EVENT

高橋悠也×東映シアタープロジェクト TXT vol.1『SLANG』開幕!

DATA
2019.06.22

6/20(木)より、TXT vol.1「SLANG」が、よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)にて開幕しました。
ゲネプロ公演の模様と、直前に行われた囲み取材の写真と登壇者コメントをお届けいたします。

本作は、「仮面ライダーエグゼイド」他、多数の作品の脚本を手掛ける高橋悠也が作・演出する完全オリジナルの新作演劇作品。「仮面ライダー」シリーズを手掛ける東映が企画・プロデュースする新たなプロジェクト「TXT(テキスト)」の第一弾企画となります。
バク役で出演する有澤樟太郎にとっての初主演作品となる本作。プロジェクトの発表と出演者解禁、本作のテーマの一つとなる“現実”と“虚構”の両方をイメージしたビジュアルの公開と本日に至るまで大きな反響を呼んできました。謎に包まれた物語の内容が遂にお客様のもとに届きます。高橋悠也が戯曲で紡ぎ、10名の出演者が織りなす新たな物語を心行くまでお楽しみください。



【囲み取材 コメント】-------------------------------------------------

◎有澤樟太郎
「初主演舞台となります。稽古場では強力なスタッフ陣、そして素晴らしいキャストの皆さんと一から作るつもりでやってきました。その熱意と、この作品の大きなテーマである“言葉”というものが皆様に届けばいいなと思っています。それぞれ二役を演じているので、今まで見たことのない新しい一面を見られると思います」

◎井上小百合(乃木坂46)
「この作品はとても“言葉”を大事にしている作品です。最後には“言葉”でぶつかるシーンもありますし、私は作中の【言葉で人を殺すことができる】という言葉がとても印象的なので、ご覧になる方にも印象に残る“言葉”があったらいいなと思います。SNSが多様化しているこの時代に、この作品をやる意味がすごくあると思っています。そして“言葉”を通して、たくさん拡散していただければ幸いです」

◎和田琢磨
「高橋悠也さんと東映さんのプロジェクト“TXT”の【vol.1】ということで、いろんなところで挑戦している舞台です。千穐楽まで『SLANG』という舞台を成長させていって、より多くの方にこの世界観を知っていただけるように頑張りたいと思います。いろんな場面で台詞を掛け合うところがあります。まるで“ラップバトル”のような、技術のぶつかり合いや気持ちの掛け合いを感じ取っていただければなと思っています」

◎北村諒
「作・演出の高橋悠也さん含め、このメンバーで、新しくオリジナルで一からモノを作るということがとても刺激的でした。早くお客様にこの作品を届けたいという気持ちでいっぱいです。それぞれが演じる二役のコントラスト、人と人の関係性、虚構と現実のコントラストを見ていただきたいです。個人的には(赤澤)燈とのコンビも楽しみにしていただければと思います」

◎赤澤燈
「かなり独特な世界観の作品です。ここまでカラフルで作り込まれた衣裳というのもなかなかないと思いますので、その世界観を見ていただきたいなと思っています。座長の(有澤)樟太郎とは3度目の共演になりますが、僕が今まで見たことのない、もがく姿や役と向き合う姿を見ているので、知らない方はもちろん、これまでの樟太郎を知っている方にも楽しんでいただけると思います。北村諒とのコンビは、稽古一発目の勢いのまま劇場まで乗り込んだ感じがあるのですが(笑)、そのフィーリングを大事にしてやっていければと思います!」

◎岩永徹也
「高橋悠也さんとまた一緒にお仕事できることになりました。前回ご一緒した『仮面ライダーエグゼイド』では檀黎斗という役を演じたのですが、黎斗のようにまた好きになってもらえるキャラクターを生み出せたらいいなと思っています。ネタバレになるので詳しく言えないのですが、もしかしたら悲鳴があがるかもしれないな、とドキドキしているシーンがあるので、すごく楽しみにしています」

◎谷口賢志
「今年で役者生活20周年となりまして、様々な役と衣裳を経験してきたのですが、41歳にして“2019”と書かれたメガネを着けて登場しなければならないという……。生きているといろんな仕事に向き合わなければならないんだな、と実感しております(笑)。初日を迎えた今は、誰も知らない国の、誰も見たことのない名物料理を出すレストランを開店する気分です。お客様の口に合うかどうかは分かりませんが、みんなで作り込んでしっかり煮込んできた自信はありますので、楽しんでいただけたらいいなと思います。
高橋悠也さんが演劇でやりたいことの全てを吐き出した内容になっていると思います。稽古場では僕たちに自由を与えてくれる、明確な答えを決めつけない方なので、僕たちは何がすごいのか、面白いのかと全員で頭をかきむしりながら切磋琢磨して作ってきました。見どころは、これからの演劇界を背負っていくであろう、有澤樟太郎くんと井上小百合さんの2人。この2人に僕たちがどんな影響を与えて、どんな“言葉”を言わせることができるのかということをやってきましたし、その“言葉”がお客様にも届いたら嬉しいなと思います。あと誰も言ってくれないので自分で言うと、僕が見どころです!(笑)」

◎高橋悠也(作・演出)
「主に脚本家として活動してきましたので、これだけ大きなプロジェクトで、舞台の演出も久々に手掛けることになり、非常に挑戦的な作品になったなと思っています。今回は“言葉”がテーマ。脚本家としてずっと“言葉”と向き合い続けて、テレビ放送におけるコンプライアンスや日常会話、“そもそも、なぜ“言葉”というものが存在するのか?”など、様々な“言葉”と向き合って、いろんな物語を作ってきた人生の中で、どのメディアにも出せない自分の想いを舞台演劇なら出せるのではないかと思い、今回『SLANG』というタイトルで作品を作らせてもらいました。
これだけ魅力的な主役級のキャスト陣が揃って、しかも二役を演じます。二役目は観た方のお楽しみですが、このビジュアルの方の世界観と交差するのか、しないのか。そういったところに注目していただければと思います。僕自身も脚本家でありながら、演出家という二役目にチャレンジして、この作品を世の中にぶつけていきたいという意気込みでここまできました。ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」


【ゲネプロリポート】--------------------------------------------------

ステージ中央には、大きく開かれた本を模したセット。そのページの上に登場人物たちが次々と登場し、背景となるページには様々な文字が浮かび上がる。

物語は、現代か、それとも近未来か。誰もが個人チャンネルを持ち、睡眠時に見る夢を世界中に配信できる世界。ユーザーに様々なジャンルの夢を公開する“夢人(ユメジン)”のカリスマであるバク(有澤樟太郎)は、今日もハイテンションで自分の「夢」を配信していた。
バクが属するプロダクション『夢人カンパニー』のプロデューサー・レム(谷口賢志)の元にいる“夢人”はバラエティ豊か。ニュースを子ども向けに配信する「正夢のお姉さん」ことオネム(井上小百合)と「逆夢のお兄さん」ことムネオ(和田琢磨)。悪夢を仕掛ける「悪夢ブラザーズ」のゴズ(北村諒)とメズ(赤澤燈)のコンビ。予知夢を配信するヨチムジン(岩永徹也)たち。
このメンバーと共に、これからも楽しく愉快な「夢」を見続けたいと願うバクだが、事件は突然に起こる。ムネオが、何者かに殺害されたのだ。
思いもよらない人物が容疑者として浮上し、さらに事件を取り巻く人々も、意外な役割の元で現れる。そして現実と虚構が交錯していく中、思いがけない真実の世界へと繋がっていく……。

本作が舞台初主演となる有澤樟太郎が、とびきり陽気な“夢人”を演じる一方、別の場面では複雑な葛藤を持つ人物を熱演。ヒロインを務める井上小百合(乃木坂46)も多彩な表情を見せる。出演者全員が二役を演じ、今回、集まった豪華キャスト陣の魅力がそれぞれ存分に発揮されており、見応え十分。

作・演出を手掛けた高橋悠也が本作に託した「SLANG」の意味が、鋭い角度で突き刺さってくる舞台演劇作品だ。

----------------------------------------------------------------------


高橋悠也×東映 シアタープロジェクト
TXT vol.1 「SLANG」

■作・演出      高橋悠也

■出演            有澤樟太郎  井上小百合(乃木坂46)  和田琢磨/
                     北村諒  赤澤燈  岩永徹也  谷口賢志

                     黒川一樹 勝亦利恵 的場祐太

■会場            よみうり大手町ホール
                   (〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1)
■日程            2019年6月20日(木)~30日(日) 17st
■チケット       全席指定 7,800円(税込) ※未就学児入場不可
■公演特設HP     https://www.txt-theater.jp/
■公演Twitter      @project_txt
■制作            プラグマックス&エンタテインメント・東映
■制作協力       QueenB
■企画・プロデュース    東映


【TXT vol.1「SLANG」Blu-ray/DVD発売決定!】
発売日:2019年12月4日(水)
Blu-ray 8,800円+税/・DVD 7,800円+税
https://www.toei-video.co.jp/special/txt-theater/


【ニコニコ生放送での独占ライブ配信が決定!】
ニコニコ生放送にて6月30日(日) 16時開演の千穐楽公演をライブ配信
視聴URL :https://live.nicovideo.jp/watch/lv320531591
・放送日時        2019年6月30日(日)16:00~
・チケット販売期間    2019年7月28日(日)23:59まで
・タイムシフト視聴期間    生放送終了後~2019年7月29日(月)23:59まで
・チケット価格:2,500円(税込)

















ページ上部へ

  • @TXT・東映