MOVIE

山﨑賢人がお客様に、感謝のサプライズ壁ドン!映画『L♡DK』大ヒット御礼舞台挨拶 レポート!

DATA
2014.05.01

4月30日(水)、映画『L♡DK』の大ヒット御礼舞台挨拶が渋谷TOEIにて行われ、出演の山﨑賢人と原作者の渡辺あゆが登壇しました。普段は柔和な雰囲気の山﨑と、劇中で演じるツンデレ王子・柊聖のギャップにお客様もメロメロ!終始黄色い声が上がっていました。

現場では、渡辺も太鼓判を押すほど“久我山柊聖”になりきっていた山﨑。柊聖のだるそうなカバンの持ち方など、原作に描かれていない細かい部分も提案して演じたそうです。

舞台挨拶後に行われたフォトセッションでは、抽選で選ばれたお客様にサプライズ壁ドン”をプレゼント!悲鳴にも似た黄色い声!?絶叫!?が飛び交いました。

kabe.jpg

柊聖の台詞「俺、アンタの困ってる顔見るの好きかも。」をこんなに近くで!

コメント

山﨑賢人(久我山柊聖 役)

公開から約2週間経ちましたが、やっと(渡辺あゆ)先生と一緒に登壇できて嬉しいです。撮影前から、お会いして柊聖のことを聞いていました。原作はすごくカッコいい役なので演じる上でプレッシャーもありましたが、先生や(川村)監督と話し合ったり、原作を読み込んで役作りしました。まっすぐな高校生らしい部分を自然に出せるように心がけました。

最初に原作を読んだときは、柊聖ってちょっとヤな奴だなと思いました。でもやっぱり男としてカッコいいし、子供っぽいところもあって共感しました。普段は少女マンガは読まないけど、続きが気になって楽しんで読めました。

この映画を観て、同居生活から始まる葵と柊聖の切なかったり楽しかったりする恋にキュンキュンして欲しいです。撮影からこれまでたくさんの人の力があって公開することができて、皆さんが何回も観て下さって本当に嬉しいです。上映はいつか終わってしまうけど、皆さんの心の中に柊聖を残しておいてもらえたらいいなと思います。

渡辺あゆ(原作者)

今日は〆切に追われていたのですが、無事に終われたので山﨑くんの応援に伺いました。

映画化はデビューのときからの夢だったのでとても光栄です。お話を聞いたときは嬉しくて小躍りしました(笑)。

山﨑くんのおかげだと思うのですが、映画化されて改めて柊聖というキャラクターの人気を実感しています!自分が作り出したキャラクターが実際に目の前で動いているというのはすごく嬉しいですね。剛力(彩芽)さんも思い描いた通りに葵を演じてくれました。山﨑くんは、小説版やドラマCDも聞いて下さって、柊聖になりきるために研究してくれました。カメラが回っていないところでも、佇まいが柊聖っぽくて…。どこでも壁ドンしそうなくらいに肉食オーラが出ていて、私までキュンキュンしてしまいました(笑)。

この映画は、リピーターの方が多いと聞いて私も光栄です。原作を知らなくても知っていても楽しめますし、キュンキュンしたり切なかったり笑えたり、それぞれに印象的なシーンがあります。何回観ても楽しめると思いますので、観た人同士で感想トークをして盛り上がっていただければと思います。

 

ページ上部へ