MOVIE

映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』初日舞台挨拶 レポート!

DATA
2013.11.04

11月2日(土)に公開初日を迎えた映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の初日舞台挨拶が丸の内TOEI①にて行われ、出演の麻生久美子、安田章大、岡田義徳、山田真歩、監督の吉田恵輔が登壇しました。

映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』公式サイト

吉田監督は、素晴らしい作品を共に創り上げた出演者たちへ、無事に初日を迎えたことへの感謝を込めてビッグな感謝状を用意!サプライズ授与式が行われました。特に、この作品が産後初の撮影となった麻生にとっては喜びも一入だったようで、思わず涙を浮かべる場面も…。登壇者それぞれの、作品への愛があふれた初日舞台挨拶となりました。

コメント

麻生久美子(馬淵みち代 役)

今日はこんなにたくさんの方に来ていただいて、とても嬉しいです。映画面白かったですかー?(会場拍手)良かった!ドキドキしていたので、ホッとしました。私が演じた馬淵みち代という役は、大好きな吉田監督がモデルということですごく難しかった。監督からのプレッシャーもあって苦しかったけど、やりがいのある役をいただけたと思います。私も夢に向かって頑張るので、皆さんもこの作品をきっかけに、夢について少し考えてもらえたら嬉しいです。

安田章大(天童義美 役)

麻生さんとの掛け合いの中で自然に“天童義美”というキャラクターが成長していったと思います。馬淵みち代が麻生さんで、本当に良かったと思いました。

夢に向かって進んで行くのは難しいけど、進もうと決めたその瞬間に、この映画が皆さんの心に寄り添うようになれたらと思うので、ぜひ明日からの糧にしていただいて、一度と言わず二度三度、観に来て下さい!

岡田義徳(松尾健志 役)

公開初日が迫るにつれてドキドキしていましたが、今日ここに立ってさらにドキドキしています。でもこうして皆さんのお顔を見られて嬉しいです。僕が演じた松尾という役は、現実にもたくさんいると思います。夢を諦めてしまっても、その先に何か新しいことが待っていると信じて、頑張ってほしいですね。

山田真歩(マツモトキヨコ 役)

皆さんがどんな風に作品を受け止めて下さるのか、気になります。マツモトキヨコという役は、作品の中でもすごく微妙なポジションだと感じています。自分の真剣な夢を追いかけて!というよりも、おいしいものを食べるのが好きだったり、欲に負けてしまって流されたり、そういう“軽妙さ”みたいなものを出すのが難しかったですね。

吉田恵輔(監督)

脚本を書いているときは、我ながら“地味な話だな”と思っていましたが、いざ作品が完成して観てみると、素晴らしいキャストの皆さんのおかげで、地味ながらも良いエンタメ作品として仕上がったと思います。夢を追いかけること、その夢に決着を付けること、どちらも難しいことだと思うけど、実際そういう状況にいる人たちは多いと思います。熱い想いを持って頑張っている人を応援したいし、この作品が夢に向かって頑張ることへの第一歩になればと思います。

ページ上部へ