめてはいけないと思っています。とにかく今は封切まで精一杯集中したいです。もう少しで俳優としての道が終わって、何らかの形で映画の世界にいさせてもらうことがあれば、プロデューサーでなくてもスタッフの一員としてやっていければと思います。

(阿部)これ以上お心遣いされても困ります(笑)。

 

映画『ふしぎな岬の物語』は、10月11日(土)公開です。

上映劇場はこちら↓

http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02422

 

ページ上部へ