MOVIE

映画『利休にたずねよ』モントリオール世界映画祭コンぺ部門ノミネート!市川海老蔵、中谷美紀が”日本の美の原点”で世界に挑む!!

DATA
2013.07.01

12月7日(土)に全国公開が決定している映画『利休にたずねよ』がこの度、第37回モントリオール世界映画祭ワールドコンぺティション部門にノミネートされました。

映画『利休にたずねよ』公式サイト

モントリオール世界映画祭は、アカデミー賞の前哨戦として大きな注目を集め、世界12大映画祭の一つに数えられる北米最大規模の映画祭です。

市川海老蔵が稀代の茶人・千利休を、利休に寄り添う妻を中谷美紀が演じ、日本の美の原点を描いた本作が、海外でどのように受け止められるのか、大いに注目されます。

ノミネートについて、主演の市川海老蔵、中谷美紀、監督の田中光敏、そして本作を選定したモントリオール世界映画祭プレジデントのセルジュ・ロジーク氏よりコメントが届きました。

コメント

市川海老蔵(千利休 役)

この度は、モントリオール世界映画祭のコンペティション部門に選定いただき、本作の主演として誠に光栄です。また、本作を通じて、日本の美の原点を創り上げた「千利休」という偉大な人物を世界に広める機会をいただき、大変嬉しく思っています。本当に素晴らしい共演者やスタッフの方々、協力者に恵まれ、私も全身全霊をこめて演じさせていただいた結果が、海外の方々にどのように受け止められるか、今から楽しみです。

中谷美紀(宗恩 役)

お茶のCMへの出演をきっかけに茶道に親しんで約10年になりますが、とりわけ思い入れの深い本作が、これもまた2011年に彼の地で初舞台を踏んで以来、とても思い入れの深いモントリオールにて、国際映画祭のコンペティションに参加が叶うとのこと、この上なき幸せを感じております。利休のごとく美意識高き田中光敏監督の演出のもと、鋭敏な市川海老蔵さんが演じられた利休が、切腹間際に末期の茶を点てる姿に、モントリオールの人々も息を呑むに違いありません。

田中光敏(監督)

モントリオール世界映画祭に参加できたこと、大変嬉しく思っております。市川海老蔵さんが演じてくれた「利休」、その姿はとても美しく、情熱的な「利休」になっていると思います。そして、その「利休」を支える妻・中谷美紀さん演じる「宗恩」。二人の姿はまさしく、僕が描きたかった『利休にたずねよ』の世界そのものでした。

セルジュ・ロジーク氏(モントリオール世界映画祭プレジデント)

これは本当に芸術性が高い(真の芸術)映画なので、コンペティションに選定しない理由はない。茶道具など本物へのこだわりが随所に見られ、中でも主演の市川海老蔵はこれぞ本物の役者であり、伝統と美を描いた偉大な傑作だ。

 

映画『利休にたずねよ』は、12月7日(土)全国公開です!

ぜひ、ご期待ください。

 

ページ上部へ