TOEI VIDEO

劇場版『アンダードッグ』、第75回毎日映画コンクールにて最多4部門受賞

DATA
2021.01.22

2020年11月27日にホワイトシネクイントほかで公開された劇場版『アンダードッグ』(製作:ABEMA、東映ビデオ 企画・プロデュース・配給:東映ビデオ)が、第75回毎日映画コンクールにおいて、日本映画優秀賞、男優主演賞(森山未來)、撮影賞(西村博光)、録音賞(藤丸和徳、瀬川徹夫)の本コンクール最多となる4部門を受賞しました。

東映ビデオHPはこちら

本作品は、かつてのささやかな栄光が忘れられずボクシングにしがみつくロートルボクサーを演じた主演・森山未來をはじめ、同じくボクサー役の北村匠海、勝地涼らの魂を込めた熱演が公開前から評判となり、第33回東京国際映画祭オープニング作品に選出されました。
その後、ホワイトシネクイント他全国12館で全後編同日公開され、公開週は満席立ち見の回が続く好調なスタートを切りました。
Filmarks初日満足度ランキング(11/30発表)で「アンダードッグ 後編」が1位(★4.1)、「アンダードッグ 前編」が4位(★3.96)を獲得。TwitterなどSNSでも絶賛の声が相次ぎ、口コミ効果もあり現在もロングラン上映が続いており、1/22現在、全国40館まで拡大公開中です。(https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=underdog)
また、劇場版とは構成を変えた配信版「アンダードッグ」もABEMAプレミアム独占で好評配信中です。

◆劇場版『アンダードッグ』 https://underdog-movie.jp/
◆配信版『アンダードッグ』 https://abema.tv/video/title/533-1

ページ上部へ