MOVIE

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer
騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!

DATA
2019年7月26日(金)公開

時の王×竜の騎士
この夏は、時空を超える冒険へ!!

イントロダクション

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』
仮面ライダーシリーズ「第20作」記念にして、「平成」最後の作品となった「仮面ライダージオウ」。 「王様になりたい」という夢を持つ常磐ソウゴは、未来からやって来た明光院ゲイツ、ツクヨミ、ウォズとの出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になると宣言。 自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を創るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。 アニバーサリー作品として、歴代“レジェンド”キャストが次々と登場するなど、さまざまな話題を提供してきた「ジオウ」。 今回の『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は“本当の最終回”というべき内容だ。 そして、それは同時に、平成仮面ライダーシリーズにとっての“最終回”をも意味することになるだろう。 平成が終わったいま、平成ライダーたちはどこへ行くのか?
新しい時代へ向け、彼らが未来へつなげていくものは?
大スクリーンで描かれる、ソウゴたちの「時をかける大冒険」――。
想像をはるかに超えた、驚愕の展開が待ち受ける!


『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』
地球には、恐竜たちの時代があった。
6,500万年前、古代人類である“リュウソウ族”は、仲間の恐竜=騎士竜とともに、兇悪な戦闘民族=ドルイドンと戦っていた。 だが、地球に巨大隕石が衝突。これに伴い、ドルイドンは宇宙へ脱出したが、 リュウソウ族は騎士竜たちを世界各地の神殿に封印した。 時が流れ、再び地球に襲来したドルイドン。これに立ち向かうのが、リュウソウ族の5人の騎士たち。 その名も、騎士竜戦隊リュウソウジャー!
コウ、メルト、アスナ、トワ、バンバの5人は騎士竜の力で“竜装”し、「正義に仕える5本の剣」として、今日も戦い続けている――。
スーパー戦隊シリーズ第43作として登場した本作の夏の劇場版、
『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』では、
地球に巨大隕石が衝突した6,500万年前へ、リュウソウジャーがタイムスリップ。
本作の「エピソード0」というべき壮大なストーリーが語られる。
6,500万年前、リュウソウ族と騎士竜たちに何があったのか?
巨大ロボが活躍する特撮シーンも、劇場版に相応しくスケールアップ。
驚きと感動の詰まった一大巨編がここに誕生する!

ストーリー

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』
残されたドライブライドウォッチの謎。その鍵は戦国時代に隠されていた。魔王・織田信長と出会い、歴史上の戦いに身を投じるソウゴたち。そこにであらわれたのは歴史の管理者を名乗る“クォーツァー”、仲間だったはずのウォズも、その一員として立ちはだかった。やがて明かされる、ソウゴたちのこれまでの戦いに隠された衝撃の事実。常磐ソウゴ=仮面ライダージオウ、その存在に隠された大いなる陰謀とは?時空を超えた冒険のはてに、ついに誕生する王は最善か?最悪か?

ついに「仮面ライダージオウ」真の最終回へ――。


『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』
恐竜時代へタイムスリップ!?マイナソーの能力によって、6,500万年前の地球にやってきたコウたち。そこには本物の恐竜たちと、ご先祖様であるリュウソウ族の世界があった!しかしそこにあらわれた巨大マイナソーがリュウソウ族を滅ぼそうと大暴れ!!さらに超巨大隕石が地球に迫り大ピンチ!!リュウソウジャーたちは、古代の騎士竜とともに、地球の未来を守ることができるのか!?

この夏、「リュウソウジャー」誕生の秘密に迫る!

キャスト・スタッフ

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer
出演:奥野 壮 押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐
【劇場版ゲスト】ISSA YORI TOMO KIMI U-YEAH KENZO DAICHI(DA PUMP)

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!
出演:一ノ瀬颯 綱啓永 尾碕真花 小原唯和 岸田タツヤ
    兵頭功海 金城茉菜 吹越満
【劇場版ゲスト】北原里英 佐野史郎

NEWS ニュース

NEWS ニュース

ページ上部へ

  • 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 ©2019テレビ朝日・東映AG・東映