東映ホーム > 東映マイスター > vol10教育映像マイスター 地味でもリアルな人の心情だったり、ちょっとした生活や実景を描くことが大切です

教育映像マイスター「教育映像の魅力とは」

地味でもリアルな人の心情だったり、ちょっとした生活や実景を描くことが大切です


教育映像を始めたきっかけは?
山上梨香
山上)初めは記録映画や企業のPR映画を作っていました。でも、元々ドラマ志向だったのでフリーになって、“東映ビデオ”のVシネマのシナリオを書いていました。そうして知り合ったあるプロデューサーの紹介で、椎名誠さんの『白い馬』というモンゴルを舞台にした映画で書かせてもらい、映画デビューとなりました。

実はドンパチもお色気ものも、どっちも楽しかったんです。最初に記録映像という固いものから入って、いきなり柔らかいものに移って色んな作品をやらせてもらって20代を突っ走っている時、当時東映教育にいた古知屋正裕プロデューサーから“教育映像”のお話を頂きました。私の両親が教員だったせいか、実際に教育映像に携わってみるとしっくりと来たんです。昔から家には、教科書副読本なんかがいっぱいあって身近に感じていました。恐らくDNAの中にあったんでしょう(笑)。

中鉢)“教育委員会”などからの企画の話があると、山上さんが書いたものは、すんなりはまります。相手の意図をしっかり汲み取る、独特の感覚を持っていらっしゃると思います。

鎌田)彼女は“心の奥を描ける人”だと思っています。表面上のことは誰でも書けます。でも心の奥まで踏み込んで泣かせる所までいくというのは難しい。泣かせるだけなら簡単らしいんですよ。ただ、心の奥のひだまでも表現することができる人は少ないと思います。彼女は上手です。

中鉢)“教育映画”って固いものと思われがちですが、取材をすると、我々が生きていくなか直面する問題を描きます。だから観る人の人生に関わってきます。特に“人権問題”などは、普段考えないことを考えいろいろと勉強になります。
山上さんはテーマに深く突っ込んでいき、本質的なものを出してくれます。

山上)先ほど教科書の副読本が家にあったと話しましたが、私は北九州市出身で人権学習が定期的に行われていて、そのための副読本として、例えば『ベロ出しチョンマ』があったりしたんですね。私にとっては胸に深く刺さる童話で、幼い心にも読んで感動したことを憶えています。

「教育映像を作っているんですよ」、ていうと「大変ですねぇ」とか「難しいんでしょ?」といった線を引かれてしまいがちなんですが、私は普通の童話と思って読んでいましたし、構えることはありませんでした。“人権問題”は特別なことではなく、何気なく話していることが人を傷つけていたり、子どもやママ友の間など、本当に日常のシーンの中にあると思います。

私は垣根を作らずに作っていくスタイル。最初に書いた時は、山上さんが書くものは軽い、これは人権映画じゃないと言われたこともありました。「テレビで流すようなホームドラマに過ぎない」って厳しい意見を頂いて、“教育映画って何だろう”って考えた時期もありました。でも、「そういった線を引かなくて良い」と自分のなかで結論付けました。どのドラマも映画もそうだと思うんですが、さっき鎌田さんが仰ったように、人間をしっかり描かないと始まらないし、エンターテイメントの要素よりも地味でもリアルな人の心情だったり、ちょっとした生活や実景を描くことが、私にとっては大切なことと思っています。

img_3shot.jpg

山上)雑談でも聞き耳を立ててしまうというか、電車の中で落ち着かくて仕方ないんですよ(笑)。夫婦の会話だったり、女子中学生の会話だったり。例えばファーストフードでアルバイトしている女の子が、おばあちゃんのお客さまに何度もメニューの説明をしたけど中々わかってもらえなかったらしく、その後「二度と来るな」みたいなことを言っていたりする。そんな時、“どうしてそう思うのかな”とか、“このシチュエーション使って何か出来ないかな”って思うんです。こんな風に偶然電車の中で聞いた話もあるし、他にも私の友人知人が悩んでいることも大きなヒントになります。

鎌田)興味ある話に聞き耳たてるっていうのは、誰でも持ってますよね。特に教育映像のプロデューサーたちは好奇心の塊。題材を探すにはお母さんと子どもが喋っている会話や居酒屋で飲んでいる人の会話などでいくらでもテーマが潜んでいるんですよ。

司会)与えられたテーマ(受注)で、作品を作っていくのですか?

中鉢)受注の場合は、“ねらい”がはっきりしていて、それにはまるものを作っていくのが仕事です。ねらいといっても我々が共感するものが多く、人権一つとっても地域との関わりとか、障がい者との関わりとか色々なものがあります。“自主制作”は、各学校とか自治体に販売する仕事ですが、様々な分野で必要とされるものを作っています。交通安全とか平和教育とか消費者の啓発とか福祉、それと理科、社会、道徳などの学校の教材などです。

鎌田)その中で今は売れ筋しか作れないんですけどね(笑)

『いわたくんちのおばあちゃん』、人間の力を伝えたい

中鉢)
この前、山上さんにお願いしたのは“戦争”を考えるものでした(『いわたくんちのおばあちゃん』)。僕も戦争を経験していない世代ですが、一度戦争の問題に取り組んでみたいと思っていました。本屋に探しに行きましたが、今は反戦の絵本があまり置いてないんです。やっと見つけて一読して感動し、山上さんと相談してこれでいこうとなって会社に企画を通しました。実在の人をモデルにした話でしたので、二人で広島に行って取材してみるとたくさんの得るものがありました。

山上)この話は、原爆で生き残り、今もご存命の主人公の綿岡智津子さんのご近所に住んでいる作家・天野夏美さんの原作による絵本でした。等身大に描かれ、出てくる子どもたちも実在しています。取材で広島の原爆資料館に行き、亡くなった人たちの遺品を見ると、女学生の焼け残った制服がありました。「あの日も、この子はこの服を着て学校に行っていたんだなぁ。自分が死ぬなんてまるで思わずに・・・」。その時に、原爆で死んでしまった話ではなく、みんな「自分の人生を大事に生きてたんだよ」、「家族で愛し合って生きていたんだよ」っていう部分を描かないといけないと思いました。それは実際に現地に足を運んで、生きていた人たちの“死”よりも“生”を感じたからで、東京で書いていたらそうは思わなかったかもしれません。

『いわたくんちのおばあちゃん』
img_iwatakun.jpg
広島の原爆にまつわる実話を基にした絵本をアニメ化した、平和教育のためのビデオ。
文部科学省特別選定。

中鉢)私も、原爆資料館で悲惨な様子を見た直後に、広島の街の人々の何気ない表情を見て、ああこの場所であの悲劇が起こったのだと改めて胸に突き刺さるものがありました。

山上)大きな悲しみを心に秘めた人は、その体験を簡単に語れるものではありません。今回のおばあさんも、何十年も語らずに来ていましたが、子どもたちのためにと話して下さいました。実際私たちが取材に行ったときも、あまり会話はできず、「大変でしたね」って言ったら「大変なんてもんじゃない」と。その言葉だけで十分伝わりました。 ある朝、家族が全員死んでしまう・・・。たった一人16歳で残され、戦後の大変な中を生き延びて、今は家族を作って孫もいるという“おばあちゃん”の人生や、64年の間に再生し近代的な都会になった“広島”とを重ねてみますと、重みがあります。そういった“人間の力”も観る人に伝えたいと思いました。
next_2.jpg

東映リリース