東映ホーム > 東映マイスター > vol19瀧本智行監督 プロフィール

マイスターvol.19 映画マイスター:映画『はやぶさ 遥かなる帰還』完成記念 「瀧本 智行 監督 インタビュー」

プロフィール

今回、最新作である『はやぶさ 遥かなる帰還』が2月11日(土)に公開される瀧本智行監督が東映マイスターに登場。撮影所育ちの瀧本監督が、この大作のオファーを受けて見つけたテーマは「継承」。宇宙開発のスタッフの姿に重なる、監督の熱い魂に迫ります。




【瀧本 智行(たきもと ともゆき)プロフィール】

1966年10月23日生まれ、京都府出身。
93年から助監督として『鉄道員(ぽっぽや)』(99)、『光の雨』(01)、『チルソクの夏』(04)他、数々の映画やTVドラマに参加する傍ら、「女タクシードライバーの事件日誌」シリーズ(TBS)、「弁護士のくず」(TBS)などTVドラマの脚本も手掛ける。映画初監督『樹の海』(05)で藤本賞新人賞を受賞。以後、『犯人に告ぐ』(07)、『イキガミ』(08)、『星守る犬』(11)など優れた人間描写と社会性を織り込んだ作風で高い評価を得ている。

 


次へ

東映リリース