東映ホーム > 東映マイスター > vol3木村大作監督「東映社員に告ぐ!」 映画マイスター・木村大作監督登場!

Vol.3 映画『劔岳 点の記』木村大作監督「東映社員に告ぐ!」

映画マイスター・木村大作監督登場!

「これが本物の映画だ!」
50年にわたる映画人生の全てをかけて創った映画『劔岳 点の記』が、いよいよ公開されます。 本作品は、もちろん東映が今年勝負をかける”超大作”です。 そこで今回、東映の若手5人が映画の「特別宣伝員」に志願。木村大作監督から熱き魂を注入されるべく、ここに集まりました!


【木村大作 プロフィール】
1939年7月13日生まれ。東京都出身。1958年東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入り。1973年「野獣狩り」で初めて撮影監督に。代表作は「八甲田山」(77年)「復活の日」(80年)「駅 STATION」(81年)「海峡」(82年)「火宅の人」(86年)「華の乱」(88年)「あ・うん」(89年)「誘拐」(97年)「時雨の記」(98年)「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)「ホタル」(01年)「赤い月」(04年)「憑神」(07年)など。「劔岳 点の記」で初めて監督を務める。

【プレゼンター:東映特別宣伝員のみなさん】
小川泰明(映像版権営業部版権営業室)
山本沙耶香(映像版権営業部デジタルコンテンツ室)
北村萌香 (テレビ商品化権営業部)
中尾亜由子(経理部会計室)
鈴木剛大 (経理部会計室)



C)2009『劔岳 点の記』製作委員会
◆イントロダクション
原作は新田次郎の同名小説。明治人の高潔な生き様を記した新田文学の白眉である。監督・撮影は、木村大作。
『八甲田山』『駅STATION』『火宅の人』『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの作品のキャメラマン・木村大作にとって、50年の映画人生全てをかけて取り組む、50本目にして初めての監督作品となる。
出演は浅野忠信、香川照之、松田龍平、宮﨑あおい、仲村トオル、役所広司ら、スクリーンで圧倒的な存在感と演技力を発揮し、日本のみならず世界で活躍するキャストがそろった。
撮影は、延べ200日以上を費やし、標高3000メートルを越え、最低体感温度が氷点下40度超の劔岳・立山連峰各所でのほぼ順を追ってのロケを敢行、大自然とそこに挑む儚き人間の姿をフィルムに焼き付けた。
音楽は、黒澤明作品をはじめ数多くの映画音楽を手掛ける池辺晋一郎を音楽監督に迎え、木村監督自ら選曲したクラシックの名曲の数々が全篇を彩る。
前代未聞のスケールで製作された『劔岳 点の記』。最高の映画キャスト・スタッフの力が集結してのみ達しうる“奇跡の映画”が、ここに誕生した。


◆ストーリー
陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。
富山に向かった柴崎は、案内人の宇治長次郎と劔岳の調査に入るが、謎めいた行者の言葉以外、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。翌明治40年。
測量隊総勢7人で劔岳周辺に三角点を設置していき、ついに劔岳に臨む。しかしガレキだらけの尾根、雪崩や暴風雨に続く困難に次ぐ困難が、測量隊の行く手を阻む。
命をさらしてまで、測量する意味はあるのかという迷いも7人の胸中によぎる。
一方、創立間もない日本山岳会も、小島烏水らが最新の登山道具を揃え、劔岳山頂を目指していた。
今一度仲間としての結束を訴える柴崎。果たして、柴崎たちは、無事劔岳山頂に立ち、地図作りの任務を果たすことができるのか。


◆キャスト
柴崎芳太郎/浅野忠信

宇治長次郎/香川照之
生田 信/松田龍平
柴崎葉津よ/宮﨑あおい
小島烏水/仲村トオル
古田盛作/役所広司


◆スタッフ
原作/新田次郎「劔岳 点の記」(文春文庫刊)
監督/木村大作
脚本/木村大作・菊池淳夫・宮村敏正


◆公開日
2009年6月20日(土)

◆公式サイト
http://www.tsurugidake.jp/
 

東映リリース