MOVIE

『楢山節考』『武士道残酷物語』デジタル上映

DATA
絶賛公開中!

パルム・ドール、金熊賞 奇跡の共演!

イントロダクション

【楢山節考】
鬼才、今村昌平監督が、東映と今村プロダクション提携作品として製作するこの作品は、人間の永遠のテーマである「生」と「死」、「親」と「子」の人間関係の本質を追求した「魂」のドラマである。
原作は、昭和31年中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の名作で、信州の山深い寒村を舞台に、七十歳を目前にした老女が、土地の習わしに従い雪の降る日、息子に背負われて楢山に捨てられに行く…死を目前にした人間の生き方を土俗的な哀切の中に描いた鬼気迫る作品である。
四季が織りなす優しさと厳しさによりリアル感を出すため、長野県北安曇郡小谷村の山間の廃村にオープンセットを組み、一年間にわたって大ロケーションを敢行。
出演は緒形拳が主役の辰平に扮し親を捨てなければならない子の苦しみと悲しみを演じ貫録をみせる。またヒロインおりん婆さんには坂本スミ子が扮しメイクで老女に変身するのをはじめ、芸達者が顔を揃え強烈な演技を競い合う。

封切:1983年4月29日


【武士道残酷物語】
名匠、今井正監督と中村錦之助が初顔合わせで取り組む一作。南条範夫原作の「被虐の系譜」を映画化。日本人が自分の本当の判断を獲得するまでの長い残酷の歴史を豪華キャストと迫真のタッチで描破する話題大作。
出演は、中村錦之助が七代にわたる武家の主人公を演じて戦国時代の武士から太平洋の華と散る特攻隊員、現代のサラリーマンまで七変化で力演する。

封切:1963年4月28日

キャスト・スタッフ

【楢山節考】
監督・脚本:今村昌平
原作:深沢七郎
企画:日下部五朗
出演:緒形拳 坂本スミ子 清川虹子 倍賞美津子

【武士道残酷物語】
監督:今井正
原作:南条範夫
出演:中村錦之助、有馬稲子、岸田今日子

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • ⓒ今村プロ・東映 ⓒ東映